お問い合わせ

アーカイブ

HOME > 2020年 > 2月

【松代・松之山】冬と春の間

■松代・松之山温泉観光案内所より■

「まつだい駅」今朝の様子です。

しばらく晴れや雨の日が続き、足元の雪は消え緑色の草まで見えていましたが
今日は久しぶりの雪模様です。
まだ2月28日。 例年であれば、まったく珍しくない景色なのですが
昨日まではまるで春の景色だったので、一気に冬景色に早変わりの朝です。

ただ、まつだい駅併設の道の駅内には春の幸が届き始めています^^

「ふきのとう」が出荷され、施設内のおみやげ店とファミリマートで販売
されていましたよ♪

店頭にはあたたかな鍋料理などに最適な食材「キノコ類」も販売されていて
冬と春の間の季節を感じる品ぞろえとなっていました^^

さて、ふきのとうをどう楽しみましょうか♪
天ぷらもいいですねぇ。 塩を加えた沸騰したお湯でサッと茹で
冷水でさらすと、きれいな緑色がさらに映えます。 味噌で和えたり
ゴマで和えたり、オリーブオイルで和えててパスタと食べるのもいいかも
しれませんねぇ^^

一足早い春の味覚を楽しめる季節がやってきました。

【日帰り】タクシーでめぐる十日町

タクシーでめぐるプチツアー!酒蔵見学にへぎそばの昼食付き

<新型コロナウイルス感染対策として留意すべき事項>
当ツアーは、新型コロナウイルス感染対策として下記事項に留意し実施いたします。参加者からも対策へのご協力をお願い致します。

  • ・参加者及びツアー関係者のマスク着用と体温測定を実施するとともに、手洗い・消毒を励行します。
  • ・人と人が対面する場所では、対人距離(できるだけ2mを目安に最低1m)保つよう努めます。
  • ・送迎については、密集しない運行に努めます。
  • ・主催者は「旅行業における新型コロナウイルス対応ガイドライン」に留意し、感染防止に努めます。

十日町を存分に“味わう・楽しむ”ツアーをご用意しました。
名物「ふのりそば」の昼食、米どころ十日町の地元酒蔵見学をお楽しみください。

十日町駅西口発着 日帰りツアー
【旅行代金】大人・小中学生 3,800円/幼児(食事なし)1,600円
※交通費、昼食代、ガイド料、保険料、消費税込
定員/8名(最少催行 2名)
【集合】十日町駅西口/12:40集合(事前予約制)

 出発日

8月21日(金)、22日(土)、28日(金)、29日(土)
9月18日(金)、19日(土)、25日(金)、26日(土)
※新型コロナウイルスの感染拡大の状況を踏まえ、4月・5月・6月の催行を中止とさせていただきます。

 行程

12:40 集合 十日町市総合観光案内所(十日町駅西口) — 小嶋屋和亭(昼食)— 地元酒蔵見学 魚沼酒蔵or松乃井酒造 — 14:40 十日町駅西口着

 

【お申込み】

申込み〆切:各催行日の3日前まで
※ご予約の前に必ずご旅行条件書をご確認ください。

ご予約はこちらから

 

【お問い合わせ】

一般社団法人 十日町市観光協会
TEL:025-757-3345/FAX:025-757-5150

【松之山】清酒「松風」復活!

■松代・松之山温泉観光案内所より■

かつて松之山酒造株式会社(松之山・下川手集落)によって昭和12年頃まで造られていた清酒「松風」。地元を盛り上げたいという下川手集落の人々の思いからこのたび復活し、お披露目会が開催されました。

松之山・下川手は美しいブナ林「美人林」を有し、夏にはホタルが飛び交う幻想的な光景を鑑賞できるなど、大変自然豊かな集落です。

「松風」は、地元松之山(川手地区)のお米「五百万石」を100%使用、醸造アルコールを使用しない、精米歩合60%の特別純米酒です。醸造は新潟第一酒造株式会社、ラベルには伊沢和紙(松代)を使用し題字は地元の柳久作さんによるものです。
お披露目会になんとか間に合ったという出来立てほやほやの生酒は、甘口なのにスッキリとしていて日本酒好きも納得の出来。芳醇な香りから白ワインの様と例える方もいらっしゃいました。

題字を書いた柳久作さん。

完成の日を迎え、集落のみなさんはとっても嬉しそうです。
今は亡き先人たちにも報告したいと誇らしげでもあり、胸が熱くなりました。

今後は販路を広げ、松之山の地酒として地域を盛り上げていきたいとのこと。
春には火入れ予定のため生酒を味わえるのは今だけです。
みなさんもぜひご賞味ください!

特別純米酒「松風」
720ml 1,700円(今年は限定400本)
一升瓶   3,500円(今年は限定80本)
※販売は2月26日より。

<購入についてのお問い合わせはこちら>
・大棟山美術博物館…十日町市松之山1222 電話:025-596-2051(見学は冬季閉鎖)
・新潟第一酒造株式会社…上越市浦川原区横川660 電話:025-599-2236

※松之山温泉街のある「十一屋商店」さんでも購入できます!(2/27追記)

JA東京スマイル雪まつり

皆さまこんにちは。

十日町きもの女王2019の丸山です!私の最初で最後の東京での出務についてご報告です。

時間が少したってしまいましたが、2月8日にJA東京スマイル雪まつりが開催されました。

JA東京スマイル葛飾支店で行われるこの雪まつりは今年で5回目を迎えました!この地域では毎年、他にも複数の雪まつりが行われているそうですが、今年は暖冬小雪の影響で開催中止を余儀なくされているそうです。

私が参加したJAさんの雪まつりは十日町の雪によって無事に開催ができたそうです!

オープニングセレモニーでは、ネージュと一緒にご挨拶させていただきました。日程やイベント内容の変更はありましたが、皆様をおもてなしする準備は進んでいますとアピールさせて頂きました!

当日は十日町、新潟の物産品も販売され多くの方に手に取っていただきました。

また、ネージュも大人気でした!JAさんのマスコットキャラクターの『よりぞう』くんも当日は一緒に参加していましたが、子供も大人もふたり?のふわふわのボディにメロメロでした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供たちは雪の大きな滑り台で遊んだり、雪像をさわったり、雪だるまを作ったりと楽しそうに遊んでいました!その姿を見て、雪から生まれる想像力やワクワクを改めて感じ、大変嬉しい気持ちになりました!

雪、美味しい物産品、そして素敵な着物を通して十日町の魅力を東京の皆さまに伝えられる貴重な機会となりました!

JA東京スマイル葛飾支店の皆さま、当日イベントに足を運んでくださった皆さま、イベントの為に雪の運搬、雪像づくりをしてくださった皆さま、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

  十日町きもの女王2019 丸山夢乃

清津峡渓谷トンネル、何が変わった?!【十日町市/清津峡】

先日、予定より早くメンテナンス休業が明けた「清津峡渓谷トンネル」。

このメンテナンス期間でどうやらパワーアップしたと聞いて、またもお邪魔してきました(*´▽`*)

 

①パノラマステーションの水鏡が歩きやすくなった!!!

清津峡渓谷トンネルの一番奥、パノラマステーション。

床に水が張られていますが、写真のように壁と手すりに沿って一部浅くなっているため、

こんな感じで浅い部分を歩けるんですが、

水が張られているがゆえに、どうしても靴が濡れやすくなってしまっていた( ;∀;)

こちらが微調整されて、水深が浅く!!!なったのだとかーーー✨

  
▲スニーカーでいざ入水!            ▲底の部分が若干浸かる感じ

実際に歩いてみましたが、確かに前より歩きやすい(*´▽`*)

ゆっくり歩けば、この通り!

メッシュタイプのスニーカーでも、

かなり歩きやすく鑑賞することができるようになっていました(*´▽`*)感動~

ただし、中央部につれて水深は深くなるので、気を付けてくださいね。


▲中央部分に足をつけるとこのくらい浸かってしまいました。ご注意!

 

 

②見晴らし所でWi-Fiが使えるようになった!!!

いままではトンネルに入ると、ほとんど圏外だったのですが、

待望の『フリーWi-Fi』が設置されておりました!!!!✨

各見晴らし所の付近に設置されているので、写真を撮ったらすぐアップ・・・なーんてことができるようになりました♪

また、トンネル内は片道750mと長いので、ちょっと休憩がてらスマホをポチポチ・・・。

なにかと便利ですよね!

ということで、地味にパワーアップを遂げていたのでした✨

今だけの雪景色の清津峡、ぜひ遊びに来てみてはいかがでしょうか(*´▽`*)

◆◆◆

【おまけ】

午後3時過ぎにお邪魔したら、道半分は日陰になっていました。

トンネル入り口も影に。

  

日陰になってると全体的に青っぽく映りますね。

そしてグンと寒い!!! トンネルをテクテク歩いていると鼻の奥がツーーーンと。

このところ暖かかったので忘れていましたが、冬って感じ~っ

小雪とは言え、冬景色をしっかり楽しめます!!

清津峡へのアクセスに便利なバス運行中です★

清津峡へのアクセスで待望の「雪国豪雪ライナー」が登場しました!

十日町の人に「あうたび」してみませんか?

旅先で出会ったあの人、笑顔がとっても素敵だったなぁ~
もっとお話ししてみたかったなぁ~
なんだかとっても思い出に残ったなぁ~

そんな経験、ありませんか?

3月14日、15日に十日町を舞台に行う「雪国の地酒と祝い唄の文化に触れ雪城を奪還する旅」は、
「日本中の素敵な人に出会う旅」がテーマの人と人が繋がる旅。
その名も “ あうたび 

根っからの十日町っこ(生まれも育ちもずーっと十日町!)の私ですが、
この地域の一番の魅力はここに住む人々だと思っています(*´ω`*)
雪と共に生きる、そんな生活をずーっと続けているこの地域の人は、忍耐強く、努力家なうえ、そんな苦労を感じさせないとびっきりの笑顔をしています。そして、人と人とのつながりを大切に大切に生活をしているその姿からは、私自身多くのことを学ばせていただいています。

そんな「十日町のひと」に“あうたび”
と~っても魅力的なツアーになっていますよ~‼

今回のツアーの1つ目の見どころは、雪国の地酒と祝い唄!

十日町は日本有数の豪雪地帯であり、独特の雪国文化が根付いた地域です。米どころでもあるこの地域では、もともとは稲作豊穣を願う唄「天神囃子」が代々祝い唄として受け継がれています。
>>天神囃子とは??
この天神囃子、今でもおまつりの時や結婚式などでは欠かせないほど、生きて根付いているのですよ~!
そんな祝いの席に欠かせないのが地元酒蔵・魚沼酒造さんの日本酒「天神囃子」

今回の“あうたび”では、魚沼酒造の酒蔵で社長の奥様にお会いしたり、「天神囃子」を歌い継ぐ地元の大井田民謡保存会のみなさんにも会いに行きます!

そして2つめの見どころは、「雪城を奪還する」こと‼(笑)

…というのも、越後松代冬の陣「のっとれ!松代城」という、と~っても面白い熱いイベントに参加していただきます!
雪山を駆け上がり、転がり、這いつくばって進むスポーツイベントである「のっとれ!松代城」ですが、優勝者は1年間越後松代城主として迎えらたり、出場者から抽選でグアム遠島の刑、温泉での釜茹での刑など厳しい処罰が待ち受けているのでご注意を。
今回は小雪の為、例年とは異なる会場での開催!予測不能な展開が待ち受けているかも⁉

こちらでお会いするのが、このイベントの発案者・十日町市役所松代支所長の樋口彰さん。
強いまつだい愛をお持ちの、笑顔がとっても素敵な方ですよ~!

その他にも、十日町で活躍しているあの人やこの人との出会いや、雲海が望める絶景温泉まで、これでもかと魅力が詰まったこんかいの“あうたび”ツアー
気になった方はぜひぜひ、お申込くださいね~!

みなさまにお会いできること、雪国十日町でお待ちしております!
ツアー詳細はこちらをクリック!

あうたびページへ

【まつだい】雪あそび博覧会 始まりました!

■松代・松之山温泉観光案内所より■

いよいよ今日から2日間「第71回十日町雪まつり」が始まりましたが、同じく本日から「大地の芸術祭の里 越後妻有2020冬 SNOWART」も始まり、小雪もなんのその!賑わいをみせている十日町市です。

越後妻有2020冬 SNOWARTでは、遊べるアートが盛りだくさんの「雪あそび博覧会」や三尺玉も打ちあがる「越後妻有 雪花火」をはじめ、清津峡トンネルや雪見御膳が楽しめるツアーも開催され、今年は十日町雪まつりでもアートやパフォーマンスが披露されます!


早速、「雪あそび博覧会」が開催されている、まつだい「農舞台」会場へ遊びに行ってみました(^^)/
何やら気になるものがいっぱいあるぞー。雪アート・新潟ユニット会場では様々なオブジェに雪玉を当てて鳴る音を楽しめます♪意外と難しく、小さい子だけでなく大人も延々と遊んでしまいます。

太い丸太を使った山ぞり。地元のタフガイが引っ張ると結構なスピードがでます(;’∀’)

マキオ巨人現る!時間が来るとお腹からみんなのメッセージが書かれた小さなパラシュートが飛び出します。タイミングよく十日町雪まつりの臨時列車とツーショット☆

カラフルなフィルムを自由に切ってドーム内に貼ることができます♪
靴を履いたままドームに入れるので楽ちん。

ほくほく線×大地の芸術祭のラッピング列車「DAICHI」号にも会えました!(^^)!かわいい~。
他にもカラフルな凧を作ってあげたり、縄を綯う体験、里山食堂ではチーズフォンデュブッフェ(別途料金)を楽しめます。
まつだい「農舞台」は十日町駅から一駅のまつだい駅と隣接。十日町雪まつりへお越しの方もぜひお立ち寄りください☆

<雪あそび博覧会>
■越後妻有里山現代美術館[キナーレ]会場:2020年1月18日(土)~3月22日(日)
 10:00~17:00(最終入館16:30)水曜定休
・大人800円/小中学生400円
■まつだい「農舞台」会場:2020年2月15日(土)、16日(日)、22日(土)、23日(日)、24(月)、29日(土)、3月1日(日)
10:00~16:00(最終入館15:30)
・大人500円/小中学生300円

「雪あそび博覧会」詳細はこちら
「大地の芸術祭の里 越後妻有2020冬 SNOWART」詳細はこちら

★[キナーレ]会場の様子はこちら!★

 

晴天の清津峡渓谷トンネルが最高だった!【十日町市/清津峡】

予定したよりも早くメンテナンスのお休みが明けた「清津峡渓谷トンネル」

さてさて、今日は天気がいいぞ~ということで、早速様子を見に出かけてみました(*´▽`*)

まずは雪の様子を・・・。ということで動画を撮影してみました!

ちなみに、こちらの動画は倍速で撮影しています
(この速度で走っているわけではありませんのでご安心ください・・・♡)

温泉街で大きいツララ発見!!!

テンション上がるなぁ~(私だけ・・・?)

 

トンネルまでの石畳は、凍ってツルツルになりがち~!!ゆっくり歩きましょ♪

 

ワクワク・・・!

 

小雪とは言え、透明なアクリルの手すりにかぶさってくる雪!!

例年だと、谷に雪が積もって川が見えなくなるほどなのだから自然ってすごい。

▼今年は清津川バッチリ見れました^^

この透明感・・・(*´▽`*)癒されるな~

でたぁぁ~~~!!!水鏡だ~~~(何回見ても、おおおーーーってなります)

こんなポーズしてみて!!!と大盛り上がり!

自然と「撮りましょうか~?」と声を掛け合って、見ず知らずの人と撮りあいっこしたりとなんだかほっこり♡

▼スターになった気分?!

水鏡にいた方へ、どこから来たんですか?と声かけてみると、
海外の方から、地元の方までいてびっくり。

いい天気だし、最高な景色がお土産になっただろうな~(*´▽`*)

晴天の清津峡はとってもきれいでした!この時期だけの絶景を見にぜひ遊びに来てみてくださいね✨

◆◆◆

 

———————————————————————————————————-

※エントランス(カフェ・足湯)は、降雪期間中はクローズしています。

※駐車場は、雪の影響で回転場のスペース確保が困難なことから、
~2020年2月28日(金)までは大型車は立ち入りができませんのでご注意ください。

※温泉街のお土産屋、食堂は冬期間クローズしています(例年GWごろに再開予定)。
なお、清津は通年営業しております。ご宿泊の他、お食事や日帰り入浴を希望される方は、
事前にお宿へお問い合わせください。

———————————————————————————————————-

冬のにいがた 酒と食の会

皆様こんにちは。小笠原未羽です。新年を迎え、初めての投稿です。先月なかなか降らなかった雪は、今月になりようやく積もり冬らしくなってきましたね!

さて、私は1月22日に東京の京橋にて、冬のにいがた 酒と食の会に出演させていただきました。このイベントは新潟のことをもっと知りたい!という方を対象に、新潟暮らしの魅力をお伝えする「にいがた魅力発信セミナー」の第2弾です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は実際に冬の新潟の食をテーマとして、出演者の料理研究家である中島有香さんが作った新潟の食材がぎっしり詰まった可愛らしいおつまみBOXと、利き酒の世界大会ファイナリストの山岸裕一さんが選んだ様々な新潟の地酒とともに、ゲストトークとして、

右から松之山温泉合同会社まんま代表柳一成さん、わたくし、山岸さんで十日町の魅力を熱く語るゲストトーク、最後はジャンケン大会で幕を閉じました!

はじめは、例年に比べ雪が少ないことから、雪乞いと題して乾杯をしました。皆さんの想いが届いたのではないでしょうか!

料理研究家の中島さんが作ったおつまみBOXは、まず見た目がとても可愛いく、ウキウキしてしまいました!お料理は里いもや柿の種揚げ、酒粕など新潟の食材が盛りだくさんで、新潟では菊の花を食べるということに皆さん驚かれていました。

 

 

 

 

 

このような新潟愛溢れるお食事と一緒にゲストトークです。十日町といえば、松之山温泉、日本酒など新潟の魅力を柳さん、山岸さんと一緒にお話しさせていただきました!日本三大薬湯の一つである松之山温泉や、十日町雪まつりなどこれからでも楽しむことができる冬の新潟を中心に、私は大好きなお着物について語ってまいりました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京での出務は初めてでしたが、お越しいただいていた方と新潟トークをさせていただいたり、実際に皆さんにお着物を見ていただき、ゲストトークを通して新潟 十日町市の文化に触れていただき、皆さんの反応を直接感じることができ、とても学びの多い場となりました。

新潟といえば…と考えたときに出てくるのはお米やお酒をはじめとする食。十日町市には、地域の人々のてによって作られた絶景の数々、実際に来て感じていただきたい!!と強く感じました。

お越しいただいた皆様、関係者の皆様、ありがとうございました!

今週の2月15日16日には待ちに待った十日町雪まつりが開催されます!わたくしは、今回で71回を迎える雪まつりが本当に大好きです。十日町駅に着くと、温かい地元の皆様が迎えてくださり、広場には温かい格好をした子供たちの笑顔があふれています。「雪を友とし、雪を楽しむ」という市民の皆さんの想いが感じることができる、唯一無二の雪まつりに是非お越しください。

最終日の十日町きものコンテストでは、新たな十日町きもの女王2020が誕生します!本選会のアトラクションでは、モンゴル出身の馬頭琴奏者デルゲルマーによる演奏もお楽しみいただけます。きもの女王を決める一般審査員としての投票券がつく有料観覧席もございますのでお早めにお求めください。

お待ちしております 

最後までお読み頂きありがとうございました!!

十日町きもの女王2019 小笠原 未羽

【松之山】伝統行事「十二講」が行われました。

■松代・松之山温泉観光案内所より■

本日「森の学校」キョロロにて、山の神様に山仕事の安全を祈願する「十二講」が行われました。

まずはカラコというお団子づくり。うるち米をすり鉢でごりごり…甘みを出すために臼など使わずに粉状になるまで細かくします。
なかなか疲れる作業ですが子供たちも根気強く頑張りました☆
神様に喜んでもらえるよう美味しくするための手間を惜しんではいけないとのこと。
昔の人の丁寧な暮らしと、自然を大切にする心がうかがえます。

「十二講」の由来でもある12個のお団子状にしたら、「つっとこ」といわれる藁で作った入れ物に並べます。
今日の先生 佐藤一善さんの方言と松之山のお話に聞き入りながら♪

藁などで作った弓矢と一緒に雪に立て、山の神様に山仕事が安全にできるようにとお祈りしました。

外から戻ってきたらお楽しみ 茹で上がったカラコにしょうゆの実をつけていただきます。
お餅のようにはのびませんが、つぶつぶ食感が楽しいお団子が出来上がりました。

ことしの十二講は無事終了となりましたが、「森の学校」キョロロでは冬の日曜祝祭日 地炉端体験ができます♪炭火の火にあたりながらくし餅や甘酒をいただくと暑いくらいに温まります。また、美人林の散策にスノーシューや長靴のレンタルもできますよ(火曜休)
■「森の学校」キョロロ詳細はこちら
■本日の美人林の様子はこちら

2/8 美人林情報

本日午前9時頃の美人林の様子です。
昨夜降ったフワフワの雪が積もり、曇り空からは時々青空が見えました。
林に入ると雪を踏みしめる音だけが聞こえます。

タイミングによっては雪の道を長靴で入ることもできますが、冬期間はスノーウェア着用のもとスノーシューをご利用いただくとより安全・快適に散策をお楽しみいただけます。

駐車場は美人林から徒歩約3分「森の学校」キョロロの駐車場をご利用ください。
スノーシュー、長靴等もキョロロにてレンタルできます(火曜休)

松之山温泉ふぇすてぃBAR(バル)

2/7(金), 8(土)の2晩、十日町市松之山温泉街では1品1杯食べ飲み歩きイベントを
開催しています。

昨晩の様子

高崎経済大学井門ゼミの学生さんがおもてなし

 
松之山温泉街の12軒の旅館や飲食店が提供する逸品料理と、「酒匠」山岸裕一氏
が選んだ、料理に合うこだわりの日本酒をいただけます。
日本酒は「薫酒」「爽酒」「醇酒」「熟酒」に分類され、4種類をコンプリートする
と特典がもらえます。地図には各店舗が種類別に色分けされていますので、作戦を練
りながら回るのがまた楽しいです。

  
友達と回るのはもちろん、たまたま隣り合わせた方との交流もまた楽しい。
美味しいおつまみとお酒に、会話がはずみます♬

営業時間:17:00~20:00頃
逸品料理と日本酒は提供数が決まっていますので、時間前に売り切れになる場合が
あります。早めのスタートをおすすめします。

参加チケットは森のホテルふくずみかビジターセンターで購入できます。

詳細はこちらをご覧ください。

【まつだい】令和2年2月7日の雪景色

■松代・松之山温泉観光案内所より■

2月7日(金)午前8時頃の松代エリアの景色です。
昨日、結構な積雪量がありましたがそれも午後から落ち着き
気温はどんどん下がりました。今朝8時の外気温はマイナス7度!
まつだい駅駐車場はスケートリンクのように凍結した箇所が
あり、移動に注意が必要な状況でした。

ただ、こんな冷え込んだ朝にはご褒美のように、美しい景色を
見ることができます(*^-^*)

朝7時台~8時台の通勤時間、太陽の加減でしょうか周りの雪景色が
キラキラ光る「キラキラタイム」♪

通勤途中の路肩に車を止めて撮影したいところですが、道路凍結もあり
危険なので、駅駐車場まで我慢し駐車場で撮影した風景です。

冬だというのに、しばらくは小雪のため冬らしからぬ景色が広がっていましたが
今はしっかり雪が積もり、いつもの冬の景色が帰ってきました。

まつだい「冬の陣」の参加申し込み締め切りが今日の午後5時までのようです。
当日もこんな気持ちのいい晴れの日でありますように♪ 期待しましょう!

<おまけ>

十日町市街地から十日町橋を越えて松代方面へ走った少し先の景色。とてもきれいでした^^

【大地の芸術祭】雪遊び博覧会に行ってみた!(十日町市/十日町エリア)

大地の芸術祭は3年に1回・・・だけじゃないッッ!!

季節ごとにユニークな企画展が行われており、

この冬は「雪あそび博覧会」が行われているということで、

今回は越後妻有里山現代美術館[キナーレ]会場にお邪魔してみました!

↓同じ建物に「明石の湯」も。
 

 

●「おもちBar」※土日祝のみ 11:00~15:00

まず中に入ると、吹き抜けの回廊の真ん中。レアンドロ作品の上に出現!

これ、気になってたんですよね~

私は、「おもち定食」(500円)を注文してみました!(欲張った)

内容は、お餅2つ(ショウガみそ、チーズ、大根おろし、きなこ、あんこから選べる)、のっぺ汁、お漬物付き(*´ω`*)

 

七輪で焼くとTHE お餅』。ぷくーーーっと膨れる餅。

実際こうやって食べることなかなかないですよね。大興奮!

他にも、お餅だけでもOKですし、焚き火で淹れるコーヒーや紅茶など、
『目で見て、味わって楽しめる』メニューがありました♪

お餅は松代のものだそうで、柔らかくとってもおいしかったです!

↓伸びるお餅にテンションMAX

 

●深澤孝史「こたつカーサーキット」

やっぱり今年も話題のこたつカー!!!

こたつをめくると・・・、自転車が!!!

 

お盆がハンドル。まったりぬっくり、しているように見えて、運動できちゃう!(笑)

お盆からひとつお菓子をもっていってOKとのことだったので、
私はおせんべいをいただきました(*´ω`*)

 

●開発好明「受験の壁」

ボルダリング・・・よくみるとタンス?!?!

 

もちろん、ちゃんと固定されてるんですが、引き出しが開いちゃうんじゃないかとハラハラしちゃいました(笑)

大人も子供もOKです!作品なので優しく登ってくださいね。

 

●YORIKO「越後妻有コラボ甘味屋台 2020冬」

かわいい十日町の縁起物「チンコロ」が、YORIKOさんらしいカラフルになって展示が♡

こちらでは2月8日(土)・9(日)には「野菜のアイシングクッキーワークショップ」や、
2月29日(土)・3月1日(日)には「冬のチンコロづくりワークショップ」が行われます。
どちらも予約制です。詳しくは大地の芸術祭ホームページをご確認くださいね✨

↓たくさんのチンコロ、眺めているだけでカワイイ~♡

***

雪遊び博覧会に入場すると、もちろん常設展もみれますよ~

↓トンネルの先まで歩いてみると・・・。あれ、私のサイズが・・・。(不思議&おもしろい)
 
(トンネル/レアンドロ・エルリッヒ)

↓ぐるぐるカラフル。写真スポットです!おススメ!

(Rolling Cylinder, 2012/カールステン・へラー)

冬は家にこもりがちになりますが、カラフルで楽しいアート鑑賞は心の栄養になること間違いなし🎵

チケットを購入したら、期間中何度でも入館できるので早く行った方がお得かも(笑)

ぜひお出かけください!

雪あそび博覧会

日時:2020年1月18日(土)〜2020年3月22日(日)10:00〜17:00

 ■越後妻有里山現代美術館[キナーレ]会場
 2020年1月18日(土)~3月22日(日) 10:00〜17:00(最終入館16:30、水曜休館)
 ※延長開館日:2月15日(土)は9:00~21:00、16日(日)は9:00~17:00
 *2月15日(土)・16日(日)は、「十日町雪まつり」の会場となるため、営業内容が変更になります。

 ■まつだい「農舞台」会場
 2020年2月15(土)、16(日)、22(土)、23(日)、24(月祝)、29(土)、
    3月1(日)10:00~16:00

場所:越後妻有里山現代美術館[キナーレ](十日町市本町6)
   まつだい「農舞台」(十日町市松代3743-1 )

料金
 ■越後妻有里山現代美術館[キナーレ]会場 
  一般800円、小中学生400円 ※常設展入館料を含む

 ■まつだい「農舞台」会場
  大人500円 小中学生300円

 ・2会場とも鑑賞されるお客様はチケット半券で大人100円割引されます。
 ・越後妻有2020冬共通チケット(雪花火付き/雪花火無しともに)もご利用いただけます。
 ・内容が変更となる場合もありますので、事前に公式ホームページ等でご確認ください。

イベントページ http://www.echigo-tsumari.jp/calendar/event_20200118_0322_01

越後妻有里山現代美術館[キナーレ]Facebook https://www.facebook.com/smcak/

2/4 棚田情報

2月4日(火)午前8時半 -1℃ 雪
朝から除雪車がたくさん稼働しています。走行中の道路の真ん中に雪山ができていることも。皆さまもお気を付けください。

「蒲生の棚田」の様子です。

例年だと真っ白な雪山ですが、まだ少しだけ田んぼが見えました。
写真右下の展望台はすっぽりと雪に隠れ、長靴でも埋もれてしまうほど。

道路には20センチ以上の積雪がありました。駐車場は冬期間除雪されません。

OMAKEさんに行ってみた!(十日町市/十日町エリア)

十日町の町中を車で走っていると、国道117号沿い。

商店街の一角が、工事中。

新しいお店ができるのかな?とソワソワしていたら、先日お花が店頭に飾ってあったので訪ねてみました!

すると、以前にリオンドールの近くにあったOMAKEさんが移転し、
新たにOPENしたとのこと~~(*´ω`*)

きゃーーすでにかわいい!!!

 

さっそく、お店にお邪魔させてもらいました!

素敵ぃぃぃ(*´Д`)♡

 

おしゃれな雑貨やお洋服、アクセサリーなどがズラリ✨

穏やかな時間が流れている~~

なんと、店内奥も広い!!そして、こんなスペースが(‘◇’)

こちらは個展などの貸し出しスペースとして使用されるとのこと。

ワイワイと賑やかな様子が目に浮かびます(*´Д`)

早速、2月は砥部焼の展示販売(期間は2月5日~28日まで)や、

十日町雪まつり期間中の2/15(土)はHand made candle TAiMUさんによるワークショップ(十日町市での開催は初!)が行われるそうです。

ワークショップは予約制のようですので、詳しくはOMAKEさんのホームページFacebookなどをチェックしてみてくださいね。

 

駅からも歩いていける距離なので、立ち寄ってみてはいかがでしょうか♡

OMAKE

ホームページ http://omake-wear.com/

Facebook https://www.facebook.com/Omakejp/

インスタグラム https://www.instagram.com/omake_japan/

移転後の場所は、国道117号から「越後妻有文化ホール 段十ろう」の駐車場へ入る角になっています(‘◇’)
グーグルマップが移転前の場所をさす場合があるのでご注意くださいね。

【まつだい】令和2年2月2日の雪景色

■松代・松之山温泉観光案内所より■

2月2日(日)午前9時頃の松代エリアの景色です。
久々に雪が降り続いています(*^^)
例年のように数メートルの積雪はないものの、ようやく冬らしい景色になりました。

田野倉の棚田
シャーベット状でくもりガラスのような田んぼが芸術的な美しさです。

まつだい「農舞台」周辺

道路のアスファルトが見えていても油断はできませんね(>_<)カーブではヒヤリとすることも。他の車や歩行者を事故に巻き込まないためにも、安全第一で運転しましょう☆

無題ドキュメント