清津峡のようす

HOME > 清津峡のようす > 登山道 > 清津峡までの道脇の花たち

清津峡までの道脇の花たち

清津峡のようす
2012/6/21

清津峡までの道脇の花たち

バス停から清津峡間の道脇に花が咲き始めました。

オオバキボウシ

スズランとユリを合わせたような花ですね。

雪解け時期に山菜採れる地元ではうるいと呼ばれる花だったのですね!ビックリ

キンコウカ

小さな星型の花がいっぱいついている感じです。

シモツケソウ、ヤマブキショウマ

シモツケソウは遠くから見るとピンクの綿あめのような花がいっぱいついている感じです。

ヤマブキショウマはススキが花になったみたいです。

            清津峡登山道情報

足尾沢橋、鹿飛橋の欄干等は設置されましたが、途中の沢に残雪等があり清津峡から八木沢間は通り抜けは出来ません。

鹿飛橋

ここまでしか行けませんので、くれぐれもお間違えなく。

橋から眺めると・・・ きれいな水ですね。

ヒメシャガ

アヤメ科  小さいアヤメですかね見頃です!

ヤグルマソウ

名前の由来が葉っぱが鯉のぼりの竿の先端の矢車からきているようです。葉っぱが特徴ありますので、目を引きますね。

これから夏に向かって色々な花が咲き始めるでしょうね楽しみですね。

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2012年6月20日