歴史・文化に触れる

隠れキリシタンとマリア観音

HOME > 歴史・文化に触れる > 隠れキリシタンとマリア観音
隠れキリシタンとマリア観音

隠れキリシタンとマリア観音

隠れキリシタンとマリア観音

江戸幕府によって迫害や弾圧を受けたキリシタンは、人目を忍び、隠れて信仰を貫き通しました。
その為に巧妙なマリア観音や子育て地蔵を作り、それをマリアと信じて信仰の火を守り続けたといいます。
湯山の松蔭寺には、わが国でも3体しかないと言われる貴重なマリア像が所蔵されています。(外から見ることしか出来ません)
※11月中旬頃から4月下旬頃まで冬季休館となります。

 
マリア観音
 
所在地十日町市松之山湯山