県内最古の茅葺き屋根木造建築物

まつおじんじゃ国指定重要文化財「松苧神社」

明応6年(1497年)に建立され、県内最古の茅葺き屋根木造建築物として知られています。
標高360メートルの松苧山の山頂に鎮座しており、近郷では「松苧大権現」と呼ばれ、”麻織物の神”として信仰を集めました。
また、戦国時代には武将たちが戦勝を祈願したと言われ、上杉謙信が寄進したと伝えられる小刀と日の丸の軍配が奉納されていました。(現在、小刀と軍配はまつだい郷土資料館に保管されています。)

大同2年(807年)、坂上田村麻呂が奴奈川姫を祀るために創建したと伝えられる社殿。 本殿は、明応6年(1497年)建立の木造茅葺きで、県内最古の建築物として、国の重要文化財に指定されています。(昭和53年5月31日)※2019年茅葺屋根の葺き替えを行いました。
上杉謙信をはじめとする戦国の武将たちも祈りを捧げたと伝えられており、謙信寄進の小刀、日の丸の軍配が伝えられています。

5月8日の七つ詣り(ななつまいり:数え七歳の男の子が参拝する行事)には、多くの人で賑わいます。 松苧神社の資料は、郷土資料館にも展示されています。

information

基本情報

住所新潟県十日町市犬伏
交通アクセス●電車:ほくほく線「まつだい駅」下車、車にて約10分で登山道入口に到着
●車:関越自動車道「六日町インターチェンジ」または、北陸自動車道「上越インターチェンジ」より
それぞれ国道253号線経由、約60分で登山道入口に到着
※登山道入口から徒歩(山道)約25分で山頂に到着

問い合わせ先

問い合わせ先松代・松之山温泉観光案内所
電話番号025-597-3442