お問い合わせ

アーカイブ

HOME > author : matsunoyama

雪の華を観に行こう!

冬こそおすすめなのが美人林!

特に晴れた日は枝に積もった雪がお花のようにきらきらしてとってもきれいなんです。今日はスノーシューをはいてガイドさんと散策してみました。

雪の上には動物の足跡がたくさんついています。
「これはたぬきで、あっちはうさぎだね。」
「向かって来るのはこっちの足跡で、帰りはあっちの足跡」など、とっても詳しく教えてくれます。

ちょうど六角堂(休憩所)の屋根の雪下ろし中でした。
  

屋根の雪をちょっと崩し、それを踏み台にして登るのがプロの技!
いつもありがとうございます。

さあ、この杉林を出ると…

目の前に飛び込むブナ林!ここが一番の感動ポイントです。

スノーシューだからどこでも自由に歩けちゃう。積雪があるので普段より2mくらい上空を歩いていることになります。まさに空中散歩ですね。

ちょっとした斜面を利用して雪の上にダイビング!
子供の頃を思い出します。毎日こんな事をしていたような…

池もすっぽり雪の中
雪の重みでしなっている枝は折れる危険があるのでご注意くださいね。

散策のあとは森の学校キョロロの囲炉裏で温まってくださいね。
  

本格的な装備を身に着けたい方はこちらもレンタルしていますよ!

雪の華を観に行こう!体験のお申込みはこちら

 

 

 

 

12月11日 美人林情報

すっかり雪景色となりました。美人林の駐車場には入れませんので、森の学校キョロロへ車をとめてください。

堺松方面(東頸バス堺松バス停までの道)は除雪をしませんので通行止めです。

右側の杉林に向かって行ってください。遠くに六角堂が見えると思います。長靴が必須ですよ!
  

駐車場もすっぽり雪の中

林の中も30㎝くらい積雪があります。人が歩いたあとが道になっていますので、そこを歩きましょう!

残念ながら雪の華は消えてしまっています。

 

雪の降り始めにはこのような美しい華が見られるのですが…(過去の画像です)

 

うさぎさんも来ていますね。

今日は貴重な青空!雪がきらきらしてとっても綺麗です。

 

冬の美人林はガイドさんとめぐるスノーシュープランをおすすめします。
ガイドさんがスノーシューのはき方や歩き方、美人林の成り立ち、森の動物のこと、雪遊びの仕方などくわしく教えてくれます。雪遊びのあとは、森の学校キョロロの囲炉裏で温まってくださいね。
くわしくはこちら→ 雪の華を観に行こう!~美人林スノーシューと囲炉裏体験~

 

11月29日 美人林情報

先週までは大勢のお客様で賑わっていた美人林ですが、今日はとっても静かです。

すっかり葉が落ちましたね。幹の美しさが際立ちます。
11月23日に初雪が降り少し積もったものの、翌日より快晴が続き雪はすっかりなくなりました。

静かな林内に、キツツキのドラミングの音が響き渡っています。

池の柵を取り外しましたのでご注意くださいね。

おわりそうなムラサキシキブ

雪景色になるのはいつ頃でしょうか。。。

 

11月19日 美人林情報

葉が少なくなってきました。風が吹くたびにパラパラと舞い落ちてきます。

池にもたくさんの落ち葉が…

 

ぞうさんに似ていませんか?この枝

 

 

先週初霜が降りましたが今年の初雪はいつでしょうね。。。
ゆっくり来てもらいたいものです。

松之山 留守原の棚田

国道405号が冬期通行止めになる前に留守原の棚田へ行ってきました。

天水トンネル入り口のようすです。紅葉の見ごろは過ぎていますが、天気が良かったこともあり残っている葉がきれいでした。

残念ながら棚田が日陰で見えません!午前中じゃないとだめですね…

松之山天水島から津南町へぬける国道405号は11月20日より冬期通行止めとなります。

11月14日 美人林情報

今週が紅葉のピークのようですね。落ち葉が降り積もってオレンジ色のカーペットになりました!

 

 

 

 

 

 

上の方は葉がだいぶ少なくなっています。

直売所の森森市はすでに今シーズンの営業を終了しています。
青空市場は11月18日(日)で終了となります。

駐車場のトイレは11月25日(日)で閉鎖しますのでよろしくお願いします。

周辺の田んぼには水が張られてとってもきれいです。

 

醸す森 新そば祭り

毎年恒例の新そば祭り!今年は黒倉集落のみなさんと醸す森で共同開催されました。はたして何が醸されるのか~??

会場はすでに満席!30分くらい待ち時間があったので駐車場にある「じょうもんの市」へ

黒倉集落のみなさんが作った野菜や味噌、漬物、採れたてのきのこなどが売っていました。

お弁当のおかずに黒豆とずいきの漬物を購入~♪ お母さんの味って最高!こんなの作れるようになりたいなあ。

2階ではそば打ち体験もしていました。どんなそばができたのかなあ…

そしていざそばタイム!メニューは2種類。お母さんたち手作りのお惣菜がついた「もりそば」か、フレンチのシェフ自慢の「天そば」か。私はフレンチの天そばをいただきました♪

おそばの上にはクレソンがたっぷり!

つゆにはトマトとバジルが入っていて、ちょっと酸味があります。なんか大きなてんぷらがあるなあ~と思ったら、自家製ベーコンの厚切りでした!ボリュームたっぷりでこれならお父さんも満足ですね。てんぷらというよりフリッターぽいかな。初めてのフレンチ風そば、斬新でした。そば湯も濃くておいしかったです!

そして、今回は抽選会がありました。特賞の醸す森宿泊券を~~!と念じましたが残念ながらハズレでした…
でも黒倉集落のみなさんの笑顔と活気で何かが醸された💛楽しいお祭りでした。

醸す森はロケーションが素晴らしくて、窓から米山や黒姫山が一望できるんですよ!その向こうは海かな…
夕日が沈む時間帯は空がピンク色に染まって絶景ですよ💛

 

もみじがきれいになりました!

大棟山美術博物館のもみじが見ごろです!

「下から見上げるときれいだよ~!」と館長さんが教えてくれました。

大棟山美術博物館は新潟出身の作家坂口安吾が足しげく通ったお屋敷で、彼の遺品や書画、貴重な生活調度品や芸術作品などが多数展示されています。

お庭もきれいに整備されています。

ちょうど松之山温泉と美人林の中間地点にありますので、ぜひお立ち寄りください!
ちなみにここから松之山温泉までの道は「安吾の散歩道」と呼ばれています。
安吾も松之山温泉に浸かりながら、執筆活動をしていたのでしょうね。

入口にはこんこんと湧き出る柳清水があります。当時はこの水を利用してお酒を造っていました。現在は上越市の新潟第一酒造が受け継ぎ、この秋松之山のお米と柳清水を使って安吾が愛した銘酒「越の露」を仕込みました!出来上がりが楽しみですね💛

除雪重機体験会

明日から11月…雪の足音が近づいてまいりました。
まつのやま学園では、この地域の生活になくてはならない除雪作業の重要性と安全を再確認するため、除雪重機体験会を行いました。

雪国の救世主登場です!

あらためて見ると大き~い、そして乗るところ高~い!
タイヤの大きさだけで自分の身長くらいあります。

オペレーターの方に支えられ、子供たちも乗車してみました!
初めて見る機械に興味津々…「高くてこわかった~」と言う女の子も。
いいなあ~私も乗ってみたかったな💛

この他に、歩道用の除雪車と凍結防止剤散布車などもあります。
歩道用除雪車は小型でとってもかわいいんですよ。

最後にオペレーターの方による機能説明と駐在さんによる安全講話も行われ、冬への準備は万端です!

10月30日 美人林情報

周りの山々が鮮やかになってきました。
今日は時折風が強く、外に出るには厚手のコートが必要ですね。

美人林に向かうと…途中のガードレールに何かがいるなあと思ったら
モズがとまっていました!なんてラッキーなんでしょう♪

美人林の黄葉もすすんできました。

 

 

 

 

キツツキのおうちでしょうか。。。たくさんのお部屋があります。

今年はブナの実が豊作ですね。

帰り道、あのモズを見かけたところに虹のアーチが!
虹を見るとうれしくなっちゃいますよね。今日はなんて素敵な日でしょう♪

 

10月24日 美人林情報

先日、今季初めて冬の匂いを観測しました!もうストーブを出した方も多いのでは…
美人林のブナも色づき始めてきました。

 

 

上の方はだいぶ黄色くなっています。

 

 

 

収穫の秋、直売所にはとれたての野菜がいっぱいです!
  

  

来週頃には見頃になるでしょうか。

 

花ごよみ~雪里の季節の彩(いろどり)

「森の学校」キョロロでは、企画展「花ごよみ~雪里の季節の彩(いろどり)~」を開催しています。2007年から行っている市民協働調査「花ごよみ調査」により、500種以上の植物の開花情報や花にまつわる伝統的知見を収集してきました。企画展では里山の季節の花々の移り変わりや雪国特有の植物の多様性、身近な花々の生態や美しさの秘密などが紹介されています。山野草好きの方は必見です!

こんなふうに参加して楽しめるクイズがあります。これは初級編、だんだん難しくなっていきますよ。

「スプリングエフェメラル」って知ってましたか?雪解け直後のひと時だけあらわれるお花たちのことですって!なんてかわいい名前なんでしょう~
スミレやキクザキイチゲを見ると、春が来た喜びを感じられますよね。

スミレと言ってもこんなにたくさんの種類があるのですね~。見分け方が分からない…と思っていたら、植物博士の斎藤先生が教えてくれました。
花の距(きょ)(花の後ろに突き出した部分)の長さや色、花の開き方によって見分けるそうです。なるほど~!

雪国特有の花「ユキツバキ」 日本海側にしか分布していないそうです。

前に登山をする人が、新潟県から群馬県に入るとユキツバキがなくなる。なぜユキツバキは山を越えられないんだろう?と言っていたのを思い出しました。
それは湿度が高い地域でないと生きていけないからなんですね。謎が解けました!

そして、シラネアオイと言えば…「ゆとっと」ですね💛
ゆとっとの頭に彩をという表現がうれしいですね!

モスラ好きな方はこちらも

植物博士が在館していればいろんな事を教えてくれるので、ぜひお話してみてください。

 

10月16日 美人林情報

周りの山々では紅葉が始まりましたが、美人林は少し色づいてきたかな~…といったところです。

上の方は黄色くなっている葉があります。

 

 

 

美人林入り口の松口集落にヤナギバヒマワリの花畑がありました。

たくさんのプードルたちに見つめられているみたい!

 

道端に咲くイヌタデ

秋のお花が終わると冬になりますね~。

大厳寺高原 紅葉情報

キャンプシーズンも残すところあと2週間!気温は低くなってきましたが紅葉を楽しめる季節となりました。

不動池の水が留山ダム調整の関係で少なくなっているのが残念ですが、黄色く色づいた木々がとてもきれいです。

ナナカマドはもう終わりそうですね。

信越トレイル入り口に向かって行くとさらに紅葉が進んでいます。

 

松之山口から天水山までのルートは信越トレイルの中でも、ブナの原生林が大変美しいルートです。今の時期、おすすめですよ。
(注)熊除けの鈴を必ず装備してくださいね!

ノコンギクの密を吸うチョウチョ

松之山温泉スキー場近くのヤナギバヒマワリが今年もきれいに咲いていました。
思わず車を降りて写真を撮ってしまいます!

 

9月28日 美人林情報

そろそろ紅葉のお問合せも増えてきました。
美人林の見頃は例年11月上旬から中旬にかけてです。お天気や気温にもよりますが「季節の情報」でお知らせしていきますのでご確認ください。

 

濡れた幹に白い模様がたくさん見えます。これは「地衣類」といって菌類と藻類が合体した生き物です。いろんな形があっておもしろいですよね♪

 

ニューナイスズメでしょうか??元気に飛び回っています。その度にポツン、ポツンとブナの実が落ちてきます。

秋ですね~、かわいいきのこがひょっこりはん!

きのこの山みたい!(私はたけのこの里派)

ツリフネソウが咲き始めました💛

直売所には採れたての野菜がいっぱい!
  

こんな珍しいものも!子供の頃よく食べました…

この地域ではナラタケのことを「もぐら」といいます。もぐらが顔をだすみたいに生えてるのかなあ?

 

 

8月27日 美人林情報

猛暑がようやくやわらいできました。蝉の鳴き声と一緒に鈴虫の声も聞こえます。
昨日は雨が降ったため幹が濡れていますね。涼しくて気持ちの良い美人林です。

さすがにため池の水も減っています。こんなに少なくなったの初めて見ました!

ブナの実がたくさん地面に落ちていました。

 

直売所には夏野菜がたくさん並んでいます。

  

  

みょうがを買いたかったのですが、もう売り切れてしまったのかなあ・・・
残念でした!

 

芸術祭めぐりにおすすめツアー

初めて芸術祭を訪れる方や、慣れない山道などの運転が心配な方におすすめなのがセレクトバスツアーです。
今日は、津南・上郷コースに乗車してみました。

津南町の風景がラッピングされた美しいデザインのバスに乗って出発!

このコース(津南・上郷コース、秋山郷・中里コース)にはガイドさんが添乗してくれます!外国のお客様に配慮し、がんばって英語を話していました。えらい!

そして、作品コンプリートをめざす方にはずせない作品がこのバスの中にあるのです!(内容は…秘密❤)
いずれかのコースに乗車してスタンプをゲットしちゃおう。

それでは順番に作品をご紹介しますね。
①アン・ハミルトン『Air for Everyone』
ひもを引っ張ったり、板を踏んだりするとアコーディオンに空気が送られメロディーが鳴ります。汗だくで演奏してみましょう♪

②中谷ミチコ『川の向こうに、舟を呼ぶ声』
見る方向によって表情が変わる作品
  

◆キム・クーハン『かささぎたちの家』
妖精が住んでいそうなかわいらしいおうち。ガラスの扉から中に入れます。

③蔡國強『ドラゴン現代美術館』
こんな獣道を登って行きます。黄色いお花は中国から贈られた「幸福の花」
  

④リン・リンシュンロン『国境を越えて・絆』
わらで作られた巨大な作品。中に入ると鐘を鳴らすことができます。

◆リン・シュンロン『国境を越えて・山』

子牛が見つめる先には・・・お母さん牛が❤

塀には陶器の装飾がたくさんあります。セクシーなお姉さんやお花など・・・
  

津南町と言ったら「ひまわり」ですよね!

時間に余裕があったのでこちらにも寄ってみました。
◆霜鳥健二「記憶-記録」足滝の人々
ここに来たらこれをやるしかないですよね!「ひょっこりはん!」
  

⑤越後妻有「上郷クローブ座」
着いてすぐ、片桐はいりさんにお会いできました!8月31に行われる公演のため滞在されているとのことです。そしてこれは絶対見ていただきたい。機械仕掛けの妖怪たちがなんとも怪しげな演奏を聞かせてくれます。ボーカルで参加することもできるんですよ!

ツアーはここで終了です。バスに乗りながら安全、安心に作品を楽しめますよ♪
セレクトバスツアーのお申込みについては→こちら

この後もおすすめの作品を車で周ってみました。

津南総合案内所の近くにある「ワープクラウド」
見る角度によっていろんな空間があらわれます。

竜神の館には見慣れたブタちゃんたちがいました!(芸術祭の作品ではありません)
ここにも来ていたのね~❤

最後に絵本と木の実の美術館へ。今回は野外に木のアーチが増設されました。
アーチにはかわいいおばけたちがたくさんぶら下がっています。何回行っても楽しめる美術館です。

ヤギさんたちも元気そうに草を食べていました。めくめく・・・
 

ついつい欲張って、あっちもこっちもと作品めぐりをしてしまいました。
芸術祭に一番大切なのは体力ですね・・・

 

松之山温泉フォトコンテスト開催中!

松之山を訪れた皆様、「こんなに素晴らしい景色があった!」「こんなに素敵な人と出会えた」など旅の思い出をInstagramに投稿しませんか?入賞者には豪華賞品が用意されていますよ。松之山での体験をみんなで共有して楽しみましょう♪
参加方法は ①Instagramで「松之山ぐらむ」をフォローする。②注意事項に同意する。③「#松之山温泉フォトコンテスト1」とタグ付けして投稿する。とっても簡単です!
くわしくはこちらを→松之山温泉フォトコンテスト

ブラックシンボル完成しました!

いよいよ3年に一度のビックイベント大地の芸術祭が開幕しました!
そして、松之山温泉街に新しい作品誕生です。
温泉街を通り抜け、薬師堂の入り口を過ぎてさらに登って行くと・・・

大きな大きな黒牛登場!
スペインの作家サンティアゴ・シエラさんによるブラックシンボルです。

これはスペインのワインメーカー「オズボーン社」の広告看板で、スペインのシンボル的なアート作品として親しまれているそうです。はるばる松之山温泉までやってきました。とにかくでっかくて高さは14mもあります。ぜひ近くで見てほしい!そしてこの場所は毎年1月15日に行われている伝統行事「すみ塗り」の会場です。真っ白な雪の中、真っ黒な牛と真っ黒なお顔たちがたくさん見られますね。

  

作家のサンティアゴ・シエラさん(左)と、オズボーン社のイヴァンさんが来日され竣工式が行われました。

オズボーンのシェリー酒をお神酒として捧げました。「大地の芸術祭が成功しますように…」「松之山にたくさん人が来ますように…」と祈りを込めて。
そしてこのシェリー酒は、8/1~8/31まで温泉街の里山ビジターセンターで無料で振る舞われるそうです。なんと太っ腹!作品を見た後はぜひ立ち寄ってみてね。(振る舞いは13:00~16:00まで)
イヴァンさんはママチャリで大厳寺高原まで行ったり、松之山を一人で駆け巡った強者です!
フジロックにも行く予定だとか…とっても豪快で気さくな方♥

竣工式の後は、みんなで乾杯!おしゃれなピンチョス~♪

温泉水でウオッシュしたラクレットチーズとホーリーバジルソースのカプレーゼや、豪華湯治牛をいただいちゃいました!

ブラックシンボルが見ている温泉街はこんな感じです。

これからずっと松之山温泉を静かに見守ってくれる、大きな存在です。

中坪(なかつぼ)メルヘンロード

ここは中坪メルヘンロード。松之山温泉街からちょっと山の方に入った静かな集落です。
雪が消えてから来てみたら、なんと住人が増えていました!

まずは窓辺から元気良く「よっ!」

シーソーで遊んでいる人たち。乗ってみようと思ったけど無理でした…

足の長いお兄さん、どんな歌を詠んでるの??

夏はやっぱりバニラバーだね!

私もこんな風にならないように気を付けなきゃ!

ちゃんと緑茶が入っています。

バスを待つ親子。今日はどこにおでかけかな。

こらこら、大人なんだから三輪車には乗っちゃいけません!

今日は雲一つない青空。鳥の声と葉っぱの揺れる音しか聞こえません。

「田植えが終わったね~」「そうだねえ~」

一日中、いろんな景色を撮っていたい…そんな空間です。

6月2日 美人林情報

今日は森の中からやさしいハーモニーが聞こえてきました。♪♬~♫♪
  

オカリナの音色です。新潟市からやってきたオカリナサークルの皆さんが演奏会を行っていました。数年前にこちらへ来た時にとっても良い場所だったので、それから毎年ここで演奏しているそうです。
家では音が響くためなかなか練習できないそうですが、ここではのびのびと練習ができてうれしいとのこと。
自然に足を止めて聞き入っている方がたくさんいました。
さわやかな森の中響くオカリナに野鳥の声も加わって、素敵なひと時となりました。

田植えが始まります!

今日は田んぼの水鏡に映る青空がとってもきれいでした。

田植えがいよいよ始まりますね~。
水鏡となった田んぼも美しいですがこの時期にもたくさんのお花が見られますのでご紹介します。

山にもたくさん咲いている藤の花ですが、こちらの藤棚もちょうど見ごろです。
松代から美人林へ向かう途中にある「志賀夘助(しがうすけ)公園」です。

ちょっと高台にあるので階段を登ってくださいね。後ろに見えるのはなめこ工場です。

志賀夘助さんとは、十日町市出身で昆虫採集の父と呼ばれ様々な道具を開発し昆虫学を広めた方です。
彼の残した標本が森の学校キョロロに大切に展示されていますので、ぜひご覧くださいね。
見たこともない宝石のように輝いている蝶々たちがたくさん見られますよ。
顕彰碑に刻まれている蝶々もかわいいですね。

田植えの時期に咲く花といえばタニウツギも多いですね。

周りにはノアザミも咲いていました。

タンポポはもう飛んでいく準備万端です!

青空に導かれて、大厳寺高原に向かってみました。
休日はカヌーやSUPを楽しむお客様で賑わう不動池ですが、今日は静かな湖面を称えています。

ここから信越トレイルの入り口に向かってみました。
途中にはまだユキツバキが咲いていましたよ!ギフチョウも飛んでいました。

牧場のブナの木がが青空に映えています。早く牛さんたち来ないかなあ~。

この先はまだ積雪があるため、通行止めとなっています。来週中には通れるかどうか。。。
帰りは棚田を撮ってみました。

田んぼを潤している水はブナ林で蓄えられた雪解け水です。
この水のおかげでおいしいお米ができるのですね。山菜に次ぐ豪雪の恵みです。
松之山では人々の生活圏にブナ林があります。このブナ林と里山との関係をこちらのストーリーでくわしく紹介していますのでぜひチェックしてみてください!

4月26日 美人林情報

いつもはゴールデンウイークまで雪が残るのですが、今年はあっという間に消えてしまいました。
もう初夏のような美人林です。

大物を発見!

直売所「青空市場」はもうオープンしています!木の芽やコゴメなど山菜がたくさんありますよ。

  

森森市は4月29日からオープンです!

今日はお天気も良いので、キョロロの森へ冒険に!(入館料が必要です)

奥のほうに雪が残っています。ここは毎年1月に行われる小正月行事「若木迎え」で若木をお供えする山です。

まだ桜が咲いていました。

ツグミかな?

池のほとりにはオオイワカガミが

スミレもたくさん咲いていました。

お友達発見!

キョロロの駐車場にそびえるキョロロ富士はこんなに小さくなりました。

週末もお天気が良さそうなのでぜひ探検してみてください。

お花見ランチ🌸

念願の桜公園でお花見ランチしちゃいました!
桜は満開になったものの、小雨が降ったり肌寒い日が続きなかなか行けませんでした。
ですが今日はポカポカの良いお天気!職場が近くのお友達と一緒にレッツゴー!

レジャーシートを敷いたの久しぶり。。。

松之山の雪下にんじんと、美田屋のがんも弁当。食べかけでごめんなさい。。。
フライパンで焼くだけでおいしいがんもです。炭火で焼けば絶品ですよ。バーベキューにおすすめ!

山側にも階段状になってたくさんの桜が咲いているんですよ!上に登っていくとまた違った景色をみることができます。今度登ってみよう!

中央の若い桜はこれから咲くそうです。濃いピンク色の桜です。一緒に咲くといいのにね~

ブナの新緑と桜のコラボ。心地よい風も吹いています。

まだ帰りたくないよ~。でも昼休みが終わっちゃう~!
高橋組さんの素敵なチャイムとともに撤収。。。
週末も良い天気が続きそうなのでぜひ行ってみてくださいね!桜公園はこちら

 

 

無題ドキュメント