きもの女王ブログ

HOME > きもの女王ブログ > 知事表敬訪問

知事表敬訪問

きもの女王ブログ
2018/3/28

知事表敬訪問

 
皆様、初めまして。
十日町きもの女王2018の押木舞と申します。
これから一年間、感じたこと、知ったこと、十日町市の伝えたい魅力を皆様に発信していきたいと思います。
どうぞよろしくお願い致します。
 
 
3月23日に初出務である、知事表敬訪問に行って参りました。今回は、青柳観光協会長、大津事務局長、きもの女王の今井友佳さんとご一緒させていただきました。
 
県庁にて皆様にご紹介してきたのは、十日町で今年新しく開催されるイベント「~職人探訪~十日町きものGOTTAKU(ごったく)」です。
 
「ごったく」とは、十日町の方言で「にぎやかな祭り」「おもてなしのにぎわい」のような意味合いの言葉です。
5月の17~19日の3日間、市内の13工場を特別に見学できるイベントです。
 
完成したきものを「着る」だけでなく、芸術的なきものが世に生み出されるまでを「知る」「見る」「聞く」ことで、きものの街とおかまちのより深い魅力を知ってもらおうという企画です。
職人の方々がはたらく現場に入れるのは、とても貴重なチャンスです。
この機会にぜひ、多くの皆様から五感で十日町のきものの魅力を堪能していただきたいと思います。
 
驚くことに工場の見学は、なんと無料(!)ですが、予約必須となっております。
予約の申し込みは、4月2日(月)より、専用ホームページから受付開始となります。
こちらのURLより、奮ってお申込みください。
 
 
 
 
さて、まだまだ着物姿で歩くのもやっとな私たちでございますが、県庁では初めに高井副知事と名刺交換させていただきました。
 
 
 
そしていよいよ知事室へ。
私は米山知事にお会いするのは初めてでした。
「失礼致します。」と初めの挨拶を大切に、緊張の瞬間でした。
主に青柳会長からお話ししていただき、私と今井さんも自己紹介させていただきました。また、県議会議員の尾身様もご一緒に和やかな雰囲気で表敬訪問が行われました。
 
 
また、その後すぐに記者発表が行われ、無事初出務が終了しました。
 
一日目を振り返り、「緊張」の一言。そして何もかも初めての貴重な経験をさせていただきました。
まだまだ、きもの女王として未熟な私たちですが、この日の経験を次に活かしたいと思います。
 
最後に、出身地であり、長年住んでいる十日町市ですが、こうしてきもの女王にご推薦いただき、勉強する中で、日々新たな十日町市の魅力を感じております。
そのような経験ができること、支えてくださる皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。
 
 
着物とともに笑顔の咲く街 十日町。
雪どけの春、色とりどりの着物で十日町市が賑わうのが楽しみです。
 
十日町きもの女王2018 押木舞
無題ドキュメント