たしろのかぐら田代の神楽

今から300年ほど前に東頸城地方から伝えられたといわれる田代神楽は、伝統芸能を守り、文化財を後世に伝えようという「田代神楽座」の人々に守られ、今でも舞い継がれています。
毎年7月中旬には七ツ釜の入口にある十日町市中里地域田代集落で「七ツ釜まつり」が開催され、「神楽」や「水もらい」の行事を再現して行います。各種出店やイベントも企画され、特に深山酒や山菜おこわが大好評です

information

基本情報

住所新潟県十日町市田代