自然と触れ合う

美人林(びじんばやし)

HOME > 自然と触れ合う > 美人林(びじんばやし)
美人林(びじんばやし)

美人林(びじんばやし)

美人林(びじんばやし)

松口の丘陵に樹齢約90年ほどのブナの木が一面に生い茂っています。あまりにもブナの立ち姿が美しいことから「美人林」と呼ばれるようになりました。昭和初期、木炭にするため全て伐採され裸山になりました。ところがあるとき、この山のブナの若芽が一斉に生えだし、ブナ林が野鳥の生息地として見直され、美人林が保護されるようになりました。
(外気より気温が2℃低いと言われております)

◆美人林の成り立ちを知りたい方はこの記事をチェック! 「年間10万人が訪れる美人林はなぜ生まれたか」

 
  • 美人林(びじんばやし)
  • 新緑のようす
  • 紅葉のようす
美人林(びじんばやし) 新緑のようす 紅葉のようす
 
電話番号 観光協会松之山支部 
025-596-3011
所在地 十日町市松之山松口1712-2付近
CATEGORY

自然と触れ合う