きものの匂ふ街 十日町きもの月間

十日町織物の歴史は、正倉院に所蔵されている麻布(越後布)まで1200年以上さかのぼります。その歴史と伝統に育まれながら、先人の卓越した技術と多くの努力により、高品質の高級麻織物を産出してきました。その後の絹織物への転換により、日本でも屈指の織物産地として、人々の生活や文化に根付いてきました。

現在、十日町市は伝統的工芸品に指定された「十日町絣」「十日町明石ちぢみ」に代表される先染と、「振袖」「訪問着」に代表される後染の技術の両輪を併せ持つ全国屈指のきもの総合産地となっています。

雪国十日町市が、冬の眠りから覚醒する新緑の季節に、十日町市のきものを見て、着て、感じていただけるイベントを、ぜひご体験ください。

十日町きものフェスタ

全国有数のきも総合産地として十日町最大のイベントが「十日町きものフェスタ」です。 大正時代から続くこの催しは、全国の卸商社・小売店様をお迎えし、審査と評価いただくもので、 産地メーカーにとりましては商品力のアピールと手応えを確かめる重要な機会になっています。

■主催 十日町織物工業協同組合 Tel:025-757-9111

十日町市 成人式

平成30年度から会場を越後妻有文化ホール「段十ろう」に移し、開催される成人式。
色鮮やかなきもの姿で友人との思い出話に花を咲かせ、家族や恩師、大勢の人と喜びを分かち合う一生に一度の式典が、若者の活気で満ちあふれる空間となります。

■主催 十日町市成人式実行委員会
■お問い合わせ 十日町市教育委員会 文化スポーツ部 生涯学習課 Tel:025-757-5011

十日町きものまつり

織物の街としての伝統を誇る十日町市の春の一大イベント「十日町きものまつり」。
例年、きものの貸出しや着付けを行う「きものの里をきもので歩こう」やきもの掘り出し市、十三詣りや稚児行列などの伝統行事が行われます。また同日には、十日町市の成人式も開催され、華やかな振り袖姿の新成人が街を彩ります。

■主催 十日町きものまつり実行委員会

十日町織物 産地特別招待会

十日町市は、「明石ちぢみ」や「十日町絣」が伝統工芸品に指定されているのをはじめ、十日町友禅染めの華やかな「振袖」や「訪問着」等も生産し、日本を代表するきものの総合産地として知られています。
 また、縄文文化の華とたたえられる国宝「火焔型土器」を有し、食においても「魚沼産コシヒカリ」や「へぎそば」などが新潟県を代表する食のブランドとなっています。
 豪雪地十日町の長く厳しい冬が終わり十日町ならではの春の恵みと新緑の季節に、十日町産地の総力を集結し「十日町織物産地特別招待会」を開催します。雪国十日町の匠の技を結集して創り上げた「十日町のきもの」をご覧ください。

■主催 十日町商工会議所
■主管 十日町織物産地特別招待会実行委員会(十日町商工会議所 きもの部会)
■お問い合せ 十日町商工会議所 Tel:025-757-5111

~職人探訪~ 十日町きものGOTTAKU

これまで関係者以外は見る事ができなかった、十日町市内にある「きもの関連企業(織り、染め、糸撚り、メンテナンス)工場内を一般の方々に特別に公開します。
各工場では目の前で職人の技を見ることができますので、この機会に皆さんお出かけください。 見学方法や工場紹介など、 順次ホームページに掲載していきます。

開催日程:2022年6月2日(木)~6月4日(土)までの3日間

■主催 十日町きものGOTTAKU実行委員会

きものの街のキルト展

十日町を彩るイベント「きものの街のキルト展」が始まると、市街地にはさまざまな色や技法のキルトが飾り付けられます。「きものの街のキルトコンテスト」では、全国からキルト作品を募集し、入賞作品を含めた応募者全員のキルト作品を展示します。
マップを片手にアーケードを歩きながら、色とりどりのキルトを見たり、ふらりとお店に立ち寄ったり。キルトを鑑賞しながら気ままに楽しく、散策がてら街を歩いてみませんか?

第18回きものの街のキルト展」
開催日程:2022年5月15日(日)から22日(日) 8日間

■主催 きものの街のキルト展実行委員会