お問い合わせ

じむきょく通信

HOME > じむきょく通信 > 松之山エリア > 松之山 留守原の小屋雪下ろし、

松之山 留守原の小屋雪下ろし、

じむきょく通信
更新:2013/3/6

松之山 留守原の小屋雪下ろし、

留守原の小屋の雪下ろしに行きたいと思います。

というメールが、松之山温泉和泉屋さんから届きました、

棚田写真撮影ポイント留守原を象徴する

茅葺の小屋を雪から守るため・・・は、建前で、

「冬の留守原に行ける、写真が撮れる」が本音で、

私も参加させて頂頂きました、

午前9:30 有志が松之山温泉スキー場に集結します、

スノーシュー又はかんじきを履き、

それぞれの装備を手に取り出発します、

ニュールックコース途中からスキー場を離れ、

山伝いに留守原を目指します、

午前10:00 留守原が見えてきました、

中央に見えるのが小屋です、

此処から山を下ります、

スノーシューで急勾配は辛い、

変な力が入り、足の裏が痛くなります、

しかも、強い日差しで雪が融けて、油断すると滑り落ちます、

10:20 やっと小屋に到着、

此処から、「雪下ろし」開始!

11:10 大人数だと作業もスムーズに進み、

一時間掛からずに、山側を少し残して雪は殆どなくなりました、

※綺麗に雪を落とすと屋根が傷むのでこのぐらいで良いそうです、

作業中の写真は有りません、すみません、

此処からは大人数は必要ないと言う事で、

支所組は先帰ることになりました、

山頂付近まで登ります、

雪下ろしより帰り道がつらい、

国道405号上の撮影ポイント行って見たかったですが、

そんな余裕はなく、(雪崩が危険で近づけませんでしたし)

黙々と山を登り

留守原を見下ろせる場所に到着、

中央下の小さい影が雪下ろしの終わった小屋です、

荷物軽量化のため望遠レンズ持って行けなかったのが残念です、

12:30 出発地点 スキー場「第一リフト」乗り場に到着

トータル3時間の作業でしたが、1日分の体力使い切りました、

以上、留守原の小屋雪下ろし作業の様子でした、

 

撮影日:2013年3月6日

無題ドキュメント