歴史・文化に触れる

国宝 火焔型土器

HOME > 歴史・文化に触れる > 国宝 火焔型土器
国宝 火焔型土器

国宝 火焔型土器

国宝 火焔型土器

平成11年4月に「火焔型土器」をはじめとする笹山遺跡出土品が、国宝に指定されました。新潟県内初の国宝指定で、縄文土器では初の指定です。
今から4500年ほど前の縄文時代中期中ごろに造られた土器で、大きく立ち上がる把手(とって)が、燃え盛る炎のように見えることから命名されました。

国宝 火焔型土器(かえんがたどき)

十日町市博物館HP

 
国宝 火焔型土器(かえんがたどき)
 
CATEGORY

歴史・文化に触れる