じむきょく通信

HOME > じむきょく通信 > 十日町エリア > 二千年蓮の様子

二千年蓮の様子

じむきょく通信
更新:2011/7/14

二千年蓮の様子

「二千年蓮」をご存じですか?

蓮研究の権威である大賀一郎博士が、二千年前の蓮の実を発芽させることに成功した、とても希少な蓮なのです。

この二千年蓮が、そろそろ見ごろを迎えています。

こちらは市内小泉の宝泉寺さん。

よく手入れをされたお庭に、二千年蓮が植えられた池があります。

蓮の花は朝方に開いて、お昼ごろには閉じてしまいます。

これは朝9時頃の様子。

お寺の隣には、大きな睡蓮の池も。たくさんの白い花が咲いています。

実は初めて知ったのですが、蓮の葉ってまんまるで、睡蓮の葉は切込みがあります。

で、蓮の葉は水面より高く伸びますが、睡蓮の葉は水面上にとどまっています。

以上、一口メモでした。(ご存知でしたら流してください)

さて、二ッ屋へ。

心の宿やすらぎさんへ行く道の途中にある池の様子がこちら。

二ッ屋の方は小泉より標高が高く、雪解けも遅かったせいかまだつぼみでした。でもかなりたくさんつぼみが控えています。

来週には咲きそうかな?という感じです。

蓮の花って、なんだかありがたい感じがしてしまいます。

極楽浄土~って感じがしてしまうのです☆☆

蓮の花はまだまだこれから咲き始めますので、ぜひご覧ください。

 

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2011年7月14日

無題ドキュメント