築150年以上の古民家を、彫刻刀で彫って作り上げたアート作品

だっぴするいえ脱皮する家

2006年の『第3回大地の芸術祭』で制作された「脱皮する家」
鞍掛純一+日本大学芸術学部彫刻コース有志が、築150年を超える豪雪地の木造民家の壁、床、柱など至るところを鑿(のみ)で彫り抜き、家屋の新たな一面を表出させたアート作品です。
企画構想から作成、完成まで約2年半、延べ3,000人が関わり、空き家をアートとして見事に脱皮・再生させました。
近くには、棚田の撮影スポットとして全国からカメラマンが訪れる「星峠の棚田」があり、アートのみならず、美しい棚田、澄んだ空気、静かな夜、農村に流れる贅沢な時間を過ごすことができます。

information

基本情報

住所新潟県十日町市峠776
交通アクセス●関越自動車道「塩沢石打I.C」より約1時間
国道353号を上越方面へ進み、池尻交差点から国道403号大島・上越方面へ
駐車場●普通車:公民館(きゃっしー会館)に駐車
営業時間不定期開館(大地の芸術祭トリエンナーレ会期、及び季節プログラムにあわせた開館・宿泊)
※2021年度の宿泊予約については、準備出来次第公式ウェブサイトにてご案内します。
料金【入館】大人500円、小・中学生250円
※芸術祭・四季プログラム会期中は作品鑑賞パスポートまたは共通チケットを購入ください
【宿泊】お一人様 25,000円(朝夕食付き)
サービス・設備
  • 一棟貸
  • 素泊まり
備考収容人数 10名
※予約は4日前まで受付。
オンライン予約もできます。詳しくはHPをご覧ください。

問い合わせ先

問い合わせ先「大地の芸術祭の里」総合案内所
電話番号025-761-7767
FAX番号025-761-7911
関連サイト