里山を巡る全長80kmのロングトレイル

しんえつとれいる信越トレイル

信越トレイルはボランティアの皆さんの協力で整備されています。こだわりは「爪でひっかいた木こり道のようなトレイル」。くぐれるような木はできるだけ切らずに、人がひとり通れる程度の最低限の整備を行います。大きな負荷を自然に与えない、ハンドメイドな道づくりをしています。

国内のロングトレイルの先駆けである「信越トレイル」は、2008年9月に全線開通。全国のハイカーが「一度は歩きたい道」として挙げる、日本を代表するロングトレイルです。
長野と新潟の県境に連なる関田(せきだ)山脈のほぼ尾根上、斑尾山から天水(あまみず)山にわたり、総延長は全長80km、沿線にはブナ林に育まれた豊な自然と、古くからの歴史や雪国ならではの暮らしや文化が残ります。
松之山地内では、長野県栄村との境となる「深坂(みさか)峠」からトレイル北の起点「天水山」までがルートとなっており、特にこの区間は手つかずの深い森が残っているのが特徴です。さらに稜線上から望む日本海側の眺望やブナの巨木など、見どころもたくさんあります。
また、2021年秋には天水山より西、苗場山へ至る延伸区間が開通予定。その全長は110kmとなり、ロングトレイルの醍醐味である「歩くこと」そのものをより楽しめるトレイルへと進化します。
※大厳寺高原「レストハウス希望館」は、信越トレイルビジターセンターに指定されています。
お問合せ:NPO法人信越トレイルクラブ事務局

movieShin-etsu Trail Promotional Video

information

問い合わせ先

問い合わせ先NPO法人信越トレイルクラブ事務局
電話番号0269-69-2888
FAX番号0269-69-2288
メールアドレスメールを送る
関連サイト