アーカイブ

イベント
HOME >

ツールド妻有 2018

ツールド妻有 2018 は、参加者全員で同じジャージを着て走るというアートパフォーマンス作品です。3 年に一度の現代アート祭典「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」の開催年である今回も大地の芸術祭に正式参加いたします。
お揃いのジャージに身を包んだランナーたちに、熱い声援をお願いいたします!

「大地の芸術祭」の里 越後妻有2018春

いよいよ今夏は「大地の芸術祭2018」の開催。まつだい「農舞台」、越後妻有里山現代美術館[キナーレ]で、その制作プロセスを公開します!清津峡渓谷トンネルの新作も公開。ツアーやイベントも開催予定。

渋海川つり大会

しゅう曲河川渋海川で行われる釣り大会。無料で参加できる金魚すくいコーナーもあります。

生誕地まつり<当日祭>

全国各地の郷土芸能が集う市中大行進のほか、自慢の芸を披露するなんでも自慢カーニバルや全国特産市場、地元食材を使った屋台が出店するウェルカム屋台村など多彩なイベントが満載です。

田毎の月観月会

水を張った棚田に映る満月を鑑賞する全国でも珍しいイベント。
120年ほど前から行なわれていましたが、時代の流れとともに途絶えていました。昭和61年に地元の人が復活させるも、平成16年の中越大震災で甚大な被害を受け開催を断念。多くの困難を乗り越え平成24年に8年ぶりに復活し、今の開催に至ります。

野口水ばしょう祭り

毎年、4月下旬~5月上旬の水ばしょうの開花に合わせて開催しているイベントです。

水ばしょうは、低地での群生が珍しく、野口水ばしょう公園では、農地のすぐそばの沢に群生しており、雪解けとともに咲き始めます。
地元保存会が開催する「野口水ばしょうまつり」は、水ばしょうを眺めながら春の日のひと時を楽しめます。
名物「水ばしょう汁」のサービスや屋台の出店・カラオケ大会(当日参加可)も行われます。

山菜を楽しむ会

アートな店内で、春の味覚を味わうひとときを。
毎年恒例、一年に2日間だけの特別な山菜のフルコース。
まつだいで採れた天然の山菜を見て、知って、味わって楽しむ食事は、まるで「食べる山菜図鑑」。 新緑の棚田を眺めながらお楽しみください。

【定員】各日50名 
【料金】4,000円
【予約】要予約 (「大地の芸術祭の里」総合案内所へお申し込みください。)
 ※公式HPからでもお申し込み可能です。

伝統行事「七ツ詣り」

標高360メートルの松苧山山頂にある松苧神社を目指し、数え年7歳(満6歳)に達した男子が初登山に挑み、参拝を行う珍しい伝統行事です。

■サケ稚魚放流祭
 日付 平成30年3月25(日)
 時間 午前10時~11時頃
 場所 JR信濃川発電所・宮中取水ダム下流右岸側河川敷
 くわしくはコチラをご覧ください。

春迎え松代かまくら茶もっこ

地元のヒトもヨソモノもみんないっしょに、
おいしい地元のお酒と地場食材のお惣菜をハシゴして楽しく語り合いましょう。

松代の商店街が「夕宴」の会場に変身する一夜。
地元のおいしいものや工芸品が並ぶマルシェ「夜市」も屋内会場で同時開催!
お気軽にお立ち寄りください♪

今回もメイン会場は大人気の「かまくら」!!
雪国の最高の楽しみを味わい尽くしましょう。

●茶もっこ「夜市(マルシェ)」は、参加パスがなくてもお楽しみいただけます!

●おもてなし会場でのお料理食べ放題『茶もっこ「夕宴」参加パス』
 パスを見せると各会場の様々なおもてなし料理等が食べ放題♪
 *お飲み物は有料、もしくはカンパをいただきます
 前売り1,500円 / 当日2,000円

○お問い合わせ ○[参加パスのご予約・販売]
  茶もっこ事務局
 ☎090-4431-6969 (渡辺) 
 ☎025-595-6770 (池田・山ノ家)  十日町市松代3467-5 

当日、まつだい郷土資料館で開催
 http://www.tokamachishikankou.jp/event/ごぜ唄が聞こえる/

 

ごぜ唄が聞こえる

ごぜ唄が聞こえる

新潟県が育んだ伝統芸能「越後ごぜ唄」

最後の瞽女だった人間国宝の小林ハルさんの愛弟子で、ごぜ唄の継承者である萱森直子さんによるごぜ唄公演を、雪の残る十日町市松代で行います。

定員50名(要予約/自由席)となっております。
今回は特別に『高田・長岡ごぜ唄聴き比べ』をしていただけるそうです。

当日開催
 http://www.tokamachishikankou.jp/event/春迎え松代かまくら茶もっこ/

十日町織物産地特別招待会

十日町市は、「明石ちぢみ」や「十日町絣」が伝統工芸品に指定されているのをはじめ、十日町友禅染めの華やかな「振袖」や「訪問着」等も生産し、東日本を代表するきものの産地として知られています。
また、縄文文化の華とたたえられる新潟県唯一の国宝「火焔型土器」を有し、日本一おいしいと言われる魚沼コシヒカリの産地でもあります。
こうした様々な魅力に溢れた十日町市において、雪国ならではの春の恵み“山菜”と美しい“新緑”の季節に、十日町産地の総力を集結し「十日町織物産地特別招待会」を開催します。「きものづくり」に携わる職人たちが心をこめて作り上げた逸品をご覧ください。

 ※【事前申込要】各日先着10名限定でご覧いただけます。
 

十日町きものフェスタ2018

全国有数のきもの総合産地として十日町最大のイベントが「十日町きものフェスタ」です。大正時代から続くこの催しは、全国の卸商社・小売店様や一般消費者の皆様をお迎えし、審査と評価いただくもので、産地メーカーにとりましては商品力のアピールと手応えを確かめる重要な機会になっています。
※最終日は15:00まで

~職人探訪~十日町きものGOTTAKU

これまで関係者以外は見ることができなかった、十日町市内にある「きもの関連企業(織り、染め、糸撚り、メンテナンス)」14社の工場内を一般の方々に特別に公開します。各工場では目の前で職人の技を見ることができますので、この機会に皆さんお出かけください。見学方法や工場紹介など、順次ホームページに掲載していきます。

松之山温泉スキー場スキーカーニバル

松之山温泉スキー場のシーズンをしめくくる感謝祭!
エアボード、スノーバイク、スノースケートなど長ぐつのまま遊べるスノーアクティビティを無料で体験できます。
また、親子スノーチューブ競争や雪玉パチンコゲームなど楽しい遊びがもりだくさん。おいしい屋台もたくさん出店します。

十日町きものまつり

きものの貸出しや着付けを行う「きものの里をきもので歩こう」やきもの掘り出し市、十日町きもの女王撮影会、きものパーティーなどのほか、十三詣りや稚児行列などの伝統行事も行われます。また当日は、十日町市の成人式も開催され、華やかな振り袖姿の新成人たちが街を闊歩します。
うららかな春の陽射しの中、お気に入りのきものを着て十日町を闊歩しましょう!

まつだい駅まつり

ほくほく線の開通を記念した、まつだい駅で行われる春祭り。

新潟県の草花『雪割草』の展示即売会をはじめ、地域の名人たちによる特産工芸品の体験・実演販売会、地元のグルメや特産食品の出店・屋台などがあります。

28 まつだい駅まつり

うぶすなの家 ひなまつり 2018

茅葺き民家のやきものミュージアム&レストラン「うぶすなの家」は、2018年3月24日(土)、25日(日)の2日間、毎春恒例のひなまつりの開催のため、特別オープンします。地域の古いひな人形約300体の展示と、春の味「ひなまつり御膳」をお楽しみいただけます。穏やかな日差しを感じはじめる3月、うぶすなの家で桃の節句をお祝いしませんか。喫茶もありますので、ぜひお気軽にお立ち寄りください。

笹山じょうもん市

笹山の大地に集い、学び、楽しみ、世界へ発信し、笹山縄文を新たな時代づくりへと生かしていくために、中条の情熱と叡智を結集して行なわれる「笹山じょうもん市」

スノーアクティビティフェス2018

ながぐつで遊べるアクティビティがたくさん!
開催日は1月8日、2月12日、3月11日
スキーこどもの日だからリフト料金が無料です。ぜひお楽しみください!

第31回 越後まつだい冬の陣

『越後の国は〝まつだい〟に冬将軍に立ち向かう、熱く 厳しき 冬まつりあり

有数の豪雪を逆手にとり、最強の雪国として積極的に雪を活用し、加えて山城の文化を結びつけた、春を呼ぶ冬まつり。

 

 

幕府出陣(勝鬨)

無題ドキュメント