定番&おすすめ「十日町市のお土産」13選!

 

楽しい旅の時間はあっという間に過ぎていくもの。

大切なあの人へのお土産はもちろん、自分への旅の思い出に、
余韻とともに味わっていただきたい絶対に外せない十日町のお土産を集めました!

 

日本一のおいしさ
「魚沼産コシヒカリ」

十日町市は、何を隠そう日本一の名声を誇る魚沼コシヒカリの産地。一度食べたら忘れられない、つやつやと光り輝く、ふっくらとした炊き立てのコシヒカリ。十日町市で味わったあの味を、是非ご自宅でも味わってみてください。

もちもち食感が癖になる「しんこ餅」

松之山温泉のお土産と言えばこれ。
うるち米で出来たもっちり純白のお餅の中に、甘さを抑えたこしあんが入っています。もちもち食感と上品な甘さは、一度食べたらやみつきになること間違いなし!

究極のど越し「へぎそば」

布海苔という海藻をつなぎに使った、この地域特有の日本そば。へぎと呼ばれる木製の器に、手繰りと呼ばれる手法で一口大に盛りつけられます。つるりとした食感と、コシの強さが特徴のへぎそばは、お土産としても大人気。
ご自宅で手繰りにチャレンジしてみませんか?

松之山温泉ミスト

日本三大薬湯・松之山温泉は言わずと知れた美肌の湯。値の15倍もの温泉成分が含まれ、保湿・美肌効果のあるメタケイ酸が豊富な泉質は、天然の化粧水のよう。
そんな松之山温泉と水だけで作られた化学成分無添加の化粧水で、ご自宅でも美肌を保ちましょう!

旬の味!雪国の山菜と地場野菜

雪の恵みを受け、育つ山菜や野菜はまさに絶品!雪解けから5月上旬ごろまでが山菜のシーズンです。
代表的なウドやタラの芽、ふきのとうの他に、アサツキや木の芽など、ほかの地域ではあくが強く食べる習慣のない珍しい山菜もあります。

世界で唯一!? リアル山菜プリント「着る山菜」

十日町市在住の山菜を愛するカメラマンが作ったリアル山菜グッズ。Tシャツにパーカー、トートバックをはじめ、マスクや手ぬぐい、ポストカードまで幅広いラインナップ。
これを持っていれば、あなたも十日町通!

雪の下に野菜が眠る!?

雪の下で甘みを引き出す越冬野菜も忘れずに。雪の下にんじんは驚くほどの甘みがあり、にんじんジュースも人気のお土産の1つ
です。

巷にあまり出回らない!?レアな十日町の地酒

十日町市内には、米どころが誇る2つの酒蔵があります。代表的な銘柄は、爽やかな辛口が特徴の「松乃井」と、味わい深い「天神囃子」。

地元愛がたっぷり詰まった「妻有ビール」

十日町の地ビール「妻有ビール」は、地元を愛する女性が立ち上げた地域初のブルワリー。地元産のそばの実をローストして使用したそばエールや、定番の豪雪ペールエール、めでたしゴールデンエールの他にも季節ごとのクラフトビールを醸造。
醸造所や一部酒屋にて、オリジナルグラウラー(税別800円)に量り売りで購入をすることができます。

愛くるしい姿がたまらない!「野鳥こけし」

地元のお母さん方によってひとつひとつ手作りされる民芸品「野鳥こけし」は、松之山のお土産品として長い間愛されてきました。やさしい風合いの胴体は染色した綿を貼り合わせてできていて、一見するとまるで本物の鳥のような精巧さ。
お気に入りの1羽を探してみてください。

とろける味わい「妻有ポーク」

十日町市・津南町で育つ銘柄豚「妻有ポーク」は、豚肉特有の畜臭やえぐみが一切なく、肉質はキメ細やかで柔らかくしっかりとしています。一般的な豚肉に比べ脂身の融点が低く、口の中で脂身がとろけ、芳醇な旨味と甘みが口いっぱいに広がります。
ウインナーやハム、ベーコンなど、お土産用の加工製品も充実しています。
写真提供:JA十日町

大人気の縁起物「チンコロ」

毎年1月にある節季市で販売される「チンコロ」は、犬や猫、干支の形をしたかわいらしい米粉(しんこ)細工。たくさんヒビが入るほど幸せになれると言われ、縁起物としても大人気。本物のチンコロは、節季市などをはじめとした冬にしか手に入りませんが、最近は樹脂粘土製の「割れないチンコロ」もありますよ。

隠れた名産品「きのこ」

えのきたけ、なめこ、えりんぎなど、十日町市内では日本全国に出荷されている、多くのきのこを生産しています。
料理のわき役の印象があるキノコですが、低カロリーで食物繊維やビタミンB類などが豊富に含まれるほか、免疫力を高める食材としても注目されています。