棚田のようすまつだい

10月16日 棚田情報

2018.10.18

十日町市≪松代地域≫

  朝晩めっきり寒くなり、こたつが恋くなりました。 
あまりに朝が寒くて厚着をすると、日中のお日様の下では汗ばみ、温度調節がむずかしいところです。
周りの山々は色づき始めたところもちらほら見えてきました。紅葉が始まってきたようです。

 棚田は稲刈りが終わり、秋の代掻きがはじまりました。
水が張られている田んぼもあるので、ビックリです。

 星峠の田んぼは『天水田』
近くの川から水を引いてくるのではなく、天から雨が降って田んぼに水が溜まるのを待ちます。
 よく「水はいつ入るの?」とお問合せをいただきますが、雨待ちなんです。
雨が降らないことには、水も溜まらなく、水鏡も見れないんです。

近くの花も秋の装いです

 

きゃっしい~会館わきのイチョウの木が鈴なりに実(銀杏)をつけていました。
(イチョウの木は所有者がいらっしゃいますから、銀杏も見てお楽しみくださいね)

 “生り物(木に実る物)が多いと雪が多い” なんて話を聞いたことがありますが、今年の雪はどれほどでしょうね

 ?下の写真(星峠の きゃっしい会館 十日町峠729番地)

 

この記事をかいた人

matsudai

さとやまノートを見ていただきありがとうございます! 観光協会スタッフが、十日町市の旬な情報をお届けしています。 毎回スタッフが現地を取材して投稿していますので他の投稿もぜひ見てみてくださいね。お待ちしています!