十日町観光ガイドの会 活動報告

HOME > 十日町観光ガイドの会 活動報告 > 市内ガイド 「ボーイスカウト街中ウォーク」

市内ガイド 「ボーイスカウト街中ウォーク」

十日町観光ガイドの会 活動報告
2010/12/12

市内ガイド 「ボーイスカウト街中ウォーク」

12月12日、ボーイスカウトから「ガイドの会」に案内を頼まれ、金子又市さんと風間栄光2人が半日ボーイスカウトになった。
当日参加されたのは3年生から5年生までの8人、服装は帽子とスカーフが団員スタイル、隊長の根津明義さん計9人でした。
朝9時30分に来迎寺をスタート。コースは「宮本公園」⇒「諏訪神社」⇒「ここにちじみ市あり」⇒「石彫美術館」⇒「きもの絵巻館」⇒「おとぎの国美術館」⇒「コモどおり」をウォークした。

市内ガイド 「ボーイスカウト街中ウォーク」

「宮本公園」では、十日町絹織物<明石縮み>の功労者 宮本茂十郎氏の碑、十日町を水害から救った中山堤防の中山龍次氏の胸像について、「諏訪神社」では、初詣、十日町おおまつり、市街地を見下ろし遠方を眺めながら信濃川と山手線を動かしている千手発電所、水問題、河岸段丘について、このとき運良く佐伯宮司さんが見えられ、日本三大八角神輿をご紹介いただき、さわったり、これを囲んで記念撮影をパチリ。ラッキーであった。

市内ガイド 「ボーイスカウト街中ウォーク」

「ここにちじみ市あり」では、江戸時代ここで越後上布の市が10日ごとに開かれ大変にぎわったなごり。「石彫美術館」では、現在街中に74点の石彫が立ち並び、芸術的な街づくりが進められていること。

「きもの絵巻館」では、成人用のきものから小物まであらゆるものを一堂に見ることができ、ノー財布だったのでみんなで十日町小唄を合唱してお礼とした。店員さんはゴゼさんのようだね…と笑っていた。「おとぎの国美術館」は外見を歩きながら紹介。

「コモどおり」では、木内聡子さんとラウラ・クレリサさんの文通が大きなきっかけになり姉妹交流が始まって、今年は35周年を迎え交流団がコモ市を訪ねられたこと。

おしゃべりしながらもわかってもらえたのかな…と気がかりでならなかった。でも子供たちとわいわいガヤガヤとおしゃべりしながらウォークして、もうすっかりお友達気分になれ、霧雨の降る天候だったけど、元気そのもの。楽しんだり、喜んでもらえたのでは…?

12時半に来迎寺に着くと、お母さん方が迎えに来てくれていた。
今回案内したことを家族や仲間たちに「こんなことを聞いてきたんだよ…」と話ができるようにプリントしたものをお上げした。
最後に、代表の方からお礼のご挨拶があり散会となった。

市内ガイド 「ボーイスカウト街中ウォーク」