さとやまノート清津峡のようす中里エリア

清津峡渓谷トンネルがあるのはこんな場所です。

2021.06.30

<清津峡プチ情報:清津峡周辺のお食事処>
清津峡渓谷トンネルに置いてある、中里エリアの旨いものが紹介された”さとめし”をチェック!周辺観光も掲載されているので、ぜひご覧ください。


 

ん?

んん?

じゃーん!清津峡渓谷トンネルの中にあるジオラマでした。
国の名勝・天然記念物に指定されている清津峡は全長約12㎞のV字形をした大峡谷。
昔は川沿いを歩いたそうですが、現在は安全に峡谷美をご覧いただけます。

清津峡には小さな温泉街があります。
清津館の露天風呂は、贅沢なことに借景が清津峡です。
笹小舎には、ここでしか手に入らない珍しい羊羹がありました。
今の時期、「蕨のおひたし」や「蕗のきんぴら」をだしてくれる渓谷に、なんだか懐かしいものがありました。
使っていなかったギターは、スピーカーに生まれ変わったそうです。
暖簾には「上信越高原国立公園」の文字があります。
清津峡は、「上信越高原国立公園(環境省)」と「国の名勝・天然記念物(文化庁)」に指定される場所です。

KIYOTSU CAFÉでは、酵素ジュースの仕込みが始まっていましたよ。
夏が来ますね。

お越しの際は、いろんな場所を覗いてみてください。
なんだか、不思議なモノを見つけるかもしれません。清津峡の事前予約について
清津峡の入坑券購入について

 

 

この記事をかいた人

観光協会スタッフ

さとやまノートを見ていただきありがとうございます! 観光協会スタッフが、十日町市の旬な情報をお届けしています。 毎回スタッフが現地を取材して投稿していますので他の投稿もぜひ見てみてくださいね。お待ちしています!