アーカイブ

HOME > 2017年 > 12月

SAVOR JAPAN

「SAVOR JAPAN」って耳にしたことありますか?

「SAVOR JAPAN(農泊 食文化海外発信地域)」が正式な名称です。

地域の「食」やそれを支える「農林水産業」、食や農に関連した「地域資源」をストーリー化してインバウンド誘致に努める地域の優れた取組みを農林水産大臣が認定し、「SAVOR JAPAN」ブランドで認定地域の食の魅力を海外へ強力かつ一体的に情報発信する制度です。

 

十日町市(十日町市食と農の景勝地推進委員会)が、今年認定を受けました!!

 

今年認定された地域は10地域、昨年認定された地域5地域とあわせて、全国で15地域です。

新潟県内では、初の認定!

詳しくは、農林水産省HPをご覧ください。

 

12月15日に農林水産省で認定書授与式がありました。

その様子をお伝えします。

 

農林水産省副大臣 谷合正明氏(右)より

十日町市食と農の景勝地推進委員会会長 小林重則氏(左)へ

これが認定証なのですが、なんと英語、ロゴもかわいい♡

このロゴも色々なものをモチーフにデザインしています、わかりますか?

(答えは、「山」「海」「田」「畑」「川」、そして「箸」)

農林水産省が発行する認定証で英語のものはおそらく初とのことです\(◎o◎)/!

最後に、今回の認定地域10地域で記念撮影

 

『豪雪との共生から生まれた「雪国の伝統食」と「農泊」による地域経済の活性化!!」をキャッチフレーズに、今後もインバウンド事業を進めて参ります♪

松之山温泉スキー場がオープンします♪

澄んだ青空と、陽の光を浴びてキラッキラに光る雪景色の
松之山の朝です!

「ちょっと、ココ見て~~~~!!」
と、大勢の方にお声掛けしたい景色だらけ♡
(おばさんな口調でスミマセン)

そんな松之山地内にある「松之山温泉スキー場」が今週末の

12月23日(土祝)にオープンします
松之山温泉スキー場ホームページ<公式>

スキーにスノーボード、長靴のままで遊べるスノーアクティビティと
雪を楽しめること満載の場所です♪

美しい雪景色を楽しみ
雪で遊び
熱々料理を食べて
松之山温泉で身体の芯まであったまり

松之山をご堪能くださいませ^^

 


(12月18日朝 松之山支所付近の景色)


今朝の気温はマイナス4度。
深夜、雪が降り積もりましたが、早朝に除雪隊がキレイに片づけてくれたので
通勤時間には、まったく雪を気にせず移動できました♪

ただし、凍っている場所が多く滑るため気を付けなければいけません。

あたたかい地域からおいでの方は、必ず

・滑りにくい靴底、滑り止めの付いた履物を着用してください

・防寒対策を万全においでください

美しい冬の景色を楽しんでくださいね♪

清津峡渓谷トンネル冬期休業のお知らせ

清津峡渓谷トンネルでは、トンネル内リニューアル工事のため、下記の通り閉坑となります。

閉坑期間:平成29年度12月12日(火)~平成30年3月31日(土)

来年の雪解けが楽しみですね♪

じゃあ、今清津峡に行っても楽しめないの?
そんなことはありません!素敵な冬景色は楽しめますので、温泉に入りながら雪見風呂なんていかがですか?

朝の雪見露天風呂。今朝までの降雪は10㎝でうっすら雪化粧しました。#雪見露天風呂#清津峡#清津館

湯元清津館さんの投稿 2017年12月5日(火)

上信越国立公園 清津峡にある日本秘湯の会のお宿「清津館」さんの露天風呂です♪

四季の移り変わりが美しい十日町にぜひおいでくださいマセ♡

ドカ雪です。

12日から日本海上空に寒波が入り、十日町ではドバドバと雪が積もっております。
12日までは雪が一切積もっていなかった十日町駅周辺はこんな感じに…

長靴でないと靴がビショビショです…

駅前の駐車スペースもこの通り

12日より前に駐車していた車はすっぽり雪の下に埋もれてしまいました。
ちなみにこの雪、なぜか周辺地域に比べて十日町市街地の方が多く積もった時間があったり、なかなか珍しい降雪でした。

この大雪の原因となった寒波は本日14日にいったん緩んだのか、晴れ間がチラチラ見えるようになってきました。
こちらにお越しの際は雪への対策をお忘れないようご注意ください!

野鳥こけし製作体験

松之山地域で昔から冬場の産業として作られてきた「野鳥こけし」
現在でも数少ない後継者により守られている伝統工芸品であり、お土産としても人気です。
そんな野鳥こけし作ってみませんか?職員が作り方を指導しますので、比較的簡単に作れます。
綿をのりで貼っていくとフワフワでとってもかわいい野鳥が完成しますよ。
電車の待ち時間などがありましたらお気軽にお立ち寄りください。
※大地の芸術祭期間中はこちらでの体験はお休みです。
ナカゴグリーンパークでのワークショップをご利用ください。ご予約はこちら

開催日:体験希望日の2日前までにお申し込みください。
会 場:松代・松之山温泉観光案内所(松代ふるさと会館内)
定 員:3~4名程度
所用時間:約1時間
体験料:1人 1,200円(材料費、箱代込み)
内 容:新潟県の鳥「トキ」を作ります。
    本体に綿と羽根などをのりで貼っていく作業です。多少手が汚れます。
申し込み・お問合せ:松代・松之山温泉観光案内所 TEL:025-597-3442

 

 

会場はこちら

JA十日町直営のお米屋さん♪

新潟といえば米どころ!
新潟の米といえば魚沼産コシヒカリ!!
そして、魚沼産コシヒカリといえば〝十日町市〟♪

 ということをご存じでしたか!?

実はあまり知られていないのですが (広報不足でスミマセン)
十日町市は魚沼地方の「中魚沼(なかうおぬま)」といわれる地域に属しており、新潟県が誇る「魚沼コシヒカリ」の産地なのです(*ゝ∀・*)ノ

豪雪地の豊かな自然が育んだお米は、
なんと25年以上も「特A」の食味を維持し続け、国内最高評価を受けているのだそう!!
山からの豊富な雪解け水があることや昼夜の温度差が大きいという、この土地だからこそ生み出される最高の味があるんですね~♪

 

そして、今年―――
そんな十日町地域の農業を一身に引き受けている〝JA十日町〟さんが新施設を完成させ、
ブランド名とパッケージも新たに十日町産魚沼コシヒカリの販売を始めました!

その名も「米屋五郎兵衛」

新しく完成した施設についても、同じ「米屋五郎兵衛」という名称がつけられ、
コシヒカリ「米屋五郎兵衛」を扱う店舗と雪室倉庫、精米センターが一体となった大規模な施設となっています。

★米屋五郎兵衛について詳しくはコチラ

 

12月9日には、そのオープンイベントが行われ
店舗「米屋五郎兵衛」をいち早く直撃!!

JA十日町からの確かなお米を直接購入できる現場を確認してきました(^^)/

いらっしゃいませ~
入口はこんな感じ♪

建物全体の写真を撮り忘れてしまいましたが、大きな施設の真ん中に入口があります。
駐車場もどこに停めたら良いのか迷うほど広々!

そして店内には、展示スペースと販売米があるのみ!

とてもシンプルな作りですね。

最高のお米のための施設といっても過言ではないように思いますd(・o・)

十日町市内には多数のお米屋さんがありますので、迷った時はぜひご利用いただきたいお店です。

オープニングイベントらしく、ご飯の試食もあり
米屋五郎兵衛のなかでも一番高品質の「極」を炊き立てでいただきました♡

私の家もお米を作っているので毎日魚沼コシヒカリを食べていますが・・・
やっぱり、違う~!美味しい~!

お米の一粒一粒が大きくふっくらとしていて、甘みも風味も抜群です。
さすが選び抜かれたお米ですね(*゚o゚*)

 

新施設には、色彩選別機も導入された均質化設備なども完備され、品質の高位平準化が図られているとのことですから、
本当に厳しい検査をクリアした美味しいお米なのだということが分かります。

また、新しく完成した雪室倉庫は、通常の倉庫と比較すると7割程度のCO2の削減が期待できるのだそう!
雪を使って、省エネルギーで鮮度の良いまま美味しいお米を1年間貯蔵することができ、さらに天然の空気清浄機のような役割もしてくれるとかで美味しいことずくめですね♪

 

このような通常は公開していない機器をはじめ、雪室や倉庫内の見学も行うことができました!
雪室は今はまだ空っぽでガランとしていましたが・・・これからの降雪に期待♪美味しいお米を守ってね(*´∪`*) 

十日町市ならではの雪を利用した施設と美味しいお米を、もっとたくさんの方々に知っていただけるよう農協さんにはこれからも頑張っていただきたいです。

米屋五郎兵衛はインターネットでも購入することができますので、ご希望の方は利用してみてくださいね!
 ⇒JA十日町オンラインショップ

松之山 そば打ち講習会

12月3日(日)午前10時半から、松之山黒倉にある「おふくろ館」の体験施設を
会場に、そば打ち講習会が行われました。
これは松之山自治振興会が主催しているもので、地域の伝統郷土料理を継承して
いこうという松之山地域の方向けの講習会です。

前日、松之山では少し雪が降り積雪がありましたが、この日は朝から快晴!
あたたかな陽ざしが心地よくて、会場の窓際では日向ぼっこが出来そうなほどでした♪

さて、総勢18人ほどが集まりはじまった「そば打ち講習会」
地元で長年そば打ちをしているおかあさんが先生です。

3チームに分かれ作業がはじまりました。

何度かそば打ち経験があり慣れた手つきの方、初めて
そば打ち体験をする方がチームの中にはいて、みなさんで
協力しながら声をかけながら楽しそうに作業が進みました。

小さな参加者たちには、地元のおとうさんたちが手ほどきします。
おとうさんたち、大活躍です♪

各々が手をかけできあがったそばは、場所を移動し、お隣のおふくろ館の厨房で茹で上げ
仕上げます。仕上がったそばは、天ぷら付きのセットになり、皆さんで美味しく食べ終了。

そば打ちの材料や手順は、地域により少しずつ違うのだそうです。
松之山に伝わる伝統郷土料理を次の世代に伝えていくため、今後もこうした講習会が
行われていく予定です。

美味しいイベントに行ってきました~+゚*。:゚+(人*´∀`)ウットリ+゚:。*゚+.

今年で12回目となる「なかさと食の文化祭」をご存知ですか
「わが家のごっつぉ」を地域の方々が出品し、一つとして同じお料理はございません(≧ω≦)人(>ω・) 

ご家庭の味を楽しみながら、料理だけでなく、家族への思いや暮らしの情報交換などを語る、お茶飲み会のようなイベントです♪


会場前の入口には長蛇の列が!Σ(・oノ)ノ
「美味しいね」「これは、どうやって作ったの?」と出品された方も、来場された方も楽しそう!

中里芸能協会「成る鼓会」の演奏も会場に鳴り響き、来場者の耳を楽しませておりました。

出品されたお料理は<郷土の味記録集>としてまとめられますので、楽しみですね+゚*。:゚+(人*´∀`)ウットリ+゚:。*゚+.

本日はお日柄もよく♪

先日みつけたこのチラシ

      

 

幸せのおすそ分けを頂くべく乗車してまいりました

(あくまでも模擬挙式ですけどね…)

12月だというのに、今日は、とってもいいお天気 😛 

飯山線の車両の中に入ると、こんな感じでゲストをお出迎え


通路には、新郎新婦入場直前にヴァージンロードが!

新郎新婦の入場、そして誓いの言葉と、車窓の風景を楽しみながらの挙式が進んでいきます

 

参列者にプラレールのレールが配られ、メッセージを書いたのですが

そのレールの上を結婚指輪を載せたドクターイエローが!!!

初めて見るドクターイエローが、まさか飯山線の中とは!!!

ウェディングケーキは、列車の形

そして、ケーキカットではなく、新郎と新婦による列車の連結  ウェディングトレインならでは♡

 

 

ん?十日町駅のホームになにやらたくさんの方が…

 

ゴスペルグループのみなさんの歌のプレゼントで祝福セレモニー

 

この後、みなさんに見送っていただき、再び飯山線で越後水沢駅まで向かいました

 

飯山線がご縁で仲良くなったお二人、電車が大好きなお二人、十日町が大好きというお二人、

ご結婚を考えているみなさん、このようなイベントウェディングはいかがですか

お問い合わせは、あてま高原リゾートベルナティオさんまで

 

無題ドキュメント