お問い合わせ

じむきょく通信

HOME > じむきょく通信 > 観光地情報 > 十日町新緑の里山めぐりツアー

十日町新緑の里山めぐりツアー

じむきょく通信
更新:2012/5/10

十日町新緑の里山めぐりツアー

十日町にもようやく春の訪れ。

雪もとけ、山々には新緑も芽吹き、旅行にはもってこいの季節到来!

そんなわけでこちらのツアー。

JR東日本びゅうオプショナルプラン 『十日町 新緑の里山めぐりツアー』

十日町を気軽に楽しむ日帰りツアーです。

めぐるルートはこの通り。

越後湯沢駅発 ⇒ 清津峡まつだい農舞台(昼食) ⇒ 星峠の棚田 ⇒ 美人林森の学校キョロロナステビュウ湯の山(入浴) ⇒越後湯沢駅着

5月4日(金)と5日(土)に催行したツアーの様子をご紹介します。

4日は朝から雨。でもめげずに出発~。

越後交通様のマイクロバスですいすい行きますよ~。

ちなみに翌5日は晴れました(・o・)

越後湯沢駅から国道353号を通り、まずは清津峡へ。

渓谷の画像がなくてすいません・・・<(_ _)>

こちらは清津峡渓谷トンネル手前の駐車場の様子。

そして国道253号へ抜け、松代方面へ。

昼食は、まつだい農舞台の中のレストラン「越後まつだい里山食堂」でいただきます。

土日祝日はランチバイキング。好きなものを好きなだけ。

地元で採れた山菜や野菜がメイン。

お腹いっぱい頂いても体に優しいメニューです。

お腹いっぱいでバスに乗ると猛烈に眠くなります(・。・;

眠ってしまわないうちに星峠の棚田へGO!

しかし前方に大量の霧が・・・

到着~。当日(4日)は雨。

星峠はまだまだ積雪が多く、そこからたちのぼる猛烈は霧でえらいことになっています。

水墨画のごとし。

これはこれで貴重な画かも?

霧の星峠を後にし、一路美人林へ。

この美人林、森の学校キョロロのすぐ向かいにあります。

山笠&蓑のトラディショナルスタイルで登場!

ガイドをしていただいたキョロロの村山館長。

山笠と蓑って、手ぶらで作業が可能+装着も簡単なのです。

美人林は樹齢80年ほどのブナの林。

ブナがどのように成長してゆくか、林の中にある池の役割、雪の上に落ちたブナの実(種)のこと。

とてもわかりやすく興味深いお話ばかりで、ツアー参加者でない観光客の方も集まって来られていました。

当日(4日)は雨の美人林。

この風景、雨ならではの幻想的な風景。

こちらは翌日5日の様子。

晴れ間の美人林、新緑がまぶしい~。

お隣のキョロロにて。

現在、美人林の写真展が行われています。(※写真撮影は禁止です)

四季の美人林に目を奪われっぱなし。

食の体験工房の中での1枚。

キョロロから松之山温泉方面へ。

ツアーの最後は、日帰り温泉施設「ナステビュウ湯の山」でのご入浴。

松之山温泉は、塩気が強いナトリウム・カルシウム・塩化物温泉。

体が本当にあったまるんです。

ほかほかの体でバスに乗ると猛烈に眠くなります(2回目)(・。・;

越後湯沢駅へお客様をお見送り、ツアーは終了。

この「新緑の里山めぐりツアー」は、5月の18・19・20日も募集しています。

春の十日町を堪能したい方はぜひ!!

 

無題ドキュメント