お問い合わせ

じむきょく通信

HOME > じむきょく通信 > イベント情報 > きのこ講習会in松之山大厳寺高原

きのこ講習会in松之山大厳寺高原

じむきょく通信
更新:2011/10/13

きのこ講習会in松之山大厳寺高原

先週8日の土曜日にきのこ講習会を開催しましたので、その模様をご紹介します。

毎年この「きのこ講習会」は雨に祟られ寒い日が多いのですが、この日は気持ちのいい秋晴れ。約50名の方からご参加いただき、暖かな日差しの下で行うことができました。

まずはきのこ探しから

松之山では通称「もぐら」、

ほかの所では「あまんだれ」と呼ばれるナラタケを多く採ることができたようです。

そしてきのこ博士である松之山温泉のお宿「凌雲閣」の板長が用意してくださった見本用のきのこは、食用・無毒・毒キノコ合わせて約100種類!!ですが、これでも今年は少ない方とのこと。

これ食べられるの?といった食用きのこから、毒キノコには見えないきのこまで・・・、そして見た目普通なのに切ると中がゼリー状のものや、冬虫夏草といったものまで、見てると本当におもしろい

参加者が採ってきたきのこを博士が鑑定し、そして見本きのこを見ながら見分け方などを伝授。

お昼をはさみ、調理法・保存法などの講演がありました。

見分けるのは、慣れるまで難しいかもしれません。わからなければ、各地域の保健所に一人はきのこに詳しい方がいるので、容易に判断せず保健所に持って行ってみてください。秋の山の恵み「きのこ」を楽しみましょう。

とのお話で締めくくられました。

 

撮影日:2011年10月8日

無題ドキュメント