お問い合わせ

おしらせ

HOME > おしらせ > 「究極の雪国とおかまち -真説!豪雪地ものがたり-」が日本遺産に認定されました

「究極の雪国とおかまち -真説!豪雪地ものがたり-」が日本遺産に認定されました

おしらせ
更新:2020/6/23

「究極の雪国とおかまち -真説!豪雪地ものがたり-」が日本遺産に認定されました

文化庁が認定する、令和2年度「日本遺産」に十日町市の申請したストーリー「究極の雪国とおかまち ―真説!豪雪地ものがたりー」が認定されました。

「究極の雪国とおかまち ―真説!豪雪地ものがたりー」

ストーリー

世界有数の豪雪地として知られる十日町市。ここには豪雪に育まれた「着もの・食べもの・ 建もの・まつり・美」のものがたりが揃っている。人々は雪と闘いながらもその恵みを活かして暮らし、雪の中に楽しみさえも見出してこの地に住み継いできた。ここは真の豪雪地ものがたりを体感できる究極の雪国である。

詳しいストーリーはこちら(十日町市博物館ホームページに移動します)

 

日本遺産とは(文化庁資料より)

地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産(Japan Heritage)」に認定するとともに,ストーリーを語る上で不可欠な魅力ある有形・無形の文化財群を地域が主体となって総合的に整備・活用し,国内外に戦略的に発信することにより,地域の活性化を図るものです。

日本遺産に関する詳細は下記のリンク先を参照してください。

■「日本遺産(Japan Heritage)」について(文化庁) https://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkazai/nihon_isan/

■日本遺産ポータルサイト https://japan-heritage.bunka.go.jp/ja/