じむきょく通信

HOME > じむきょく通信 > イベント情報 > 粉雪とホタル道

粉雪とホタル道

じむきょく通信
更新:2014/2/15

粉雪とホタル道

2月14日(金)、15日(土)の夜7時半~9時までの間

松之山温泉街の中で「雪壁の灯道(ほたるみち)」という

催しを行っているので、いってきました。

http://www.matsunoyama.com/kankou/uploads/H26hotarumichi.pdf

松之山温泉街の入り口付近から、黄色く可愛らしい小さな明かり

がたくさん温泉街へ導くように灯っています。

14日(金)の夜は、雪が降っていたのですが、それがとても細かく

しっとり水分を含んだ粉雪でした。

キレイに除雪された温泉街の道が粉雪で埋め尽くされ外灯や温泉

街の明かりに照らされ時折キラキラ光る様子がまたキレイで雪国

に住んでいるけれど、こうしてゆっくりと雪道を踏みしめながら夜歩

く機会ってそうないなぁと感じながらホタル道を楽しんだ夜です。

途中で出会ったご夫婦は静岡県からおいでの方達で、こうした雪の

中を歩く機会はそうないと話しながら、ゆったりと小さな明かりで照ら

された温泉街の道を歩いて行きました。

温泉街へお泊まりのお客様でしょうか。お若いカップルが何組も

手を繋ぎながら会話を楽しみながら、このホタル道をゆっくり歩く姿が

とても微笑ましく、その姿を見送ってしまうそんな夜でした。

温泉街中程にある「里山ビジターセンター」内で、温泉街の女将さん

たちが温かい「甘酒」のサービスをしています。

雪道を歩いた後の温かい甘酒は身体に染み渡っていきます。

とても美味しくて優しい甘さが、さらにこの雰囲気を嬉しく感じさせる

ものでした。

今日、15日(土)の夜も行われるこのイベント。

夜7時30分から9時ころまで明かりが灯され続けるよう主催される

温泉組合の方々が何度も道を往復して消えかかっているものが無

いか確認し明るいホタル道を維持し続けてくれています。

賑やかで大勢の人が行き交う・・・というものではありませんが小さ

な明かりに照らされた静かな温泉街の雪道をゆっくり歩く。

こんな夜を過ごすのも、また良いのではないでしょうか。

皆様のおいでをお待ちしております。

無題ドキュメント