きもの女王ブログ

HOME > きもの女王ブログ > きもの女王活動日記 > 十日町きものフェスタ2016

十日町きものフェスタ2016

きもの女王ブログ
2016/4/18

十日町きものフェスタ2016

**English Below**

こんにちは。十日町きもの女王2016南雲咲穂でございます。先日4月13日に初出務として「十日町きものフェスタ2016」に麻里花さんと参加させていただきました。

きものフェスタとは、十日町織物の新作商品(振袖、留袖、訪問着、紬絣、付下・着尺・羽織・コート、帯)が一堂に展示され、全国各地の呉服問屋様、呉服小売店様を審査員として最高賞の経済産業大臣賞を競う、きものの総合産地十日町最大のイベントでございます。このイベントの歴史は非常に古く、大正期より始まり(戦時中は一時中断されましたが)、現在に至っている伝統のあるイベントでございます。

そして、この審査会には呉服問屋様、呉服小売店関係者様だけでなく、一般の方々も審査に参加することができるのです!当日は私達も審査に参加させていただいたり、受付などのお手伝いをさせていただきました。

あちこちから聞こえる全国各地の方言、おしゃれなお着物をお召しの方々、様々な場所からたくさんの方がいらっしゃり、きものの総合産地十日町の伝統の深さを肌で感じました。

大ホールに並べられた美しい新作織物の数々…そこにいるだけで胸がわくわくするような、本当に素敵なイベントでございました。そして改めて十日町が世界へ誇る魅力的な織物産業に大変感動いたしました。

また、関係者の方のみならず、一般の方々もお着物をお召しの方がたくさんいらっしゃって、皆様のきもの、そして十日町への愛を強く感じました。

最高の初出務1日を通して、より一層織物や十日町について学ばねば、と決意を新たにしたとともに、もっとこの素敵な故郷を発信していきたい!と前向きな刺激をいただくことができました。

今回の初出務におきまして私達に温かいお言葉をかけてくださった皆様に心より感謝申し上げます。まだまだ未熟な身ですゆえ、1日お振袖を着て過ごし身体のあちこちが筋肉痛でございます。きもの女王として凛と立ち居ふるまうためにはまだまだお勉強が必要であると強く感じました。

いよいよ本格的にスタート致しました十日町きもの女王2016、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

(次に皆様にお会いできますのは5月3日のきもの祭りですね♪)

十日町きもの女王2016南雲咲穂

以下英文でございます。さらにその下にお写真がございます!ぜひご覧ください♪

【English】

Hello! I joined “Tokamachi kimono festa” as the first job of Tokamachi kimono queen 2016!

Kimono has been made all over Japan since a very long time ago. And my hometown is one of the famous cities for Kimono. Beautiful kimono has been an essential and important thing for our lives.

Kimono festa which I joined today has really long and deep history. I’m really honoured and appreciate to join it!We could see a lot of new kimono collection. All of them were really attractive and amazing!!

There were so many people to see kimono made in Tokamachi. I wasso happy and truly proud of my beloved hometown.

Trough this event, I got much more interest about beautiful kimono culture in my hometown and people who really love kimono. I would love to study about it more and more. It was perfectly fruitful day:)

Thank you for reading and see you soon! Cheers;)

Tokamachi kimono queen 2016   Sakiho Nagumo


↑コンテストの副賞でいただいたお振袖で初出務です。私のお振袖は滝泰様、麻里花さんのお振袖は関芳様のものです。それぞれの雰囲気に合った素敵な1点もののお振袖は一生の宝ものです。


↑帯も小物も素晴らしいです。久々の女王たすきをつけて。

 

↑お袖を広げて。

私事ではございますが、祖母が応援に来てくれました。短い時間ではありましたが祖母とお着物の話をしながらたくさんの織物を見て回るのは何とも幸せな時間でございました。