十日町観光ガイドの会 活動報告

HOME > 十日町観光ガイドの会 活動報告 > 「第62回十日町雪まつり ひろば巡りバス・ガイド体験から」

「第62回十日町雪まつり ひろば巡りバス・ガイド体験から」

十日町観光ガイドの会 活動報告
2011/2/19

「第62回十日町雪まつり ひろば巡りバス・ガイド体験から」

去る2月18(金)、19(土)、20(日)の3日間、「白い愛の祭典 第62回十日町雪まつり」が開催されました。
盛り沢山のプランの中に「市街地巡回バス」と「ひろば巡りバス」が来客者のサービスのために巡行され、「ひろば巡りバス」の巡行回数は全部で15便<昨年より1台増>、30分間隔、1巡2時間5分、約50kmコース。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

観光ガイドの会では今年も「ひろば巡りバス」に乗って来客者にガイドサービスをいたしました。
バスに乗ってまずは「第62回十日町雪まつりにおいでいただき、心からご歓迎申し上げます…」と歓迎のご挨拶を申し上げ、次いで、雪まつりのこと、十日町の名所、大地の芸術祭の様子、火焔国宝、信濃川の不正取水、民謡の発祥地、女子レスの桜花道場、ご自慢、トピックス、おいしいコシヒカリ、おそば、地酒、お土産などをご紹介しておもてなしをしました。

雪は豊富で、雪を友達として素晴らしいひろばや芸術センスあふれる雪像が出来上がり、お天気にも恵まれ人出も例年になく多く上々、バスの利用者もコミュニティひろば、つまりひろばでは乗り切れないほど超満席であった。
バスの中ではこちらから話しかけるだけでなく、来客者の声、印象も伺うように気配りした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 来客者は、「パンフをもらってもどう廻ったらいいかさっぱりわからん、だからこのバスはいい。雪が見たくて来たので雪の多さにびっくりした。こんなに全域にひろばがあると思わなかった。雪像がすばらしい。水沢の市長賞のところは是非臨時停車してほしい。今晩のカーニバルが見たくて来たのだ。カーニバルは良かった。雪花火は最高、こんな花火初めて見た。200円の乗り放題が気に入った。沿道に沢山の福ゆきだるまが見られるともっと盛り上がりを感じられる。無料サービスは心にぐっとくる。雪景色の写真を撮りたい。雪を楽しんでいる姿がわかった。今晩はベルナティオに泊まるんだ。もう少し待ち時間のないように。etc.…」であった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 そしてさらに、雪国のくらしを写真で紹介したり、クイズをだしたり、下手な十日町小唄を歌ったり、バスの中はとてもいい雰囲気に包まれ楽しい雪まつり交流になったのではないか…。
遠来からお金と時間を費やしてお出で下さり、率直に感想を教えてくださったり、またお帰りになられてリピーターになってくださったり、もうひたすら感謝、感謝の念で一杯である。

バスを降りられる時、「雪まつりを心ゆくまで楽しんでくださり本当にありがとうございました」と深々とお礼申し上げる。市内の方も見えられましたが、もっと利用されてはいかがなものか…とも感じられました。

そして今回の大きな反省点は第2日である26日(日)のバスに便数が3便と少なく、お客様に不便をかけたこともあり、次回からはもう少し便数を増やしてもらいたいものです。

ガイドの会では、今回は全便に乗ることができ、来客者のために少しはお役に立てたのでは…と振り返っておりますが、さらに第63回の雪まつりはおもてなしに心がけて多くの来客者を心からお待ち申し上げたい…と思っております。

(十日町観光ガイドの会 風間 )