お問い合わせ

じむきょく通信

HOME > じむきょく通信 > 中里エリア > 小松原湿原の現地調査

小松原湿原の現地調査

じむきょく通信
更新:2015/6/22

小松原湿原の現地調査

来月7月5日に催行予定の

小松原トレッキングのための現地調査に行ってきました!

小松原湿原ではその景色はもちろんの事

様々な珍しい生物や植物が観察できる貴重な場所。

また、湿原は一年に1mmしか成長しないと言われていて

長い時間をかけて自然が育んできた姿をみることができます。

では出発~

林道を進んでいくと足元がひんやり、

まだ雪がありました。

まず見つけたのはギンリョウソウ。

別名ユウレイタケ~

全体が透けた白色。

林道でたくさん見る事ができました。

お次はイワカガミ!

木道の脇でたくさん発見することができました。

湿原を華やかに彩ります。

こちらはブナの木!

ぐにゃ~と曲がってますね。

これは雪の重みからこのような形になったんですよ。

雪国ならではの形状です。

なかにはこんなねじれた形のブナが!

まるで角間のねじり杉を彷彿とさせますね(゜-゜)?

弘法大師がこのブナもねじって行ったのかな?

なんだか自然のパワーを感じます…

 

木の幹にはキノコ!

なんだかかわいい❤

どんどん進むぞ~

ひらけた湿原の先には

可憐なワタスゲが!!

木道の縁にはコバイケイソウがたくさん!

池塘の縁には白いメレンゲ状の…

これ実はモリアオガエルの卵なのです!

泡の塊の中には300~800の卵があるそうです(@_@;)

途中で雨が降ってしまいましたが、

様々な植物が観察できました。

小松原湿原トレッキングはまだまだ参加者募集中です。

ご希望の皆様はこちらをご覧ください。

 

無題ドキュメント