さとやまノート紅葉中里エリア

【中里】小松原湿原トレッキングツアーに行ってきました!

2019.10.17

新潟県自然環境保全地域に指定されている「小松原湿原」は、苗場山の北側斜面まで広がる美しい湿原。
鮮やかに紅葉する美しさを堪能できるトレッキングツアーを、9月29日に催行しました!

ちょっとお天気が心配でしたが、奇跡的に晴れました!!
歩き出すと、青空が林の間から見えてきました。日に焼けそう~(*´Д`)と心配になるくらいな日差し。
ブナ林の緑がきらきらしています☆

片道3時間半、往路はしばらく登りが続きます。
ひたすら上へと続くけもの道(たまにブナ林)、道中にたたずむ珍しい植物、垣間見える青空。

湿原は標高の低い順位に、下の代(しものしろ)、中の代、上の代と呼ばれています。

湿原の標高は約1350~1600mほど。
平地よりはるかに早く、あざやかに色づいています。
片道約3時間半、今回は上の代の木道でお昼を頂きまーす(‘◇’)ゞ

 

頂上の湿原は、頑張って登った人だけが見られる景色です。
点在する池塘に空が映りこんできれいです。
お昼から少し曇ってきましたが、一日お天気が持ってくれました。

さて、このトレッキングの醍醐味でもある山野草も勿論チェックしました!

ベニサラサドウダン

イワショウブ

ウメバチソウ

オヤマリンドウ

ヤマウルシの紅葉

ツクバネソウの実

山にはいろんなきのこが生えてます。
名前が不明なものがありますが、本日のきのこコレクション。

カノシタ  名前の由来は“鹿の舌”みたいだから?

ナラタケ 食用としてよく知られてます

すいません<(_ _)>名前が不明です…  黄色が鮮やかなきのこ

こちらも名前知れず<(_ _)> 腐ってるの?と思ってしまうような真っ黒なきのこ

生き物たちにも遭遇!

ノビタキ(メス) つぶらな瞳がとにかくかわいい( *´艸`)

ヤマナメクジ ダメな人はダメなやつ…10cmくらいあったかも(‘Д’)

こちらはクマの足跡。
今年は特に目撃情報が多発しています。山へ入るときは、クマ除け対策を万全にして行きましょう!
小松原湿原トレッキングも、クマ除けスプレー持参で臨みました。

 

事故もなく、無事に皆さんが湿原の美しい紅葉を楽しまれ終了しました。
がんばって登った人だけが見られる景色を見に来てみませんか?
山の天気は気まぐれなので(^-^; 体調と装備を万端にして、楽しく一緒に歩きましょう!!

この記事をかいた人

tokamachi

さとやまノートを見ていただきありがとうございます! 観光協会スタッフが、十日町市の旬な情報をお届けしています。 毎回スタッフが現地を取材して投稿していますので他の投稿もぜひ見てみてくださいね。お待ちしています!