さとやまノート中里エリア

初夏の小松原湿原トレッキングツアーに行ってきました!

2022.08.05

小松原湿原は、苗場山の北側斜面に位置する、高層湿原。
毎年、初夏と秋にトレッキングツアーを実施しています。
初夏の開催の様子をレポートします。

7月17日、天気が危ぶまれていましたが、当日の朝はなんとか持ちこたえてくれました。
今回の参加者は10名、皆さん登山経験者で説明もスムーズでした。
グリーンピア津南でトイレに立ち寄り、登山口で身支度をしていざ出発!

樹林帯をゆっくりゆっくり歩きます。自然観察指導員の南雲先生が、草花や虫、鳥について詳しく説明してくださいます。

途中で大きなナメクジ発見!10センチ以上はありそうです(~_~;)
ベニサラサドウダンツツジ、マイズルソウ、トキソウなど、かわいい初夏の花が可憐に咲いていました。

これだけきれいなワタスゲを見ることができるのは貴重ですね。小さな楽園のようです。

午後の天気が思わしくないので、中の田代で早めの昼食をとり、ゆっくり下山しました。
午後はかなり雨に降られましたが、山登りを通じて個人的にはそれもまた一興と思えるようになりました。
皆さんは大変だったと思いますが・・・
無事に帰ってこられて何よりです。
秋も開催予定なので、色づく小松原湿原に会いに皆さんとお出かけしたいです。

小松原湿原について

  • 小松原湿原の情報はこちら

  • 小松原湿原トレッキングの概要はこちら

この記事をかいた人

まろ

旅に出るときは必ずシューズを持参し、旅先で早朝ランニングを楽しみます。観光地だけでなく、そこに暮らす人たちの息づかいを感じることが旅の醍醐味です。