お問い合わせ

清津峡のようす

HOME > 清津峡のようす > > 大地の芸術祭でよみがえる廃校

大地の芸術祭でよみがえる廃校

清津峡のようす
更新:2012/9/4

大地の芸術祭でよみがえる廃校

8月24日から26日に大地の芸術祭のイベントとして、劇団サンプルの公演「キオク  reversible」が行われました。会場となった旧清津峡小学校には、県外からのお客様も多数お見えになりました。遠方からありがとうございます。

清津峡小学校は残念ながら廃校になってしまいましたが、建物はまだ新しくとてもユニークなデザイン。上から見ると六角形になっているんですよ!雪の結晶をモチーフとして造られたとか…

校舎内には、教会をおもわせるようなステンドグラスもあり、とってもかわいらしい学校なのです

 

公演に先がけて、清津峡樽ばやしが披露されました。

清津峡樽ばやし保存会のみなさんによる、力強い演奏です。

 

公演の内容はお見せできませんが、ラストのシーンをチラッと…

ノクターンの音楽に誘われて校庭に出てみると…

校舎が影絵として写し出されました。

暗闇の中に浮かびあがる校舎がとても幻想的です。まさに、小学校の「キオク」がよみがえります。

そして公演終了後、参加者と地域の方々が一体となって、からす踊りを踊りました。

※からす踊りとは、この地方に伝わる祭りの踊りで、音頭とりが歌う文句を踊り手が返すという形で行われます。歌詞には当時の若者たちの生活や想いが込められています。

 

 

無題ドキュメント