歴史・文化に触れる

川上三太郎 句碑

HOME > 歴史・文化に触れる > 川上三太郎 句碑
川上三太郎 句碑

川上三太郎 句碑

川上三太郎 句碑

  • 川上三太郎 句碑
  • 川上三太郎 句碑
  • 川上三太郎 句碑
川上三太郎 句碑 川上三太郎 句碑 川上三太郎 句碑

しらゆきが ふるふる
ふるさとの さけぞ

<川上三太郎 略歴>
明治24年生。本名:幾次郎。
作家・吉川英治とともに『大正川柳』創刊に携わる。その後、≪国民新聞≫川柳欄選者となるなど、川柳の普及に貢献。
川柳作家として初めて紫綬褒章を授けられる。
昭和43年没。
代表作に 『孤独地蔵』 『雨ぞ降る』 『おそれざんぴんく』等。

昭和前期から30年代にかけて、川柳の六大家の一人であった川上三太郎。彼は十日町へ度々訪れており、その風土をこよなく愛していました。
川上三太郎の句碑は数少なく、青森県竜飛岬と、十日町市・智泉寺の山門脇にあるのみです。