さとやまノート松之山エリア観光スポット

真夏の雪まつり 雪山シート掛け

2015.05.12

(画像をクリックすると大きく表示されます)

5月11日 朝8時半に松之山支所前へ作業に係る

皆さんが集まり大厳寺高原へ向けて出発しました。

この日も朝からいい天気~!

標高715m程の大厳寺高原には、まだたくさんの雪

が残っていますが、それらをかき集めて作った大きな

大きな雪の山。これが、お盆の8月14日に行われる

真夏の雪まつりでは雪上ステージになります。

この雪山をお盆まで大事に保存するため、アルミ製の

雪囲いシートを掛ける作業が行われました。

大きなシートです。かな~り重いです。

このシートにロープをくくりつけ、雪山に上がったメンバーが

引っ張り上げます。

徐々に雪山を覆っていくアルミシート。

今年で第29回目の開催となる真夏の雪まつり。

毎年春のこの時期は、雪上ステージの元となる雪を

こうしてお盆まで保存する作業が行われています。

雪山を覆った何枚ものアルミシートは、丁寧に紐で

結びつけられ、その後風で飛ばないように砂袋を

周辺に置き、作業が完了します。この作業は午後3時頃

まで掛かかりました。

今年も大勢の方からご参加いただきました。

重労働にもかかわらず作業していただき、ありがとう

ございました!!

さぁ~て♪ これで、真夏の雪まつりの雪上ステージ用

雪山が保存されました。 今年も楽しいイベントにでき

るよう準備を進めていきます。 

お盆の8月14日をお楽しみに!!

この記事をかいた人

観光協会スタッフ

さとやまノートを見ていただきありがとうございます! 観光協会スタッフが、十日町市の旬な情報をお届けしています。 毎回スタッフが現地を取材して投稿していますので他の投稿もぜひ見てみてくださいね。お待ちしています!