歴史・文化に触れる

室野城跡

室野城跡

室野城跡

室野城跡

  • 本丸跡
  • 大木戸門 ここを右に入る(上部に駐車場あり)
  • 室野集落内、城主館跡
本丸跡 大木戸門 ここを右に入る(上部に駐車場あり) 室野集落内、城主館跡

長野県北部地震(3月12日)により、アクセス道に「ヒビ・亀裂・段差」が至る所に発生しています。気を付けて訪ねてください。


上杉謙信の「春日山城」からの狼煙中継山城の要として、当時は殿様も常駐していたと伝えられています。

雪深い冬季間は地元の集落に屋敷(殿屋敷)を構え春を迎え、また城に戻っていました。最後の城主「渡辺民部太夫」が正月大晦日に暗殺され、今でも室野集落では大晦日には鍵を掛ける習慣が残っています。

室野ダム広場からさらに上り、「大木戸門」から右に林道を進みます。「冑清水」「三の丸」「二の丸」「本丸」跡が確認できます。また、天候により「直江津港」も見えることがあります。

城山駐車場からの登山道は「擬木」の階段が設置されました。子ども達から高齢者までご利用いただけます。

但し、雨上がりなどは滑り安いので、お気をつけ下さい。

 
電話番号十日町市観光協会まつだい事務所 
025-597-3000
所在地十日町市室野