お問い合わせ

清津峡のようす

HOME > 清津峡のようす > 登山道 > 清津峡登山 最終回・・・になるかな。

清津峡登山 最終回・・・になるかな。

清津峡のようす
更新:2013/10/18

清津峡登山 最終回・・・になるかな。

清津峡登山も足尾沢橋で後半戦です。いくつもの困難をこえ、ここどう行けばいいの?道ないよ。と独り言のようにつぶやきながら、黙々と歩く。なんで歩いてんだろうとふと思いました。

ようやく足尾沢橋になんか少しほっとしたというか、何とも言えない気持ちでした。

足尾沢の景色はこんな感じです。水が澄んでいたので、とにかく足を入れたい衝動にかられました。ここで少し早めのお昼と言うことで、おにぎりを・・・

疲れた足をアイシングして・・・でも、ちゅべたい15秒も入れてられないほどでしたが、気持ちいい私が腰かけたところでふと隣の石を見たら

沢蟹くんがひなたぼっこしてました。

しばらくは川の音と、足を休め帰りの元気を補充です。

しばしのお昼休憩をして歩きだしたのはいいんですが・・・体が重い?!足が上がらない?また、これに慣れるまでに、頑張らねば

もう、登りはないですよね・・・と聞いたときそんなにないと・・・

えっ。ここどこに行けばいいの?

↑あるけどここに行くの?ずっと上??と不安になるとこばかり・・・スパイダーマンみたいになりながら、前の行く人と同じとこへ・・・

そんなこんな目をして高石沢まで来ました。あまりの岩登りで緊張しましたよ。自分で落石してしまうほどなんですよ。ごめんなさーい。って感じです。

見てぇ。キノコですよ。半透明でなんかグミにみたいでしょ

やっと鹿飛橋が見えてきました。やっとここまで来ました。

鹿飛橋の上からの景色ですよ。間近に見えますが、かなりの高さですよ!

湯沢八木沢から来るとこの看板が、湯沢側から来る方はあの綱を登るの??と私は考えられません。下りるので精一杯なのに。あとはここまでくれば、ブナ林のトレッキング感覚で歩くことが出来ます。少し、登り下りはありますが。トレッキングを楽しむのであれば湯沢からここまで来るのがいいと思います。

こんな景色を見ながら最後の道のりです。

これは土あけびだそうです。なんかサツマイモみたいですよね。

ジャジャーん。ついに湯沢八木沢にとうちゃーく。足はもうクタクタ。最後は無言で歩いてきた状態です。明日の自分の体を考えるとぞっとしました。で、やっぱりひどい事になりました。とにかく雨が降らなかったのでよかったのですが、雨が降ればもっと足場が悪くなるので、清津峡登山はほんとに上級者向きです。登山計画をしっかりし、無理のない計画でお願いします。縦走で7~8時間はかかります。秋などの日没の早い時期は余裕をもって行動して下さい。

これで3回に分けた清津峡登山、終了です。では、紅葉の清津峡の状況ブログを楽しみにしてて下さい。

では、また

 

撮影日:2013年10月10日

無題ドキュメント