美人林(びじんばやし)

松口の丘陵に樹齢約100年ほどのブナの木が一面に生い茂っています。あまりにもブナの立ち姿が美しいことから「美人林」と呼ばれるようになりました。大正末期、木炭にするため全て伐採され裸山になりました。ところが翌年、この山のブナの若芽が一斉に生えだし、ブナ林が野鳥の生息地として見直され、美人林が保護されるようになりました。
(外気より気温が2℃低いと言われております)

 

◆美人林の成り立ちを知りたい方はこの記事をチェック! 「年間10万人が訪れる美人林はなぜ生まれたか」

 
所在地 十日町市松之山松口1712-2付近
電話番号 松代・松之山温泉観光案内所 
025-597-3442

美人林パンフレット(PDF・A4両面)

 
 
CATEGORY

イベントに参加する

[child_pages id="2662"] [child_pages id="2696"] [child_pages id="2701"]
 
[child_pages id="2719"] [child_pages id="2721"]
 
[child_pages id="2723"] [child_pages id="2725"] [child_pages id="2727"]
 
[child_pages id="2729"] [child_pages id="2731"] [child_pages id="2733"] [child_pages id="2735"] [child_pages id="2737"]