お問い合わせ

アーカイブ

HOME > 2019年

6/25 棚田情報

留守原の棚田(松之山)と星峠の棚田(松代)の様子をお伝えします。

午前9時30分 気温19度 快晴ではありませんが久々の青空も見られました。
十日町市は明後日からはまた雨マークが続くようで、貴重な晴れです♪

留守原の棚田

標高500メートル以上ある留守原の棚田。
周囲の山の高低差に目が少しクラッとしてしまいました(/ω\)

道中の景色もきれいです。

ミヤマシシウドとヒョウモンチョウ

コシジシモツケソウ


星峠の棚田

苗が日に日に育ち、水鏡から一面すっかり緑色です。
これからどんどん大きくなってほしいですね!

道中に咲いているノアザミ

6/25 美人林情報

雨降りが続いていましたが久々のお天気です☆
美人林はというと、連日の雨で地面が少しぬかるんでいるところもありますが、
足元が泥だらけになる程ではありません。

木漏れ日がきれい。そして空気が澄んでいます。
様々な種類の野鳥の鳴き声が重なり、美人林全体に響きわたっていました。

美人林の名前の由来でもあるすらりと美しい立ち姿のブナも、
木の根本は逞しく生命力を感じます。

梅雨でも楽しめる!お花を楽しむお散歩コース【十日町/中里エリア】

なにかと雨が降りやすいこの時期ですが、晴れ間を見つけてお散歩してみませんか。

今日はミオンなかさと周辺を歩いてみました(*’▽’)

一面の田んぼ景色!この間、田植えが始まったと思ったのになぁ~

信濃川沿いを歩いていると、お花はっけーん(*´ω`*)

横断歩道を渡ると黄桜の丘公園が見えてきます。

公衆トイレもあり、一休みにぴったりのスポットです。

春はその名前の通り黄色の桜が咲きますよ。(4月下旬~5月上旬)

 

公園から、対岸にみえるのは魚道観察室です!

 

無料の施設なので、親子でお散歩コースにもいいかも( *´艸`)

お次に向かうは、越後田沢駅。

紫陽花(あじさい)はっけーん!

十日町といえば、あじさい公園を思い浮かべる方もいるかもしれませんが、中里地域にもあじさいロードがあるんですよ( *´艸`)

 

ちょうど咲き始めていました!今年は青が多く、さわやかな色合いでした(*’ω’*)

 

もうすこし、足を延ばして「桔梗原うるおい公園」へ、

ここは大地の芸術祭作品の「たくさんの失われた窓のために」がある場所です♪

黄色のお花が風に揺れて、いつまでも見ていたい気分…(*´ω`*)

天気の変わりやすい時期ですが、きれいな里山がひろがっていますよ。

ミオンなかさとでは、レンタサイクルの貸し出しもしているので、お散歩もよし!サイクリングもよし(*´Д`)

こんな休日の過ごし方もいかがでしょうか♪

芸術祭の人気作品をめぐる!夏のアートツアー

~ローカル線の旅~
JR飯山線&ほくほく線に乗って楽しむ「大地の芸術祭」の里めぐり

のどかな田園風景を走る「JR飯山線」や、ほくほく線大地の芸術祭ラッピング列車「DAICHI」に乗って大地の芸術祭作品を巡ろう!

POINT1

ツアーのための特別臨時停車!越後田沢駅~土市駅間「JR飯山線観光列車 おいこっと」乗車体験付

POINT2

大人気!清津峡渓谷トンネルの見学や、十日町名物「へぎそば」ランチ付

POINT3

大地の芸術祭オリジナルトートバック(非売品)や、JR飯山線・ほくほく線オリジナルグッズ(非売品)をプレゼント

 

越後湯沢駅 発着 日帰りツアー

【旅行期日】
2019年8月11日(日・祝)

【旅行代金】
■大人 9,800円 / ■こども(小学生以下)4,900円

※交通費、昼食代、作品鑑賞料、保険料、消費税込み
定員/27名(最少催行 12名)

<行程> 9:20 越後湯沢駅東口 発 — 清津峡渓谷トンネル/「Tunnel of Light」マ・ヤンソン/MADアーキテクツ ― 越後田沢駅/「船の家」アトリエ・ワン+東京工業大学塚本研究室 ― ≪おいこっと乗車≫― 土市駅/「Kiss&Goodbye」ジミー・リャオ ― ≪飯山線乗車≫ ― 越後水沢駅/「Kiss&Goodbye」ジミー・リャオ — 名代そば由屋(昼食) ― 土市駅 ― ≪飯山線乗車≫ ― 十日町駅 - 越後妻有里山現代美術館[キナーレ] — 十日町駅 ― ≪ほくほく線乗車≫ ― まつだい駅/まつだい農舞台 — 15:40 越後湯沢駅東口 着

 

【お申込み】

申込み〆切:2019年8月2日(金)
※ご予約の前に必ずご旅行条件書をご確認ください。

ツアー申込みフォームはこちら

【まつだい】フットパス・大地の芸術祭コースを歩いてみよう♪

■松代・松之山温泉観光案内所より■

ハイキングよりも手軽に、地域に昔からある風景を楽しく歩くことのできる小径を意味するフットパス。十日町市では、「笹山遺跡コース」・「きものコース」・「大地の芸術祭コース」の3コースを通じて、十日町市の歴史・文化・風土を実際に風を感じながら体感することができます。
現在開催中の十日町市フットパス スタンプラリー(2019年5月20日~11月30日まで)では、1コースにつき3ヵ所のスタンプを集めると、大地の芸術祭オリジナルトートバッグがもらえちゃいますよ♪

長命寺付近

 

そんな3コースの中から、まつだい駅周辺をめぐる大地の芸術祭コースをご紹介します。
コースマップと台紙が設置してある「ほくほく線まつだい駅」を起点に、アート作品や田んぼが点在する城山をめぐる約4キロのコースです。
スタンプ設置場所は、「ほくほく線まつだい駅」、「フィヒテ(唐檜)」、「○△□の塔と赤とんぼ」の3か所。

ほくほく線まつだい駅
WDスパイラル・パートⅢマジック・シアター/
ハーマン・マイヤー・ノイシュタット

 

 

フィヒテ入口

このまま進んで良いか不安になるかもしれませんが大丈夫!素敵な空間が広がっています。ひんやりした林の中で読書をしながらのんびりするのもいいですね。本棚にはドイツの作家ならではの本が並び、自由にご覧いただけます。絵本もあります♪虫よけを忘れずに。

フィヒテ(唐檜)/トビアス・レーベルガー
人生のアーチ/イリヤ&エミリア・カバコフ
展望台へ続く分岐付近

少し覗くとタニシやヒルに元気なおたまじゃくし…健康な田んぼを間近に見ながら歩きます。
里山の花々もきれいです。

田んぼ1
田んぼ2
キオン
ウツボグサ
ヤマボウシ
○△□の塔と赤とんぼ/田中信太郎

 

砦61/クリスチャン・ラピ

 

イエローフラワー/ジョゼ・デ・ギマランイス

 

花咲ける妻有/草間彌生

 

 

棚田/イリヤ&エミリア・カバコフ

 

3ヵ所のスタンプを集めたら、最後はまつだい駅直結の道の駅まつだい内、松代・松之山温泉観光案内所でプレゼントをゲット☆

城山をぐるりとまわる、坂が多いコースです。歩きやすい靴と水分補給を忘れずに。ぜひお出かけ下さい♪

道の駅まつだい内

※リバース・シティー/パスカル・マルティン・タイユーはメンテナンス中のためご覧いただけません。

コースの詳細、スタンプラリーコースマップ・台紙のダウンロードはこちら↓
・十日町市フットパス スタンプラリー
http://www.city.tokamachi.lg.jp/soshiki/sk/03/01/gyomu/1509499546861.html

 

清津峡バス停から歩いてみよう!

清津峡も梅雨入り。しとしと雨の渓谷も趣がありますよ。

今日は、中里地域のガイドボランティア「なかさと清津案内人」さんと一緒にバス停から歩いてみましたのでトンネルまでの道のりをご紹介します(*´▽`*)

バス停からは約2キロ。片道30分程度歩きます。

 

こちらがバス停。田舎の山道。不安な方も多いのではないかと思います。
帰りのバスの時間は要チェックです(湯沢方面行は向かい側にあります!)。

まずは、来た道を一度戻ります。

続いて、すぐに「清津峡へようこそ」の看板がありますので右に曲がります。

すぐに「万年橋」という赤い橋があるので、渡ります。

 

進むと分かれ道がありますが、「清津峡」の大きな看板がありますので左に曲がります。

そうしたら、あとは1本道。川に沿って歩いていきます。

道のわきをみると、自然の草花を見つけることができました!
貴重な植物、ついつい近くで見たくなりますが採取はご遠慮くださいね。

 
ウツギ                シモツケ

 
オオハギボウシ            クワノミ

途中には青岩とよばれる、その名の通り岩が青い場所があります。
岩肌にも、力強く咲く山野草が見つけられました。

 
コアニチドリ             キンコウカ

ほかにも、こんな植物に出会いましたよ。

 
バイカウツギ             ドクダミ

 
クガイソウ              クルミの木

清津峡公園トンネルが見えてきたら、もうすぐです!(施設の入り口はもう少し先です!)

トンネルを抜けたら、ぜひ川沿いに向かって振り向いてみてください^^
とってもきれいですよね!紅葉の時期は隠れたフォトスポットです。

写真左側の出っ張った岩は、人面岩と言われています。よーーくみると顔に見えてくるような…???

この看板から、国立公園です。

駐車場が見えてきたら、到着です!

清津峡渓谷トンネルもとっても素敵ですが、道中もすてきな景色が楽しめます。
道が細いので歩く際は注意してくださいね。

案内人の皆さん、岩肌の植物が気になる様子…( *´艸`)

アートなトンネルはもちろん、なんといっても貴重な植物や柱状節理の景観が魅力的ですね。

雨が降っていても、トンネルの中なら気軽に自然を体験できちゃいますよ。

皆様のお越しをお待ちしています♪

6/4 棚田情報

松代エリア気温28度、暑いです…。気温差で体調の変化などないでしょうか。
田んぼの稲は、これからの暑さに負けじとわずかに成長した様子です。
棚田の見学にお出かけされる方は、暑さ対策と水分補給を忘れずに。

星峠の棚田

儀明の棚田

蒲生の棚田

6/4 美人林情報

気温27度 晴れ 夏のような暑さの松之山です。スーパーのレジにはアイスを買う行列ができていました(*´Д`)

美人林はというと。。。一歩入ると涼やかな空気に包まれます。
そして陽に当たった木々のいい香りと目の前に広がる美しいブナ林にヒーリング効果を実感。
ブナの葉も新緑から更に緑が濃くなりました。
暑い季節に訪れるのもまた良いですね。

【一部通行止め】まつだい農舞台・郷土資料館へお越しの方へ

令和元年6月17日~7月1日まで、まつだい駅付近の道路(小荒戸新田線)が終日通行止めになります。
まつだい農舞台・郷土資料館へ一般車でお越しの方は、国道253号線沿い松代郵便局のある交差点より迂回路(渋海川沿いまたは城山)をご利用ください。駐車場は通常通りお使いいただけます。

※大型バス等、中型以上の車両でお越しの方へ
6月4日現在、既に該当区間での通行ができませんのでご注意ください。駐車は道の駅まつだいの駐車場をご利用いただき、徒歩でまつだい農舞台・郷土資料館までお越しください。まつだい駅を通り抜けできます(階段あり)。

規制区間・迂回路図面はこちら→通行止め規制計画図PDF

魚沼スカイラインの冬期通行止を解除について

魚沼スカイラインの全区間(十日町市倉下地内から南魚沼市小栗山地内までの魚沼展望台から十日町市鍬柄沢地内までの約18.4km)について、除雪作業等が完了しましたので、令和元年6月3日(月)9:00から通行できます。初夏のすがすがしい風景が堪能できますが、車等で通行する際は十分に注意して運転されるようお願いします。 

詳細はこちら
南魚沼地域振興局HP 

※個別の通行規制状況については、下記までお問い合わせください。
南魚沼地域振興局管内は
  南魚沼地域振興局地域整備部 維持管理課
   電話 025-772-2249

十日町地域振興局管内は
  十日町地域振興局地域整備部 維持管理課
   電話 025-757-5203

【松之山】第63回松之山探鳥会が開催されました

■松代・松之山温泉観光案内所より■

5月26日(日)、第63回松之山探鳥会が「森の学校」キョロロ周辺にて開催されました!
午前4時半、まだ薄暗く月と星が見える空のもと集合です。
「冬には3メートル以上の積雪があるこの雪国での野鳥を楽しんでほしい」「野鳥に近づきすぎないこと、驚かせないようにすること」などの説明を聞いた後、美人林高畑コース、越道川コース、バードピア須山コースの3コースに分かれてスタートです!

今回参加したのはバードピア須山コース。キョロロの森と松口集落をぐるりと回る約3.2キロのコースです。
遠方からも大勢の方が参加されていました。皆さん野鳥にとても詳しく、遠くに見えるシルエットや鳴き声だけで様々な種類を言い当てたり、熱心に写真を撮られていました。

「こんなのがいる!」と沸いたり、「希少な種類かと思ったらこんなのだった~(ちょっとがっかり)」と、鳥を驚かせないように大きな音は出さないようにしつつも盛り上がりました。

ブッポウソウ、キジバト、カルガモ、アオサギ、カッコウ、ハイタカ、サシバ、アカショウビン、コゲラ、アカゲラ、アオゲラ、サンショウクイ、チゴモズ、ヒガラ、ヤブサメ、オオムシクイ、オオヨシキリ、カワガラス、クロツグミ、イカル、ノジコなどなど、このコースでは37種類の野鳥の姿または鳴き声を見聞きすることができました。

気温は15度ないくらいでしょうか。湿度は高めです。
やはり山は寒い。。。Tシャツに薄手の長袖、マウンテンパーカーでは寒いくらいでした。途中、朝陽が当たるようになってからは快適に。

最後に、参加者全員で集合し今回確認できた野鳥の種類を確認しました。「とりあわせ」というんですね(*^^) 3コースでの合計は48種類でした!
そしてとりあわせ中、ようやくアカショウビンの鳴き声が聞けましたー☆
キョロロロロ…とまさしく「森の学校」キョロロ周辺での探鳥会にふさわしい締めくくり。

今回、何の野鳥の知識もなく参加しましたが、早朝の空気と美しい景色のなか、野鳥のさえずりに耳を澄まし、さまざまな種類の鳥を観察できとても楽しかったです。
会終了後も気が付くと、鳥の声に耳を澄ましたりと探鳥の耳になっていました。
そしてその辺のカラスもよく見ると実は美しい!と感じたり、羽で飛べる鳥ってなんて凄いんだ!と思うように。。。

参加者には機関紙「あかしょうびん」と」「探鳥のしおり」が配られます。後から確認するのも楽しいですね。双眼鏡があればなお良いですが、持っていなくても講師の方がフィールドスコープを覗かせてくれます。

松之山では毎年恒例の松之山探鳥会の他にも「森の学校」キョロロにて、「定例探鳥会」(毎月第4土曜)、「こども野鳥の会探鳥会」(毎月第2土曜)などが開催されています。興味がある方は「森の学校」キョロロのホームページ「体験イベント」をぜひご覧ください。→http://www.matsunoyama.com/kyororo/

【松之山】祝☆旅館甲子園グランプリ受賞!

■松代・松之山温泉観光案内所より■

松之山温泉組合による、「酒の宿 玉城屋」旅館甲子園グランプリ受賞のお祝いと松之山温泉組合の今年度の取組みについての発表会が、醸す森[Kamosu mori]にて行われました。

今年2月、東京ビッグサイトで開催された旅館甲子園は、旅館で働く「人」にスポットを当て、経営ビジョンやスタッフ教育、地域貢献など各施設の様々な魅力をアピールする大会で今年で4回目になります。

そしてこの度、全国1230施設からの応募の中、1次審査と2次審査を通過し決勝進出した3組の中から、なんと松之山温泉「酒の宿 玉城屋」がグランプリを受賞!新潟県でも初めてという輝かしい成果となりました。

本番当日のプレゼンでは、それぞれが得意分野と個性を併せ持つ若いスタッフの方々の紹介、中抜けシフトの廃止や完全週休二日制、10連休を取入れるといった働きやすい環境への取り組み、地域を大切にしながら松之山温泉全体で魅力を発信していきたいというビジョンを発表し、注目を集めたようです。

酒匠と日本酒講師の資格を持つ山岸裕一さん(酒の宿 玉城屋)からは、日本酒と旅行を組み合わせた酒ツーリズムについてのお話も。

また、松之山温泉合同会社まんま・松之山温泉組合長の柳一成さん(ひなの宿ちとせ)より、松之山のストーリー発信、インバウンド事業や景観整備、今年開催される国民文化祭に向けた取組みなど、今年度の松之山温泉組合の計画が発表されました。

最後は㈱井門観光研究所の井門隆夫さんより総括です。
「日本で100年以上続いている業界で多いのは日本酒と旅館。この2つが合わさるとすごく強い。」とのお話も。

今回会場となった醸す森[Kamosu mori]からの景色も素敵です☆夕日がとても美しいとのこと。
ますます魅力を高めていく松之山温泉です!

■松之山の観光・イベント情報からお宿の空室情報、最新ブログまで
「松之山.com」はこちら→http://www.matsunoyama.com/

■知れば知るほどファンになる松之山の物語
「松之山ストーリーズ」はこちら→http://www.matsunoyama-onsen.com/

 

 

十日町市フットパス スタンプラリーがスタートします

フットパスについて

「フットパス」とは、イギリスを発祥とする「森林や田園地帯、古い街並みなど地域に昔からあるありのままの風景を楽しみながら歩くこと【Foot】ができる小径(こみち)【Path】」のことをいいます。ハイキングより手軽です。山深く分け入るわけではないので、途中でやめるのも簡単です。
詳細については、日本フットパス協会のホームページ(外部サイト)をご覧ください。

十日町市のフットパスについて

十日町市のフットパスコースは、笹山遺跡コース・きものコース・大地の芸術祭コースの3コースです。鉄道の利用促進も兼ね、スタート地点及びゴール地点を鉄道駅としています。コースマップは「十日町市ホームページ」からもダウンロードできますので、フットパスをぜひお楽しみください。

スタンプラリーについて

笹山遺跡コース・きものコース・大地の芸術祭コースの各コースとも、スタンプを3つ押印(スタンプ設置箇所は3か所)で「大地の芸術祭オリジナルトートバッグ(非売品)」をプレゼントします。

<期間> 
2019年5月20日(月曜日)~2019年11月30日(土曜日)

<プレゼント交換場所>
笹山遺跡コース : 十日町市総合観光案内所(十日町駅西口)
きものコース : 十日町市総合観光案内所(十日町駅西口)
大地の芸術祭コース : 松代・松之山温泉観光案内所(まつだい駅)

<コースマップ・スタンプ台紙>
コースマップ及びスタンプ台紙は、十日町駅西口、まつだい駅等に設置しています。また、「十日町市ホームページ」からもダウンロードできます。

5/22 棚田の様子

「星峠の棚田」、「儀明の棚田」、「蒲生の棚田」の様子をお伝えします。

午前8時半 気温15度 晴れ 少し涼しい風が吹いている松代地域です。
山にはワラビやフキの葉が茂り、風に乗って藤の花の甘い香りが…ついくんくんしてしまします(^^)

「星峠の棚田」
少しづつ田植えが進んでいます。

「儀明の棚田」
星峠よりも標高が低い儀明の棚田。多くの田んぼで田植えが終わったようです。

「蒲生の棚田」
こちらも半分くらいの田んぼで田植えが進んでいました。
先日黄色い花をつけていたたんぽぽも綿毛になってそよそよと♪

第17回 山菜と田舎ごっつぉを味わう会

皆様こんにちは。

コートを羽織らずに出掛けられる温度になってきましたね、春の陽気を楽しんでいらっしゃいますか?

先日、東京十日町会主催の 山菜と田舎ごっつぉを味わう会を参加させて頂きました。ご馳走に夢中になって写真を撮り忘れてしまいましたが、みずみずしい山菜がテーブルにずらりと並びました。入り口に料理に使われた山菜が展示されておりました ↓

天神囃子によって会場がひとつになり、美味しいお酒とご馳走で更に盛り上がりました。

厳しい冬を越えて、少し遅めの春が来ましたが、自然がもたらすご馳走を囲んで人が集まり、そこから何かが生まれていく熱気と情熱を感じる会になりました。

どこのテーブルにお邪魔しても皆様笑顔で迎えてくださりありがとうございました!一人での出務で緊張しておりましたが、楽しむことが出来ました! 

皆様とのお話のなかで学ばせていただくことも多く、実りの多い1日になりました。

十日町の素敵な春の一日に参加させていただけたことに感謝します!

2019年十日町きもの女王 

丸山夢乃

【中里】新緑がキレイです♪

日に日に、緑が深くなってきました(*^▽^*)
爽やかな風(時折、突風…)が吹いています。

どこに行くか、目的もなくフラりとお散歩してみるのもいいかもしれません。
ということで本日は少しマニアックなスポットからご紹介します(*´з`)

ミオンなかさと」や、「宮中取水ダムの魚道観察室」からほど近い『小原小丸山公園』です。

何と言っても、宮中ダムが一望できるこの眺望~(*´з`)

すぐそばには、「失われたたくさんの窓のために」と同じアーティスト内海昭子さんの作品があり、こちらもとっても素敵なんですよ。

「遠くと出会う場所」内海昭子
「遠くと出会う場所」内海昭子

 

アート鑑賞をしたいときには、立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

 

少し移動して、お次は瀬戸渓谷へ行ってみました!!

山藤が真っ盛り!とってもきれいです。

清津峡より、落ち着いたやわらかい印象の渓谷です。透き通った清流・清津川、雪解けの影響でしょうか?水の勢いがあって迫力満点!

清津川の下流側も素敵です

 ガサガサっと音が!!!気づきますか??

 なんとヘビが!!!一人で大慌て(;_;)/~~~焦

 

いろいろなお花を見ることができました(´▽`*)

「囲炉裏と蛍の宿 せとぐち」でランチ&休憩もおすすめです。

いつもと違うスポットをお探しの方、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

新しい発見があるかもしれません♪

【松之山】坂口安吾まつりが開催されました

■松代・松之山温泉観光案内所より■

5月18日土曜日、毎年恒例の「坂口安吾まつりin松之山」が開催されました。会場はかつて造り酒屋と庄屋であった村山家の旧宅と庭を博物館にした大棟山美術博物館。酒屋時代に活躍したであろう煙突が特徴的で敷地内もとても趣きがあります。

会場には早くから遠方からの安吾ファンや桐生市の「安吾を語る会」の方、地元松之山の方が集まり和やかな雰囲気です。
午後1時半、松之山朗読会の5名による朗読で第1部が幕を開けました。
この地域の方言で朗読される民話はどれも温かく、短編ながら引き込まれます。

第2部は、坂口安吾の長男・坂口綱男氏によるトークです。
今年のテーマは昭和11年に新聞に掲載された「新潟の酒」。「新潟の酒は新潟で飲むと美味いが東京で飲むとまずい。N県の酒は東京で飲むと美味いがN県で飲むとまずい。新潟はN県の商売を見習ったほうがいい」といった記事について綱男氏のトークが繰り広げられました。その他にも、若いころの安吾、ファミリーエピソード、絶筆についての話であっという間にお時間に。

例年会場にストーブを出すほど冷え込むそうですが、今年は珍しくお天気でストーブも必要ないとのこと。

第3部では、加藤翠さんによる「村のひと騒ぎ」と「ピエロ伝道者」の朗読です。
臨場感ある加藤さんの語りと、ウッドベースの心地よい重低音が相まり、安吾の物語の中に自分が居るかのようでした。

坂口安吾作品に浸りながら、松之山温泉へ宿泊、「新潟の酒」で乾杯…なんてプランも良いかもしれませんね。

5/17 棚田情報

「星峠の棚田」、「儀明の棚田」、「蒲生の棚田」の様子をお伝えします。

午後14時半 気温21度 晴れ の松代地域。
ひなたは半袖でも良いくらいの暑さですが、山の中は涼やかな風が吹き心地よいです。
田植えは今週末から来週にかけて多く行われるのでは?と思われます。

「星峠の棚田」
田植えはほとんどまだのようですが、一部の田んぼでは田植えが始まっていました。

「儀明の棚田」
可憐な花びらを咲かせていた桜の木も、すっかり青々としたたくましい木に姿を変えていました。こちらは田植えはまだのようです。

「蒲生の棚田」
車の通りが少ないので静かにベンチでのんびりできます。
こちらも田植えは始まっていないようです。

8/25 ツールド妻有ボランティア募集のお知らせ

歴代のツールド妻有ジャージに身を包んだ1,000人が越後妻有の地を駆け巡る!

 

今年は大物ゲストも登場╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !
地元の方と一緒に応援しませんか。

 

初めての方でも安心☆
空いた時間は圧倒的な自然を満喫出来ちゃいます(*´ω`*)

 

笑顔の交流しちゃいましょう♪

 

ツールド妻有HP
■ボランティア募集はこちら
■エントリー(~6/30)はこちら

 

5/16 棚田情報 松之山 留守原の棚田

最高気温が24℃近くまで上がり、初夏のような陽気の十日町市松之山です。

小さな小屋があることで人気の「留守原の棚田」ですが、現在405号線が通行止めになっています。

名前がついていなくても、うつくしい棚田がたくさんあります。

のんびりとお気に入りの景色を探してみるのも、楽しいかもしれません。

十日町新緑のつどい

皆様こんにちは、十日町きもの女王の小杉真奈でございます。

週末は快晴が続く陽射しが気持ちいい日が続きましたね。本日はぐっと気温が下がりましたので、体調を崩さぬよう気を付けましょう。

 

さて、先週5月10日金曜日、小笠原さんと一緒にラポート十日町様のスカイドームでの「第48回 JA十日町・新緑のつどい」にてご挨拶をさせていただきました。スカイドームから見える山の緑と快晴の空の青のコントラストが美しく、まさに新緑の景色を楽しんで参りました。

席につくとこごめとうるいの明太子和えが用意してありました。シャキシャキとした食感もよく、初夏を味わいました。 その他にもお酒によく合う山菜の天ぷらや、60kgで12万円もするお米でつくられたおにぎりなどをご馳走になりました。

 

会場の皆様とテーブルごとに記念撮影をした際、多くの方が私達の名前を覚えていて下さり、歓迎の気持ちが伝わってきて嬉しい気持ちでいっぱいでした。次にお会いするときにはもう少し観光大使として成長した姿を皆様にお見せしたいと思います。

その後餅つきにも参加させていただき、少し汗ばむほど夢中になりました。今回ついたのはよもぎ餅で、歯ごたえがありとても美味しかったです。 

 

現在十日町ではきもの月間が実施されており、様々なイベントできものを着て参加することができます。お祭りごとが大好きな十日町人として、気合を入れて着付けし町を歩いております。街中にきもののレンタルショップもございますので、ぜひ十日町にてきもので初夏の過ごしやすい季節をお楽しみください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

それではまたお会いしましょう。 小杉真奈

【松之山】残雪の大厳寺高原とブナ林の新緑

大型連休は終わりましたが、これからが本番の大厳寺高原です。

「残雪とブナの芽吹き」が今、最高に美しいです。

高原の食堂「希望館」では、山菜料理がバイキング形式で食べられます。
ついでにフキノトウをゲット 😛

春の息吹を胸いっぱいに吸い込むと、休眠していた心がほどけて行く気がします。

大厳寺高原までの車道は雪もなく、普通タイヤで行くことができますよ。

無題ドキュメント