自然と触れ合う

日本三大峡谷 清津峡

HOME > 自然と触れ合う > 清津峡 > 日本三大峡谷 清津峡

日本三大峡谷 清津峡

日本三大峡谷 清津峡

黒部峡谷・大杉谷とともに日本三大峡谷の一つとして知られる「清津峡」は昭和24年9月に上信越高原国立公園に指定され、学術的資料の宝庫でもあります。川を挟んで切り立つ巨大な岩壁は全国に誇るV字形の大峡谷をつくり、国の名勝・天然記念物にも指定されています。雄大な柱状節理の岩肌とダイナミックな清津川の景観は素晴らしく、訪れる人々に深い感動を与えます。
 平成30年にリニューアルオープンした清津峡渓谷トンネルからは3つの見晴所とパノラマステーションから雄大な峡谷美を堪能できます。
 清津峡小出温泉街があり、立ち寄り入浴所や旅館、食堂、お土産やさんをゆっくり散策できます。また、川原に降りて清流にふれたり遊ぶこともできます。


清津峡渓谷トンネルは、1月中旬~2月28日まで冬季休業いたします。
また、冬期間にお越しの際は降雪の可能性がありますので、
スタットレスタイヤの装着をお勧めいたします。


詳細はこちら「清津峡のご紹介」

清津峡_夏 清津峡_夏 清津峡_夏 清津峡_夏 清津峡_夏 清津峡_夏
 
CATEGORY

自然と触れ合う

[child_pages id=”194″] [child_pages id=”143″] [child_pages id=”186″]
 
[child_pages id=”188″] [child_pages id=”190″]
 
[child_pages id=”192″]