豪華作家をむかえ、「大地の芸術祭の里」の拠点に

えちごつまりさとやまげんだいびじゅつかん もね越後妻有里山現代美術館 MonET(モネ)

越後妻有里山現代美術館[キナーレ]は、越後妻有里山現代美術館 MonETモネ(英:Museum on Echigo-Tsumari)に改称し、常設作品の入れ替えを行い、2021年7月22日にリニューアルオープンいたします。名和晃平、中谷ミチコ、“目”などの著名な現代美術作家をむかえ、「大地の芸術祭の里」の拠点として構えます。

【新作作家】
名和晃平(日本)/中谷ミチコ(日本)/目(日本)/森山大道(日本)/イリヤ&エミリア・カバコフ(ロシア)/マルニクス・デネイス(オランダ)/ニコラ・ダロ(フランス)/ ※順不同
※ニコラ・ダロ作品は公開日調整中

また、1階の回廊には、株式会社良品計画がデザイン監修したコミュニティスペー スが誕生。美術館をひととおりご覧いただいたら、本スペースで限定販売する(7月22日~9月20日)米澤文雄シェフ監修の「TSUMARI BURGER~妻有ポークのスペシャルメンチカツ」がお召し上がりいただけます。

「今年の越後妻有」を楽しもう!

「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2021」は延期となりましたが、「今年の越後妻有」と題して美しい自然やアートをお楽しみいただけます。

越後妻有里山現代美術館 MonET(モネ)をはじめ、まつだい雪国農耕文化村センター「農舞台」のリニューアルオープンなど魅力が満載です。

オフィシャルウェブサイトでは、新作の公開情報、オフィシャルツアー、モデルコースなどの情報が随時更新されます。ぜひご覧ください。

※「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2021」の開催日程は未定です。

詳しくはこちら

information

基本情報

住所新潟県十日町市本町六の1丁目71-2
駐車場●普通車:約360台
●大型バス:可
営業時間10時00分-17時00分 ※芸術祭期間中は9時00分-19時00分(企画展によって変更あり)
●定休日 水曜日 ※芸術祭期間中は無休
料金特別企画展 1000円(小中学生 500円)※常設展示含む
常設展 800円(小中学生 400円)
※10月31日までのリニューアルオープン特別価格

問い合わせ先

問い合わせ先越後妻有里山現代美術館
電話番号025-761-7767
関連サイト