自然と触れ合う

小貫諏訪社の大スギ

HOME > 自然と触れ合う > 小貫諏訪社の大スギ
小貫諏訪社の大スギ

小貫諏訪社の大スギ

小貫諏訪社の大スギ

県指定文化財。
高さ38.1m、幹囲8.62m、魚沼地方最大の杉で、推定樹齢は800年といわれています。
御神木として崇められ、刃物をあてることはなく、古いお札は表皮の割れ目に差し込み、落ち葉は燃料などにはせず根元に返しておきます。
平成19年に小貫(こつなぎ)集落は閉村となりましたが、今なお成長を続けている大スギが、かつての集落の在りかを伝えています。

 
  • 小貫諏訪社の大スギ
  • 小貫諏訪社の大スギ 由来
  • 小貫諏訪社の大スギ
小貫諏訪社の大スギ 小貫諏訪社の大スギ 由来 小貫諏訪社の大スギ
 
CATEGORY

自然と触れ合う