ツアー情報

HOME > ツアー情報 > 大地の芸術祭プレイバックツアー

大地の芸術祭プレイバックツアー

ツアー情報
更新:2019/4/7

大地の芸術祭プレイバックツアー

越後妻有大地の芸術祭プレイバックツアーを開催!!

20年にわたる大地の芸術祭の軌跡を、各年代の作品とともに振り返る、ランチ・ガイドつきのバスツアーを運行します。
10連休のゴールデンウィークには、年代別に、2種類の日帰りコースを隔日開催!

 

▼Part1 2009-2018

2018~2009年を振り返り、最新の人気作品や春の展覧会が始まる美術館を巡るコース。
リニューアル後に大人気となり、「日本博」サイトトップページにも登場する清津峡渓谷トンネルの作品は必見。

運行日
4月28日(日)、30日(火)、5月2日(木)、4日(土)、6日(月)
見学作品(Part1)
清津峡渓谷トンネル絵本と木の実の美術館越後妻有里山現代美術館[キナーレ]ジミー・リャオ「Kiss &Goodbye」レアンドロ・エルリッヒ「Palimpsest」ほか

 

▼Part2 2000-2006

第1~3回展に制作された初期の名作を辿ります。国内初の大規模回顧展を開催中のクリスチャン・ボルタンスキーの名作「最後の教室」が見られるのはこのコースだけ。

運行日
4月27日(土)、29日(月)、5月1日(水)、3日(金)、5日(日)
見学作品(Part2)
ジェームズ・タレル「光の館」まつだい雪国農耕文化村センター「農舞台」草間彌生「花咲ける妻有」クリスチャン・ボルタンスキー+ジャン・カルマン「最後の教室」鞍掛純一+日本大学藝術学部彫刻コース有志「脱皮する家」ほか

 

越後湯沢駅 発着 日帰りツアー

【開催日】2019年4月27日(土)~5月6日(月・祝)の毎日運行
【旅行代金】大人12,800円、子供(小学生)9,800円
※バス代、昼食代、保険代、作品鑑賞代、ガイド代含む
最小催行人数:2名
【集合/解散】10:00 越後湯沢駅東口集合/18:00ころ 越後湯沢駅東口解散
【お問い合わせ】大地の芸術祭の里総合案内所

025-761-7767

ツアー詳細はこちら