さとやまノート観光スポット

NHKドラマ「歩くひと」の特別編が再放送されました。

2021.05.06

「ちょっと、歩いてくるよ」
というセリフが印象的なNHKドラマ「歩くひと

第3話「忘れ物」は十日町市で撮影されました。
酔った主人公の目覚めた場所は「越後松代棚田群 蒲生の棚田」です。
近くには、棚田に咲く桜が印象的な「越後松代棚田群 儀明の棚田」もございます。

雪国ならでは、生命力を感じる根曲がりのブナ林は「美人林」です。
近くには、里山の小さな科学館「森の学校 キョロロ」や日本三大薬湯のひとつ「松之山温泉郷」がございます。
すれ違いが印象的なつり橋は、「瀬替えの郷 せんだ」のそばにある河童の吊橋です。
近くには、樹齢1200年といわれている「赤谷十二社の大ケヤキ」もご覧いただけます。顔を洗っていたのは「清津川フレッシュパーク」です。
近くには、アートと自然の融合する「清津峡渓谷トンネル」や、河岸段丘を眼下に望む「清田山キャンプ場」がございます。
ダムは「JR宮中取水ダム」、川は大河 信濃川です。
近くには色の変化する珍しい桜が楽しめる「黄桜の丘公園」やラフティングも楽しめる「ミオンなかさと」がございます。
赤い屋根の民家があるのは「美しい日本のむら景観コンテスト」で、農林水産大臣賞を受賞した「小白倉集落」です。
近くには、全国でも稀な山桜の巨木(なんと全国4位)「白倉のカスミザクラ」がございます。
最後は「越後松代棚田群 星峠の棚田」を歩いて歩いて…。
”歩くおと”も楽しい番組です。
来週5月12日(水)にも特別編(2)が放送されます。
十日町市が舞台となった特別編(1)を見逃してしまった方は、NHKプラスにて見逃し配信を行っています。

貴方も歩いてみませんか。

この記事をかいた人

観光協会スタッフ

さとやまノートを見ていただきありがとうございます! 観光協会スタッフが、十日町市の旬な情報をお届けしています。 毎回スタッフが現地を取材して投稿していますので他の投稿もぜひ見てみてくださいね。お待ちしています!