お問い合わせ

アーカイブ

HOME > author : nakasato

清津峡渓谷トンネルの営業再開について

清津峡渓谷トンネルでは、大雪による積雪や雪崩による危険防止と首都圏を中心とした新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、令和2年12月22日(火)から営業を休止としておりましたが、令和3年3月1日(月)から営業を再開いたします。
しかしながら、道路、駐車場の除雪と安全管理面を考慮し、3月中に限り営業時間を9:00から16:00(最終受付15:30)までとさせていただきます。
また、今後の降雪や道路状況により、臨時的に営業を見合わせる場合がありますので、あらかじめご了承いただきますとともに、最新の情報をご確認のうえ、ご来坑くださいますようお願い申し上げます。

※今後の降雪や雪崩の状況により変更される場合があります。※駐車場は第1駐車場のみご利用いただけます。※エントランス施設は閉館中です。

TOPICS

▼チケットの事前予約について

 なお、令和2年12月から令和3年3月までの土曜日、日曜日及び祝日に限定した「事前予約制」の試験運用を実施しておりましたが、3月中は予約不要でご入坑いただけます。4月からは本運用が開始となりますので、対象期間のご入坑は事前の予約が必要でございます(4月の事前予約対象期間及び予約開始日は3月1日に公表)。

※予約が必要な日程や予約開始日については順次公式ホームページにて公開されます。

清津峡渓谷トンネル 公式ホームページ

【フォトコン】#雪とある日のとおかまちを投稿しよう【募集中】

大変なこともあるけれど、わくわくもいっぱいな雪国とおかまち!!
皆さんが撮った写真をインスタグラムで投稿してみませんか。

・私のお気に入りの雪景色♪
・ありがとう!かっこいい除雪の姿
・かまくらを作って遊んだよ! などなど…。

何気ない日常の中にある雪国の姿を募集しています。
投稿された写真の中から、6つの賞に輝くと素敵な賞品をプレゼントいたします。

 

応募方法

対象:十日町市在住もしくは十日町市内勤務の方

①スマートフォンアプリ「インスタグラム」をインスト―ルする
iPhoneの方 ≫アンドロイドの方

②ご自身のインスタグラム公開アカウントで(一社)十日町市観光協会【公式】をフォローする

③十日町市内で雪を楽しんだ写真を撮影する

④「#雪とある日のとおかまち」のハッシュタグをつけてご自身のインスタグラムに写真を投稿する(できるだけ、今年の冬の写真をお待ちしています!)

※受賞された方には、インスタグラムのダイレクトメッセージにてご連絡いたします。
※必ずアカウントを「公開」設定にしたうえでご参加ください。
※投稿された写真は、応募規約に同意したものとみなします。

応募方法詳細はこちら(PDF)

 

 

募集テーマ

*とびっきりの笑顔で賞
*アクティブさはピカイチで賞
*抜群の雪景色で賞
*とおかまちで発見!で賞
*雪国の暮らしを満喫しているで賞
*ユニークな雪フォトで賞

6つの賞の審査を行います。受賞者には「BBQグリル」、「ダッチオーブン」、「ウォータージャグ」、「大地の芸術祭オリジナルトートバック&十日町雪まつりキャラクター ネージュぬいぐるみ(ともに非売品)セット」のいずれかをプレゼントいたします。

賞品協賛:キャプテンスタッグ(株)

 

 

受賞作品の発表について

当ホームページにて2021年3月頃に発表いたします。

 

 

応募規約

・応募対象者は、応募期間内に十日町市内在住の方、または十日町市内勤務の方に限ります。
・応募作品は、静止画に限ります。
・十日町市内で撮影したものに限ります。過去に撮影された写真でも応募可能ですが、できるだけ今冬(2020年12月~2021年3月)に撮影した写真をご応募ください。
・応募にはInstagramのアカウントが必要です。アカウントは公開設定にする必要があります。
・応募の際は、(一社)十日町市観光協会の公式アカウント@discovertokamachiをフォローする必要があります。フォローをしていない、またはフォローを外した場合、応募は無効となります。
・「#雪とある日のとおかまち」のハッシュタグをつけて投稿してください。
・応募期間中であれば、お一人様何回でも投稿可能ですが、入賞はお一人様1作品とさせていただきます。
・応募作品は、著作権などの権利がすべて応募者に帰属するもの、及び被写体の肖像権など他者の諸権利を含む場合はすべての権利者の承認を得たものに限らせていただきます。
・応募作品を使用する権利を十日町市に許諾いただいたものとみなし、十日町市及び十日町市から使用を許可された第三者が無償で無制限に利用できるものとします。
・応募作品を使用する際は、著作者名を非表示とすることができることとし、十日町市から使用を許可された者についても同様とします。
・応募作品は、十日町市及び(一社)十日町市観光協会ホームページ、SNS、印刷物、動画等の広報媒体に使用する場合があります。
・応募作品の使用の際には、若干の加工を行う場合があります。
・応募作品は応募者本人が撮影し、全ての著作権を有しているものであり、かつ未発表のものに限ります。
・同一または類似作品が規模の大小にかかわらず、他のコンテストなどに応募中または応募予定、あるいは過去に入賞して画像が確認できる作品は応募できません。ただし、応募者本人の製作による市販目的のない出版物や本人のホームページに掲載した作品、審査のない写真展に出品した作品は応募可能です。
・入賞された作品を、他のコンテストなどに重複して応募することはご遠慮願います。
・応募作品、応募作品に写っている著作物・肖像等について、第三者からの使用差止、損害賠償等の請求、苦情、申し立て等を受けた場合、主催者はその一切の責任を負わないものとし、応募者がその責任と一切の費用負担によりその請求、苦情、申し立て等を処理・解決していただくものとします。
・本コンテストへの応募に関して応募者が何らかの損害を被った場合であっても、主催者は一切その責任を負いません。
・応募作品に権利の侵害などが確認された場合は、選考の対象外とさせていただきます。
・許可されていない場所での撮影はご遠慮ください。
・本コンテストはInstagramが関与するものではありません。
・受賞可否についてのお問い合わせはお受けできません。
・賞品の販売・換金はお控えください。
・受賞者の方には、Instagramのダイレクトメッセージを通じてお届け先等の確認の連絡をさせていただきます。当選連絡後、返信〆切日までに返信がない場合は受賞が無効になります。
・応募規約外の応募は、すべて無効になります。

チラシはこちら(PDF)

オンライン観光「おうちで、○○!」

十日町市をオンラインで”観光”していただくオンラインツアー。
スマホやパソコンがあれば、参加費無料でどなたでもご参加をいただけます。

TOPICS

 ■「おうちで、酒蔵見学!」を配信します(3月1日 19時~)

今回は酒蔵へ潜入!!魚沼酒造さんへお邪魔して、酒造りの行程やこだわりをインタビューしたり、コロナの影響で現在お休み中の酒蔵見学をオンラインで体験できちゃう配信です!!
一杯飲みながら…おうちで酒蔵見学しませんか♪ ≫オンラインショップはこちら

【配信日】 
2021年3月1日(月) 19:00より1時間程度

申込みはこちら


≪配信を見ていただいた方≫
十日町市総合観光案内所(十日町駅西口)にて、”オンライン体験とみた”と言って魚沼酒造のお酒を買っていただいた方へ、お猪口をプレゼントいたします。


次回開催(予定)…「おうちで、クラフトビール工場見学!」もお楽しみに

***過去に開催したオンライン観光は、YouTubeチャンネルにて公開中***

「おうちで、まちあるき!」~裏路地探索!雪国の知恵を発見?!~

ふらり、十日町まちあるき。 雪国の暮らしの秘密など…地元の方でも楽しめます!

「おうちで、笹山遺跡!」~広場から見る縄文時代の魅力体験~

現在発掘中の遺跡現場に潜入したり、国宝火炎型土器のエピソード、土器の中に隠された数字の秘密…などを、学芸員の阿部さんが解説してくれました!
この動画をみたら、博物館の土器を見る目が変わっちゃうかも!

——————————————————————————
気になるトピックスをクリックすると、そこから再生できます(YouTubeへリンクします)

0:00 オープニング
2:58 竪穴式住居にはいってみよう!

5:20 発掘中の現場へ潜入…断面から見る縄文時代の土!!
9:00 縄文土器と石の見分け方
10:50 発掘した土器、洗ってみました~復元までの気の遠くなる話~
12:35 国宝火焔型土器が出土した場所を見に行こう
17:55 特別に発掘体験させてもらいました!
21:20 笹山縄文館にお邪魔します
23:05 4800万年前の一級品土器~だけど火焔型土器じゃない?!?!~
25:45 土器の中、秘密の番号の意味とは
28:40 親から子へ…引き継がれる土器の模様
30:00 エンディング~十日町市博物館でまってまーす!~
——————————————————————————

十日町市博物館公式ホームページ

 

「おうちで、森の学校キョロロ!」~里山にはどんな生き物がいるかな~

十日町の里山の自然の中にどんな生き物たちが、そしてそれぞれにどんな特徴があり、それらがどのように関係しているのかを、森の学校キョロロ 学芸員の小林さんが解説してくれました!
十日町に限らず、実際に近所の公園や森に行く前に知っておくと、もっともっと楽しめること間違いなしです。

——————————————————————————
気になるトピックスをクリックすると、そこから再生できます(YouTubeへリンクします)

0:00 オープニング(案内人自己紹介、施設の紹介、キョロロの由来 など)
4:00 いざ、出発!!(森の中で注意すること)
6:00 里山の池のお話
6:50 水の中にいる生物を網ですくってみよう
10:00 水棲生物の紹介(5種の水棲生物が登場)
18:15 プチ工作!○○○で笛作り
20:40 ブナ林に到着、森に入ってみよう
27:15 地面に隠された秘密
29:20 なんでブナの木は曲がっているの?
31:00 クイズ「ブナってどんな漢字?」
34:00 エンディング(今おススメの生き物など)
——————————————————————————

森の学校キョロロ公式ホームページ

 

◎オンライン観光に参加するには?

配信はZoomを使って行いますので、視聴しながら音声質問もできます。
配信中の途中参加、退室もできますのでお気軽にご参加ください。

 

参加方法

申込フォームより、お申し込みいただくと事務局よりログイン用のURLをお送りいたします。
開催情報は、ツアー情報ページにてご案内いたします。
次回の開催をお楽しみに!

 

注意事項

・録画し後日配信をする際にZoom参加者の方はお顔や音声が入る可能性がありますので予めご了承ください。もしお顔が映ることがNGであれば画像オフ設定の上ご参加ください。
(Facebookからの参加の場合はお顔や声が入ることはありません。)
・Zoom参加申し込み者が多数の場合は、募集を途中で終了することがあります。その際はイベントページにて告知をいたします。
・屋外でのライブ配信の場合電波状況が不安定になる可能性があります。万が一機材トラブルなどで配信が止まっても早急に復旧をしますのでそのままでお待ちください。

十日町市の情報が「Travel Note」で紹介されました!

国内、海外の旅行・観光スポット・グルメ・ホテルなどの情報発信メディア「Travel Note」にて、十日町市の紹介記事が掲載されました!

紹介記事は下記リンクよりご覧ください。

新潟県・十日町市の人気観光スポットやグルメを紹介!自然やアートなど魅力が沢山!(外部サイトへ移動します)

市内施設における新型コロナウイルス感染症の発生について

12月31日、十日町市内の「あてま高原リゾート ベルナティオ」に勤務するスタッフ1名(市外在住)が、PCR検査の結果、新型コロナウイルスに感染している事が確認されました。当該スタッフと業務上接触のあったスタッフ3名についてはPCR検査を受検し、1月2日にいずれも陰性であることが確認されています。

同施設では、従来のホテル館内各所の感染予防対策に加え、保健所の指導のもと、さらに入念な消毒措置を講じるなど、感染予防対策を徹底の上、営業を継続しております。

 

ホテルスタッフの新型コロナウィルス感染について(ホテルベルナティオ公式サイトの記事へ移動します)

新型コロナウィルスの感染予防対策について 2020年11月21日 更新(ホテルベルナティオ公式サイトの記事へ移動します)

【臨時休業】清津峡渓谷トンネルについて

大雪のため、清津峡渓谷トンネルは、12月22日(火)より当面の間、休坑になることが決定いたしました。
トンネル内の水鏡(Tunnel of Light)の見学もできませんのでご注意ください。

■大地の芸術祭の里

Tunnel of Light(清津峡渓谷トンネル)

最新情報は、公式ホームページもしくはお問合せください。

お問合せ

清津峡渓谷トンネル管理事務所

025-763-4800

 

サンタと覆面レスラー?!

十日町駅西口すぐの「ギャラリー6坪」さん♪

とってもかわいらしい展示会がはじまりました。

Yumiki展-サンタ林と木枯らしプロレスのクリスマス巡業-

本日12月12日(土曜日)からとのことで、早速おじゃましてきました!

 

愛らしいサンタさんと覆面レスラー・・・!

つぶらな瞳にキュンです!❤

十日町駅にお越しの際は、立ち寄ってみてはいかがでしょうか😊

 

Yumiki展-サンタ林と木枯らしプロレスのクリスマス巡業-

開催期間 12月12日(土曜日)から12月20日(日曜日)まで

時  間 11時~18時(土曜日は21時まで、最終日は17時まで)

「そばの手紙」第2弾!~あなたと長~いおつきあい 十日町へWelcome~

~あなたと長~いおつきあい 十日町へWelcome

十日町市の名産のひとつ『そば』を手紙に添えて、家族や友人に届けよう!
GoToトラベルキャンペーンが開始され県境を越えての移動が平常に戻りつつある今、なかなか会えずにいた家族や友人にメールやラインだけじゃなく手書きの手紙とこれからも長~いお付き合いをの気持ちを添えて・・・

好評だった「そばの手紙」の第2弾をご用意いたしました。
今回は受け取った方が十日町市を訪れた際にお米2合がもらえるWelcome(ウェルコメ)チケット付きです。

販売開始:11月11日(水) [麺の日]より 
販売場所:十日町市総合観光案内所(十日町駅西口)、松代・松之山温泉観光案内所
1通 300円(そば代・コメチケット・送料・税 すべて込み)
※そばは6種類の中からお選びいただけます(各種無くなり次第終了) 
※お1人様5通まで 
※発送先は十日町市外のみとさせていただきます 
※数量に達し次第終了となります

≪送り方は簡単 3ステップ!!≫
① 『十日町市総合観光案内所(十日町駅西口)』『松代・松之山温泉観光案内所』でそばのお手紙を買う。
② そばの手紙用BOXを受け取り、記入する。記入後手紙などをセットして案内所へ。
(持ち帰ってもOK!準備が整ったら観光案内所へ ※このままでは送れません。) 
③  観光協会スタッフがおそばとウェルコメチケットをセットし手紙を郵送

 

お問合せ

(一社)十日町市観光協会

025-757-3345

【冬期通行止】魚沼スカイラインについて

魚沼スカイラインの全区間は、令和2年11月10日(火曜日)時点で冬期通行止めとなっておりますのでお知らせいたします。

なお、通行止め解除は例年、一部区間解除が5月上旬頃、全区間解除が5月下旬頃になります。降雪の状況により解除時期は前後しますので、詳しくは南魚沼地域振興局のホームページをご確認ください。

詳しくはこちら(新潟県のホームページへ移動します)

清津峡渓谷トンネルの事前予約購入システムの試験運用が実施されます

清津峡渓谷トンネルにおいて、繁忙期の“オーバーツーリズム”を解消するため、「事前予約購入システム」の導入を目指し、今冬期間に試験運用が実施されます。

<試験運用期間>
2020年12月から2021年3月までの土曜日・日曜日・祝日を対象
※令和3年4月からの本運用を予定

<方法予約>
一般は「清津峡公式ホームページなどからのオンライン」または「コンビニエンスストア販売」、団体の場合は事前の「駐車場利用申込書」の提出が必要になります。

<オンラインからのお申し込み>
清津峡渓谷トンネル公式ウェブサイトから専用サイトにてお申し込みください

事前予約購入システムの試験運用について

 

お問い合わせ

十日町市中里支所地域振興課地域振興係

025-763-2511

『国宝』×『国宝』の競演Σ(゚Д゚)

新十日町市博物館のオープンを記念して、秋季特別展「縄文の遺産―雪降る縄文と星降る縄文の競演―」が9/26(土)から開催されています。

 

十日町市所蔵の国宝「火焔型土器」はもちろん、長野県の国宝「縄文のビーナス」、山梨県の重要文化財指定の土器3点が大集合!!!

『国宝』×『国宝』の競演 Σ(゚Д゚)

これ、めちゃくちゃ凄い事なのでは…!!

「縄文のビーナス」は、新潟県では初公開なんだとか(((o(*゚▽゚*)o)))

 

■十日町市博物館てどんな場所?

6月にリニューアルオープンしたばかりの十日町市博物館は、十日町駅西口より徒歩10分♪

緑の美しい敷地には、博物館のほかに遺跡広場、復元住居、郷土植物園が含まれています。

 

中に入ると…火焔型土器はもちろん、織物や雪国での文化が知れる展示スペースがあり、映像・プロジェクションマッピングなど最新の技術で、子供から大人まで楽しめる施設へと進化しました。

 
▲エントランスの真ん中には、市内の地形をかたどった模型に映し出されるプロジェクションマッピング

 
▲自分のアバターが縄文時代の里山に登場!魚とりや、火をおこしたり…楽しい(*´ω`*)

※写真は今年6月に撮影したもの

 

■火焔型土器が出土した、笹山遺跡ってどんなところ?

現在観光協会が開催中の、オンライン観光第2段では「おうちで、笹山遺跡!」と題して、笹山遺跡をご紹介しています。

現在発掘中の遺跡現場に潜入したり、国宝火炎型土器のエピソード、土器の中に隠された数字の秘密…などを、博物館学芸員の阿部さんが解説してくれています。

博物館に行く前にご覧いただくと、もっと楽しめるかもしれません(*´ω`*)

——————————————————————————
気になるトピックスをクリックすると、そこから再生できます(YouTubeへリンクします)
2:58 竪穴式住居にはいってみよう!
5:20 発掘中の現場へ潜入…断面から見る縄文時代の土!!
10:50 発掘した土器、洗ってみました~復元までの気の遠くなる話~
12:35 国宝火焔型土器が出土した場所を見に行こう
17:55 特別に発掘体験させてもらいました!
23:05 4800万年前の一級品土器~だけど火焔型土器じゃない?!?!~
25:45 土器の中、秘密の番号の意味とは
28:40 親から子へ…引き継がれる土器の模様
——————————————————————————

 

■【秋季特別展】縄文の遺産―雪降る縄文と星降る縄文の競演―に行ってみよう!

国宝「火焔型土器」はもちろん、長野県の国宝「縄文のビーナス」などを見ることのできるこの特別展。ぜひ秋のお出かけにいかがでしょうか。

詳しくは、十日町市博物館のホームページをご覧ください。

会期

2020年9月26日(土曜日)~11月8日(日曜日)
※休館日:9月28日、10月5・12・19・26日(いずれも月曜日)、ただし11月2日(月曜日)は臨時開館

特別展観覧料(入館料とのセット料金)

一般1,000円/人、中学生以下は常設展・特別展ともに無料

 

十日町市博物館公式ホームページ

GO TO トラベル事業 対象宿泊施設一覧(9/23時点)

GO TO トラベル事業で割引対象となる、十日町市内の宿泊施設の一覧です。
以下よりご確認いただけます。

GO TO トラベル事業対象施設の一覧(2020/09/23時点)

GO TO トラベル事業で割引旅行商品をお申し込みになる際は、対象の旅行会社の窓口・旅行予約サイトまたは、対象の宿泊事業者に直接お申し込みください。

GO TO トラベル事業 旅行者向け公式ホームページはこちら

TOPICS

ご旅行を予定されている皆様へ

新型コロナウイルス感染防止のために、ご旅行前やご旅行中は「新しい旅のルール」に沿った行動が大切です。

楽しい旅行にするために、安心して過ごすために、ぜひご協力をお願いいたします。

わかりやすい動画が公開されています。ぜひご覧ください。

◎新しい旅のルール

◎新しい旅のエチケット

秋の味覚…栗&さるなし?!

十日町には県内最大級の『くり園』があるのをご存知でしょうか(*´ω`*)

「黒沢観光くり園」が今年の営業をオープンしました!!

 

たくさんの栗の木が並ぶ広大な敷地の中を
トングとバケツをもってレッツゴ――!

 

園内には手作りという顔出しパネルがッッ

さすが”観光”くり園・・・抜かりがありません・・・

 

今年は若干、栗のできるのが遅いと聞いていたのですが、足元にはたくさんのくり~

トゲトゲの中から靴で実を取り出し拾っていきます

(ちょうど来ていたお客様の足元をパチリ!ありがとうございます!)

 

そして私が気になったのはこの受付兼店舗スペース!!

小屋も栗の形なんです。こりゃかわいいww

 

店内には加工品がずらり

入園料 大人 500円・小人 250円
栗 1キロ 600円 
※皮むき +200円

持って帰ったら冷凍庫で保存することで1年くらいは楽しめるそうです

真空パックされた商品も販売されていました(*´▽`*)

 

また、園内には『さるなし』と呼ばれるキウイの原種といわれる果実も
栽培されており、たくさんの加工品が並んでいました

 

花粉症予防や、お肌の悩みに効果的…?!
魅力的なワードがずらり!

おとうさんが、採りたての「さるなし」を切って見せてくれました!

営業は10月中旬ごろまでで、期間中は無休です
気になる方はぜひお立ち寄りくださいませ

黒沢観光くり園

025-752-2824

【会員向け】「大地の芸術祭」の里 越後妻有2020秋 飲食店クーポン企画参加店募集のご案内

エフエムとおかまちからのご案内です。


「大地の芸術祭」の里 越後妻有 2020 秋 にて実施される【十日町市・津南町の飲食店 等で利用できるクーポン券の参加店を募集 】しています。

企画概要

秋会期に合わせて、クーポン500 円券×数枚) 付きの共通パスポートを販売します。 この企画では、芸術祭を見にいらっしゃる皆様から 地域内を回っていただき、より多くの飲食店・温浴施設等を利用してもらうことを目指します。クーポンは、地域内の参加店で利用できます。また、参加店の情報をチラシにしてパスポート購入者に配布します。

募集概要

◇対 象:十日町市 ・津南町の飲食店 ・温浴施設
◇枠 数: 50~80 店程度
◇掲載料:無料
◇締 切:令和2年9 月 1 0 日 (木)
※掲載店に限りがあります。上限のご応募が集まり次第募集を終了します 。

詳しくは、案内・申し込み用紙をご覧ください。

実施・問い合わせ先

エフエムとおかまち

025-752-7830

「おいしいそば乾麺大賞」に『妻有そば』が選ばれました

日本蕎麦保存会が発表した、「おいしいそば乾麺大賞」に、玉垣製麺所『妻有そば』がグランプリに選ばれました!

*********************

蕎麦乾麺のランキング、おいしいそば乾麺大賞、お取り寄せそば大賞/日本蕎麦保存会

全国のそば乾麺ファンから、たくさんの推薦をいただいたそばです。試食した審査員の評価も高く、全員一致でグランプリに決定しました。(日本蕎麦保存会会長のコメントより)

*********************

玉垣製麺所のホームページはこちら

おうちで楽しむ十日町!セットの販売について

十日町市観光協会では、ご自宅でちょっぴりお出かけ気分が楽しめる、十日町のお土産詰め合わせセットを販売しております。
「お蕎麦を食べようセット」3,000円と、「十日町行ったつもりセット」5,000円の2種類をご用意しました(どちらも消費税・送料込)

ご注文はメールもしくはFAXでどうぞ。
商品のご紹介&FAX申込用紙はこちら

 

「おら丼」で、越後妻有を味わおう!

十日町青年会議所の新しい事業である「おら丼」のホームページが完成いたしました。

おら丼とは…??

この越後妻有地域で育った食材を用いて「おら店」で「おら流」の  
どんぶりを提供この地域は食材の宝庫であり訪問者に食してもらい
認知してもらうまさに地産来消である
※【おら】私。越後妻有の方言。


越後妻有に来て、おいしい食材を思いっきり食べたいときに、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

「おら丼」ホームページはコチラ

「ミシュランガイド新潟2020 特別版」に市内店舗が選ばれました!

新潟県全域を対象に厳選した飲食店・レストラン・宿泊施設を紹介する「ミシュランガイド新潟2020 特別版」にて、松之山温泉の「酒の宿 玉城屋」が一つ星に選ばれました。

また、5000円以下から楽しめる料理が対象の「ビブグルマン」には、「鮨 かわ田」が選ばれています。
 
掲載店は次のとおりです。

●一つ星(近くに訪れたら行く価値のある優れた料理)
  酒の宿 玉城屋(フランス料理)
●ビブグルマン(価格以上の満足感が得られる料理)
  鮨 かわ田 025-757-5552
●ミシュランプレート(ミシュランの基準を満たした料理)
 ・イル カトラ グリル
 ・醸す森バル
 ・小嶋屋総本店
 ・名代生そば 由屋
●ホテル・旅館
 ・あてま高原リゾート ベルナティオ
 ・酒の宿 玉城屋
 ・ひなの宿 ちとせ
 ・凌雲閣

「ミシュランガイド新潟2020 特別版」は今月17日に発売ということです。

魅力あふれる店舗がたくさんの十日町市です✨
ここでしか巡り会うことのできない料理の数々をぜひお楽しみください!

【祝】日本遺産に認定されました!【十日町市】

「日本遺産(Japan Heritage)」・・・

それは、『地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリー』だと

文化庁が認めた証。

令和2年度は、69件の申請があり、21件が新たに認定されました。

「日本遺産(Japan Heritage)」についてhttps://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkazai/nihon_isan/

 

そして、ここ十日町市のストーリーもそのひとつ、

「日本遺産(Japan Heritage)」に認定されました!!!(パチパチパチパチ~👏)

 

どんなストーリーかといいますと・・・

 

***

 

究極の雪国とおかまち ―真説!豪雪地ものがたりー

世界有数の豪雪地として知られる十日町市。

ここには豪雪に育まれた「着もの・食べもの・建もの・まつり・美」のものがたりが揃っている

人々は雪と闘いながらもその恵みを活かして暮らし、

雪の中に楽しみさえも見出してこの地に住み継いできた。

ここは真の豪雪地ものがたりを体感できる究極の雪国である。

「究極の雪国とおかまち -真説!豪雪地ものがたり-」が日本遺産に認定されました/十日町市HPより

 

***

 

おおお~

なんだか、壮大な物語が始まりそうな書き出し・・・☺

 

この後に、

豪雪に育まれた「着もの・食べもの・建もの・まつり・美」

にまつわるストーリーが7つ展開されていきます。

 

十日町の魅力的な環境や文化、暮らしの知恵。

それらに大きな影響を与えてきた「雪」という存在。

 

どんな物語なのでしょうか、気になっちゃいますよね😁

 

これから少しづつですが、

そのストーリーをご紹介していきたいと思います!

お楽しみに~✨

二千年蓮が今年も咲きました♪【十日町市・十日町エリア】

通称「二千年蓮」とは、二千年前の地層から発掘された種が開花した、奇跡の蓮。

新潟県十日町市内で宝泉寺さんと、二ツ屋集落(心の宿 やすらぎさんの傍)で見ることができます。

例年に比べ早く開花した、宝泉寺の二千年蓮を撮影させていただきました!

 

▼撮影は6/29に行ったものです。

\ ミニ動画です!雰囲気伝わりますか?? /

 

 

 

撮影した日(6/29)は、二ツ屋の二千年蓮は開花していなかったのですが、

7/3に確認したところ開花したそうです!

 

蓮の花が開花する時間は早朝なので、早起きして見に行ってみてはいかがでしょうか。

雨に濡れた蓮はとても神秘的な雰囲気です!

 

宝泉寺へのアクセス

 

二ツ屋の二千年蓮へのアクセス

「心の宿 やすらぎ」さんを目指してお越しください。

観光施設等の利用再開状況について

7月以降の公共施設及び観光施設の利用再開状況を抜粋してお知らせいたします。

通常利用に向け段階的に緩和しておりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

 

越後妻有交流館キナーレ「明石の湯」

7/1~ 全施設 【5都道県を除く】通常利用(サウナ・仮眠室は人数制限あり)
8/1~ 全施設 通常利用(サウナ・仮眠室は人数制限あり)

お問い合わせ:キナーレ明石の湯 025-752-0117

千手温泉千年の湯

7/1~ 全施設 【5都道県を除く】通常利用(サウナ・仮眠室は人数制限あり)
8/1~ 全施設 通常利用(サウナ・仮眠室は人数制限あり)

お問い合わせ:千年の湯 025-768-2988

ミオンなかさと

7/1~ 全施設 【5都道県を除く】通常利用(宿泊を含む)(サウナ・仮眠室は人数制限あり)
8/1~ 全施設 通常利用(サウナ・仮眠室は人数制限あり)

お問い合わせ:㈱なかさと 025-763-4822

ゆくら妻有

7/1~ 全施設 【5都道県を除く】通常利用
8/1~ 全施設 通常利用

お問い合わせ:㈱なかさと 025-763-4822

まつだい芝峠温泉「雲海」

7/1~ 全施設 【5都道県を除く】通常利用(サウナ・仮眠室は人数制限あり)
8/1~ 全施設 通常利用(サウナ・仮眠室は人数制限あり)

お問い合わせ:まつだい芝峠温泉雲海 025-597-3939

十日町市松之山温泉センター「鷹の湯」

7/1~ 全施設 【5都道県を除く】通常利用
8/1~ 全施設 通常利用

お問い合わせ:湯米心(ユーマイハート)まつのやま 025-596-2402

芋川交流広場「清津川フレッシュパーク」

7/1~ 【5都道県を除く】通常利用(キャンプは除く)
8/1~ 全施設 通常利用

お問い合わせ:中里支所地域振興課 025-763-2511

十日町市博物館

7/1~ 全館通常利用(団体利用等は当面休止)

お問い合わせ:博物館 025-757-5531

引用先:新型コロナウイルス感染症に伴う施設等の再開について(6月18日:情報更新)/十日町市ホームぺージより

 

施設ではガイドラインに基づいた感染防止対策を徹底しておりますが、ご利用の皆様からもマスクの着用や、一定の間隔を保つなどのご協力をお願いいたします。

【見頃】あじさい公園がきれいです!(十日町市・十日町エリア)

あじさい公園が見ごろとなりました!!!

 

梅雨の時期は気分が落ち込みがちですが、

色とりどりのあじさいを見ていると癒されますね~🐌

ぼんぼりもついて、華やかな園内になっています✨

 

 

今回も動画を撮ってきました!

公園の雰囲気を味わってみてください(*’ω’*)

▼音が流れますのでご注意ください。

 

 

足元に気を付けてお越しくださいませ。

 

また、自然がいっぱいの場所ではありますが、

マスクの着用や他のお客様と一定の間隔を保って鑑賞をお楽しみください。

 

 

 

あじさい公園

 

ご朱印ならぬ『鉄印』集めで、旅にでませんか♪

7月10日から全国40の鉄道会社が連携する共同プロジェクト。

地方鉄道をつなぐ沿線を元気にする「鉄印帳」がスタートします!

 

十日町にも停車駅がある、「北越急行ほくほく線」もこちらに参加していますよ~✨

 


旅行読売2020年8月号に掲載されていました!!

 

*******************************************************

[鉄印帳(てついんちょう)って何?]
一言で表すと、御朱印の鉄道版です。
第三セクター鉄道等協議会に加盟する鉄道会社と関係会社が連携して、
地方鉄道の沿線地域の振興を目的として「鉄印帳」の販売と、
「鉄印」の記帳を2020年7月10日から開始します。

旅行読売ホームページ(特集ページ:鉄印帳について)引用

*******************************************************

 

北越急行のデザインはというと・・・

かっこいいーー!!!

鉄印は社名と梵字の「ほくほく」の文字が。

朱印はロゴマークとHK100が入っています✨

(実際のデザインを北越急行さんより、お借りしちゃいました!素敵~💗)

 

 

鉄道ファンならずとも、いろんな鉄道に乗る旅がしたくなりますね・・・(*´▽`*)

鉄印をもらうには、指定の鉄印帳(2,200円税込)を購入して、
各鉄道会社の指定窓口で乗車券の提示と記帳料(300円~)を支払うともらえるそうですよ。

※鉄印は、指定の鉄印帳(2,200円)にのみ記帳
(指定以外のものには記帳できないとのことですご注意ください!)

 

全国では、40社、

県内だと、越後トキめき鉄道さんも参加しているようです!

 

詳しくは、こちらからご覧いただけます<(_ _)>

 

 

【事業者向け】「出張!きもの女王」について

あなたの会社のPR・広報活動・イベントに「きもの女王」を活用しませんか?

市内企業様のPRや広報活動またはイベント等に「十日町きもの女王」を派遣し、その費用の一部を観光協会が負担いたします。

十日町産の着物を着た、華やかなきもの女王を是非ご活用ください。

詳しくは、概要及び要綱をご覧いただき、派遣申請書をご提出ください。

「出張!きもの女王」概要(PDF)

「出張!きもの女王」要項(PDF)

派遣申請書(word)

 

お問合せ 

一般社団法人十日町市観光協会(担当:井川・小林)

025-757-3345

「究極の雪国とおかまち -真説!豪雪地ものがたり-」が日本遺産に認定されました

文化庁が認定する、令和2年度「日本遺産」に十日町市の申請したストーリー「究極の雪国とおかまち ―真説!豪雪地ものがたりー」が認定されました。

タイトル

「究極の雪国とおかまち ―真説!豪雪地ものがたりー」

ストーリー

世界有数の豪雪地として知られる十日町市。ここには豪雪に育まれた「着もの・食べもの・ 建もの・まつり・美」のものがたりが揃っている。人々は雪と闘いながらもその恵みを活かして暮らし、雪の中に楽しみさえも見出してこの地に住み継いできた。ここは真の豪雪地ものがたりを体感できる究極の雪国である。

❅究極の雪国

日本の国土のうちおよそ半分は「雪国」である。中でも、日本の中央部に位置する新潟県十日町市は、市街地でも平年の積雪深が2mを超える世界でも有数の豪雪地。「雪国」の中の「雪国」である。
この地に大量の雪が降るようになった縄文時代中期以来、人々は雪と闘いながらもその恵みを活かして暮らし、現在まで住み継いできた。
ここには、豪雪に育まれてきた歴史と文化の「ものがたり」がある。

 

画像はイメージです

❅豪雪地の着ものがたり

日本列島ではカラムシなどの植物繊維を素材とする編布の伝統が縄文時代から続いていたが、中世の法衣を最後に途絶えたといわれ、長らく「幻の布」といわれていた。しかし、全国でも十日町市周辺にのみ「アンギン」等の名で残存し、主に農民の作業衣として近世まで製作・使用されていた。最後の作り手といわれた人からの聞き取りによって奇跡的に製法が復元・伝承され、現在も編み継がれている。

一方、越後では古代からカラムシの繊維でつくる「青苧(あおそ)」を材料とした上質な麻織物「越後布」が生産されていた。戦国時代、青苧や越後布は上杉氏の度重なる戦の費用を賄う重要な財源となった。江戸時代になって越後布に改良を重ね、より高い付加価値を生み出したのが特産品「越後縮」である。越後縮は将軍家や大奥などでも愛用された。主産地であるこの地域には縮市が開設され、京、大阪、江戸から商人が盛んに出入りし、取引の中心地として大いに栄えた。越後縮は一反を織るのに数ヵ月もかかる。外仕事のできない冬の間、辛抱強さで知られた越後の女性たちの繊細で地道な手仕事によって、美しい文様の夏物の布が織り出された。雪国の冬は湿度が高く、乾燥を嫌う青苧を扱うのに適していた。また、糸や布を漂白するための「雪晒し」の工程は、春の晴天時に雪の残る豪雪地でなくてはできない。越後布・越後縮は、まさに豪雪地の地域性を存分に生かしたブランド品だったのである。

江戸時代末期、十日町でも絹織物が生産されはじめ、養蚕も盛んに行われるようになった。明治期になると生産の主流は青苧の麻織物から生糸の絹織物へと劇的に転換する。そして農家の副業から工場制の工業へと生産構造の変革が起こり、現代に続く絹織物産地としての体制が確立した。この革新の原動力となったのは、豪雪によって育まれた人々の苦難に負けない忍耐強さと、時代のニーズを捉えより良いものを生み出そうとする意志の強さであった。それが現代の十日町市のきもの産業の礎である。


 

 

画像はイメージです

 ❅豪雪地の食べものがたり

豪雪地では、雪で大地がふさがれる期間が4月頃まで続く。そのため植物の芽吹きは遅くなり、積雪期は土を耕す農業もできない。この長い冬を凌ぐため、人々は秋までに採れた食料を備蓄し活用することにことのほか心を砕いた。山菜やキノコは塩に漬けたり干したりしておく。大根などの野菜は、ワラで覆い雪の中で保存すると凍らず長持ちした。また、「雪穴」や「雪室」に大量の雪を貯めておき、夏になるまで食料の冷蔵に利用した。

十日町市を含む魚沼地域では雪国の風土や地形を生かした稲作が盛んで、全国でも屈指の米どころである。傾斜地に展開する「棚田」の維持は豪雪によるところが大きい。また「へぎそば」は、織物の糸の糊付けに使う海藻「布海苔」をつなぎとして加える。このことによりツルツルとした独特の食感と抜群の風味が生まれ、当地の名物となっている。

冬の代表的な保存食「ツケナ」(野沢菜漬)は、春先に発酵が進んで酸味が増すと、塩抜きして煮込み「ニーナ(煮菜)」に生まれ変わる。厳しい冬を生き抜くため、人々の知恵が育んだ豪雪地の食文化は、豊かな自然の恵みを活かした郷土料理として今も受け継がれている。


 

画像はイメージです

❅豪雪地の建ものがたり

雪国の冬、人々は一日の大半を家で過ごす。家は生活の拠点であり、作業場であり、食料・燃料などの貯蔵場でもある。その大切な家を雪から守ることは、雪国の人々にとって極めて重要な永遠のテーマである。

建造物に太い柱や梁を使い強固な構造とすることはもちろん、急勾配の茅葺屋根や農家の「中門造り」、梁を伸ばして深い軒先をつくる「せがい造り」などの建築様式は、先人たちの雪との闘いの歴史を表している。

秋のうちに、建物を板で覆う「雪囲い」をしておき、風雪から守る。また、深雪の中から家を掘り出すかのような屋根の除雪「雪堀り」は、豪雪地で暮らす人々の宿命ともいえる作業で、危険を伴う重労働であった。現在市内では、居住部分を2・3階に配した高床式の住宅や、落雪・融雪屋根の住宅、耐雪住宅が普及している。雪国に建つ家々は、雪と闘い共生してきた人々の知恵と工夫の結晶である。

 

画像はイメージです

❅豪雪地のまつりものがたり

十日町市では、新婚の男性を雪の中に投げ落とす「婿投げ」や、「ホンヤラドウ」と呼ばれる雪の小屋をつくる鳥追いなど、雪国ならではの伝統行事が行われている。「節季市」は、もとは農家がワラ細工などを商った市で、現在も毎年1月に開催されている。子犬や十二支をかたどった米粉細工「チンコロ」が売られ、縁起物として人気を集めている。

昭和25年に始まった「十日町雪まつり」は、厳しい冬の暮らしを少しでも明るくしようという市民の思いから生まれた。集落や職場単位で製作される精巧な雪像は、世代を超えて継承されてきた技術と経験があってこそできる「雪の芸術作品」である。そのひとつひとつに、ともに助け合って雪国で生きてきた人々の連帯と、「雪を敵とせず友としよう」という十日町雪まつりの精神が表れている。雪に親しみ雪を楽しむ様々なまつりやイベントが、十日町市の白い冬を鮮やかに彩っている。

 

画像はイメージです

❅豪雪地の美ものがたり

十日町市には、四季の移ろいによって全く違う表情を見せる、豊かで特徴ある景観が形成されている。棚田が広がる里山や、薪炭林として利用されたブナ林の風景からは、豪雪地の人々の知恵とたくましさを感じることができる。また、「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」の舞台でもある十日町市には、「清津峡」の柱状節理の雄大な景観と現代アートとが一体となった空間など、新たな魅力も生まれている。

縄文時代の遺跡の出土品も数多く、特に「火焔型土器」の圧倒的存在感は、5,000年の時を経てなお、人々を魅了してやまない。また、古代から時代を捉えた意匠で作られてきた十日町市のきものは、1,500年もの間多くの人々に愛され続けている。豪雪地の美は、冬の静寂の中で研ぎ澄まされた雪国の人々の感性から生み出されたのである。

 

画像はイメージです

❅雪国の究極の春ものがたり

毎年11月頃の初雪から、半年近くにも及ぶ積雪期。すべてを白く覆いつくしていた雪が消えて土が顔をのぞかせる4月頃、雪国に春が到来する。花は一斉に咲き、ブナの芽がほころび、命が躍動する世界へと変貌を遂げる。「梅も桜もみな開く」と十日町小唄にも歌われるほど、その様は劇的である。しかし、春から秋までの間も、人々は次の雪の季節への準備を怠ることはない。やがてまた初雪が降り、白く長い冬が始まる。このように無雪期と積雪期とで別世界が出現する中、人々の暮らしは営々と続けられてきた。人々は、雪と闘い、雪を受け入れ、雪を活用し、雪に親しみ、雪に楽しみさえも見出して生き抜いてきたのである。十日町市は、豪雪とともに生きる暮らしと豪雪を友とする心が、縄文時代から受け継がれて今に息づく「究極の雪国」である。ここで日本文化の深奥ともいえる真の「豪雪地ものがたり」を体感してほしい。

 

 

画像はイメージです

詳しいストーリーはこちら(十日町市博物館ホームページに移動します)

 

日本遺産とは(文化庁資料より)

地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産(Japan Heritage)」に認定するとともに,ストーリーを語る上で不可欠な魅力ある有形・無形の文化財群を地域が主体となって総合的に整備・活用し,国内外に戦略的に発信することにより,地域の活性化を図るものです。

日本遺産に関する詳細は下記のリンク先を参照してください。

■「日本遺産(Japan Heritage)」について(文化庁) https://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkazai/nihon_isan/

■日本遺産ポータルサイト https://japan-heritage.bunka.go.jp/ja/

無題ドキュメント