アーカイブ

イベント
HOME >

伝統行事「七ツ詣り」

標高360メートルの松苧山山頂にある松苧神社を目指し、数え年7歳(満6歳)に達した男子が初登山に挑み、参拝を行う珍しい伝統行事です。

山菜を楽しむ会

越後妻有で採れた天然の山菜が一堂に並びます。
新緑の棚田を眺めながら「食べる山菜図鑑」をお楽しみください。
※要予約(5/12〆切)、各日50名

「大地の芸術祭」の里 越後妻有2016春

2016年4月29日(金祝)~5月8日(日) 10日間

2016春は、越後妻有に新たな3つの『アートの宿』が誕生。各施設の企画展や10日間限定の空家作品めぐり、山菜を楽しむ食事、体験プログラムなど、春の里山の風景とともにお楽しみください。

真夏の雪まつり

会場の大厳寺高原は、冬の間なんと8mもの雪が積もります!その雪を夏まで貯蔵、暑い真夏に冷た~い雪の上で遊びましょう!雪上綱引き大会などのミニゲームや、魚のつかみ捕りなどを開催。 地域の方々による出店コーナーもあるので、おいしく涼しく楽しんでください♪

第35回十日町小唄日本一優勝大会

十日町織物のコマーシャルソングとして誕生した「十日町小唄」は、日本の民謡の中でも音程をとるのが難しいといわれています。十日町小唄の日本一を目指し、全国から強豪が競います。

きものの街のキルト展 秋の企画展

十日町の秋を彩るイベント「きものの街のキルト展」は、開催時期を秋から春へと移行します。次回第14回展を平成30年春に開催するにあたり、今秋はそのプレイベントとして、2人の作家による企画展を行います。

展示の様子

山崎まつり

毎年8月29日に開催される「山崎まつり」(Uモール付近)では、打ちあがる花火全てスターマインなのが特徴。近くで上がる花火は迫力満点です!
夜店も並び多くの人で賑わいます。ぜひ、中里地域の「夏の風物詩」を見に来てください。
小雨については決行。大雨の場合は順延となります。

十日町おおまつり

夏の十日町市街地を彩る伝統ある「十日町おおまつり」。 本町通りで行われる大民謡流しや、“荒御輿”と異名をとる、全国的にも珍しい八角御輿など、十日町の夏を締めくくるまつりです。 
おおまつり

坂口安吾まつりin松之山

坂口安吾縁の地”松之山”にて、毎5月に開催される「安吾まつり」。
先代村山家当主が坂口安吾の甥にあたり、安吾もたびたび訪れたという村山家の旧宅“大棟山美術博物館”を会場に、朗読&トーク会を行います。