むこ投げ・すみ塗り

【むこ投げ】
 江戸時代のころから天水越(あまみずこし)地域に伝わる小正月行事で
ヤブ入りの1月17日朝に行われていた小正月行事ですが、今は隣の湯本地区
に引き継ぎ1月15日の午後行われています。

昔は前年にこの集落からお嫁さんをもらった他の集落のお婿さんがヤブ入りに
初めてお嫁さんの実家に泊まりに来ると、むこ投げの洗礼を受けたそうです。
お嫁さんを追い出すなどの粗末な扱いを禁じた風習ともいわれ、また、よそ者に
集落の娘をとられた腹いせや、うらやみなどから行われたともいわれています。

松之山湯本にある薬師堂の5mほどある崖の上から豪快にお婿さんを投げ落とす
行事ですが、豪雪地帯のこの土地では雪がクッションとなるのでけがをする
ことはありません。
お婿さんは崖下にいる見物客の冷やかしや笑いの声の中まで転がり、雪の中を
這い出す夫を新妻が助けることで新婚夫婦の絆がより深くなるようにと願う
周囲の声がけや笑顔の絶えない温かな行事です。

【すみ塗り】
 正月に飾ったしめ飾りや神棚の札、書初めなどを持ち寄り、雑木と稲わらで
作った高い塔(賽の神)の元に集めます。
神主が祈りをささげた後、賽の神に火をつけ家業の繁栄と無病息災を祈る
「どんど焼き」ともいわれる行事です。

むこ投げを行う「薬師堂」を参拝した後、厳かに火入れが行われるこの
「どんど焼き」は松之山各集落でも行われていますが、湯本のどんど焼きでは
ここからが『奇祭』たる由縁となります。

火が燃えつきるころ、そこでできた灰と雪を掌で混ぜ合わせスミをつくり
誰かれとなく「おめでとう」を言いながらお互いの顔にスミを塗り合います。
誰なのかすぐに見分けられないほどスミを塗られますが、みんな笑顔。
真っ黒になればなるほど、お祝い効果が高いともいわれています。
汚れても良い服装でぜひ参加してください。

 
 
場所 十日町市松之山湯本 松之山温泉街 薬師堂付近
電話番号 松代・松之山温泉観光案内所 
025-597-3442
駐車場 あり