歴史・文化に触れる

曹洞宗 臨泉山 神宮寺

HOME > 歴史・文化に触れる > 曹洞宗 臨泉山 神宮寺
曹洞宗 臨泉山 神宮寺

曹洞宗 臨泉山 神宮寺

曹洞宗 臨泉山 神宮寺

平安時代に開創された曹洞宗の古刹で、山門・観音堂・仏像3体が県文化財に、境内と山林が市の文化財に指定されています。

現在の建物は江戸後期に造られたもので、山門は宝暦11年(1761年)から明和6年(1769年)、観音堂は安永2年(1773年)から天明2年(1782年)にかけて、20年もの歳月をかけて建造されました。

 
神宮寺(じんぐうじ)
 
所在地十日町市四日町1300