じむきょく通信

HOME > じむきょく通信 > 観光地情報 > まめ茶とちんころ

まめ茶とちんころ

じむきょく通信
更新:2013/2/5

まめ茶とちんころ

今日も十日町はいい天気です。

八箇にある、そば処まるにしさんにお邪魔してきました。

店内はゆったりした小上がり席が6テーブルありました。

入り口には

蔓ウメモドキがお客様の目を楽しませてくれています。

香ばしくて甘味のあるお茶をいただき、「これ、なんて言うお茶なんですか」って質問したところ、

自家製の川原ケツメイ草のお茶でした。

まめになるように、との思いもあり「まめ茶」と名付けたそうです。

その昔弘法大師が発明したとも言われ、むくみや便秘にいいそうです。

ですが、ここの一押しは「じぶそば」。いのししの肉や天然キノコ(5~8種類)を使ったおそばです。

10月~3月まで、食べられるそうです。

その後、ベジぱーくにお邪魔すると「ちんころ」が売っていました。

毎年、節季市ではおなじみの「ちんころ」。

方言で、子犬のことを指します。

たまたま卸している方にお話を伺えました。

今年は「十日町雪まつり」のコミュニティーひろばでも販売するそうです。

楽しみですね。

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2013年2月5日

無題ドキュメント