さとやまノート中里エリア

今しか見れない景色に出会いました。

2021.06.27

ワタスゲという高山植物をご存じですか。
今、小松原湿原では見頃を迎えています。

ワタスゲに会うまでは、結構な道のりを歩きます。
トレッキングというよりは、軽登山といった感じでしょうか。
ゲートに車を止め徒歩2時間ほど歩くと到着するのは、小松原湿原の入り口

斜面を登ったり、木道を歩いたり…

道の途中にであう可憐な花に癒されたり、

不可思議な植物を観察したり…。

秋には、葉が赤く紅葉する「ベニサラサドウダンツツジ」も、今は可愛らしい花を見ることができました。

池塘の周りも花盛り。

 

ここまで来るのに約2時間、ゲートから合わせれば約4時間。
歩いて出会えた景色は、アクセスが不便だからこそ残った景色なのかもしれません。

この記事をかいた人

観光協会スタッフ

さとやまノートを見ていただきありがとうございます! 観光協会スタッフが、十日町市の旬な情報をお届けしています。 毎回スタッフが現地を取材して投稿していますので他の投稿もぜひ見てみてくださいね。お待ちしています!