歴史・文化に触れる

新保広大寺節

新保広大寺節

新保広大寺節

新保広大寺節(しんぼこうだいじぶし)

津軽じょんがら節や八木節の元唄となり、日本民謡のルーツといわれています。保存会により歌と踊りが伝承されており、市の無形民俗文化財に指定されています。

 
26
 
CATEGORY

歴史・文化に触れる

[child_pages id=”468″] [child_pages id=”470″]
 
[child_pages id=”472″]
 
[child_pages id=”474″] [child_pages id=”476″] [child_pages id=”482″]
 
[child_pages id=”479″]