じむきょく通信

HOME > じむきょく通信 > イベント情報 > 「レルヒさんを探せ!」ついに発見!あの人は今…

「レルヒさんを探せ!」ついに発見!あの人は今…

じむきょく通信
更新:2013/10/2

「レルヒさんを探せ!」ついに発見!あの人は今…

今夏7月13日より始まった『レルヒさんを探せ!~夏の雪国!ゆる」キャラ(偽)からの挑戦状~』、参加された皆さまが(きっと)血眼になって、我らがレルヒさんの行方を探したあの!伝説的イベント(多分)が、9月30日で終了となりました。

果たしてレルヒさんは何処?!

10個のキーワードをすべて制した方ならもうお分かりかと思いますが(・o・)

↓ あの人は…

 「清津峡(きよつきょう)」に居ました!!

「見ツケテクレテアリガトウゴザイマス」

 

偽モノたちに捕えられていた割に元気そうなレルヒさん。

そんなレルヒさんは人気者。

たちまち囲まれるの図。

 

元気そうなので清津峡を案内してもらいました。

清津峡は、昭和24年に国立公園に指定された景勝地です。

黒部峡谷(富山県)・大杉峡谷(三重県)とともに、日本三大峡谷の1つとされています。

その景観は、マグマが冷えてかたまる際に収縮して出来た四~六角形の柱状の岩(柱状節理)が特徴的です。

この柱状節理は固いのですが崩れやすいため、渓谷に掘られたトンネル内の見晴らし所から見学するようになっています。

トンネル内には、清津峡の四季や自然をイメージした展示がされています。

ツキノワグマとレルヒさんの大きさ比較。(基準がよくわかりませんが)

柱状節理をバックに、うっすらとダンディズムが漂うポーズのレルヒさん。

これが柱状節理。

トンネル坑内には3か所の見晴し所と、見事なV字型の渓谷が堪能できるパノラマステーションがあります。

ここがパノラマステーション。

レルヒさんの見つめる先には…

この景色。

写真の腕がこの程度ですいません(/_;)

紅葉するとこのようになります。これからが絶好のシーズン!

この清津峡、四季折々の表情を見せてくれます。

↓ 緑萌ゆる春夏。

↓ 雪に覆われる冬も絶景。

パノラマステーションにて一息つくレルヒさん。

ここで「清津峡渓谷トンネル」の情報を。

≪所在地≫ 新潟県十日町市小出

≪TEL≫ 025-763-4800

≪入坑料≫ 大人500円/小中学生250円/幼児無料

≪開坑時間≫ 9:00~17:00(※季節により変動あり)

≪見学所要時間≫ 約60分(往復1,500m)

※坑内にお手洗いはないので、入る前に済ませましょう☆

トンネル近くには日帰り温泉やお土産屋さん、温泉旅館もあるので、泊まってのんびり旅行するには最適ですよ!

 

さて、無事に戻ってきたレルヒさん。

現在開催中の 『ゆるキャラグランプリ2013』 にエントリーしています。

10月2日現在、82位という熾烈な争いの渦中。

レルヒさんは多忙なのです(・。・;

 

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2013年10月1日

無題ドキュメント