アーカイブ

HOME > 2018年 > 9月

【日帰り】タクシーでめぐる十日町

十日町を気軽に観光!

十日町を存分に“味わう・楽しむ”ツアーをご用意しました。
名物「ふのりそば」の昼食、「地元酒蔵見学」「温泉」など選べるコース設定です。

十日町駅東口発着 日帰りツアー
【旅行代金】お一人様 3,500円(税込)※交通費、昼食代、ガイド料、保険料込
定員/8名(最少催行 2名)
【集合】十日町駅東口/12:35集合(事前予約制)


 【コース1】へぎそばと地元酒蔵めぐり
 出発日 

10月5日(金)、19日(金)、20日(土)
11月2日(金)、3日(土)、23日(金)、24日(土)、25日(日)、30日(金)
12月1日(土)

行 程 

12:40 十日町駅東口発 — 小嶋屋和亭or小嶋屋総本店(昼食)—  地元酒蔵見学 魚沼酒蔵or松乃井酒造 — 14:40 十日町駅東口着

【コース2】へぎそばと温泉を堪能
出発日 

10月21日(日)、11月4日(日)、12月2日(日)

行 程  12:40 十日町駅東口発 — 小嶋屋和亭(昼食)— 千手温泉 「千年の湯」 — 14:40 十日町駅東口着

 

【お申込み】

申込み〆切:各催行日の3日前まで
下記申込書に必要事項をご記入のうえ、十日町市観光協会(FAX 025-757-5150)までFAXもしくは申込みフォームよりお申し込みください。
※予約状況はお電話にてお問い合わせください。
申込書ダウンロード PDF・A4 / Word・A4

 

ツアー申込みフォームはこちら

 

【お問い合わせ】

一般社団法人 十日町市観光協会
TEL:025-757-3345/FAX:025-757-5150

 

10/20-21 へぎそばの里越後十日町「地そば」まつり

  • 小盛そば
  • 地そばまつり店舗
  • 地そばまつり会場

第11回 へぎそばの里越後十日町「地そば」まつり
日時:平成30年10月20日(土)・21日(日)
   午前10:00~午後3:00
会場:越後妻有交流館キナーレ(十日町市本町6) 1階回廊
地そばまつり公式ホームページ
十日町地域へぎそば組合公式facebook

【主なイベント】
●小盛そば食べ歩き(1杯400円)
 ※お得な6杯券(2,200円)も会場内で販売します。
●ガラポン抽選会(おそば1杯ご注文、または直売所400円お買い上げで抽選補助券1枚進呈。補助券3枚で抽選が1回できます!)
●そば打ち体験(1回1,500円)
●地元食材使用の天ぷら、地元野菜、どぶろく・地酒・妻有ビール「そばエール」、地元特産品の販売など 

【参加店舗】(予定)
≪十日町市≫
そばや清兵衛、池谷そば、田麦そば、小嶋屋総本店、soba処 あてま、JAべジぱーく みちく彩、そば始め会
≪小千谷市≫
和田、わたや、まるいち、イチカラ畑
≪飯山市≫
そば処 石田屋一徹
≪東京≫
江戸ソバリエ店
≪北海道≫
幌加内町

★割箸は、エコ対策のため「資源循環の早い竹箸」を全店で使用します。マイ箸ご利用を推進しています。ご協力をお願いいたします。

 

【ワークショップ】伊沢和紙の和紙作り

■松代・松之山温泉観光案内所より■

ここ松代・松之山は日本の原風景・里山で知られています。

人口もお店も少なくなってきてはいますが、
棚田の景色も冬の雪景色もブナ林も日本ならではの景色がたくさん残っています。

景色ももちろんですが、伝統も残っています !!

ほくほく線・まつだい駅から車で約10分、
松苧神社の入口につながる犬伏集落にその和紙工房はあります。

伊沢和紙工房・欅では和紙職人一人で工房を切り盛りしています。

夏が終わると和紙の原料(楮/こうぞの木)の収穫シーズンがやってきます。
今回はその原料収穫~紙漉きまでのワークショップが開催されるそうです!!

★伊沢和紙・ワークショップ★
②楮の木から紙になるまで-2日間コース-
 日程:9/29(土)~9/30(日)、10/6(土)~10/7(日)
 内容:原料楮の木の収穫~木の皮ひき~楮たたき~紙漉き

③晩秋の収穫ボランティア
 日程:11/17(土)・11/18(日)
 内容:地域の方と職人さんと楮の皮ひきお手伝い 

※9/22~の①は締切となりました。
※お問い合わせは…
 伊沢和紙工房 欅/けやき
 TEL/FAX:025-595-6692
 E-mail:isawa.washi@gmail.com

和紙の作り方、和紙の深さはもちろん、地域の話もたくさん聞けます♪
是非、松代で日本の伝統を学んでみませんか。

2018.9.21

 

 

 

10/6-7 生誕地まつり

第42回 生誕地まつり

平成30年10月6日(土)・7日(日)

全国各地の郷土芸能が集う市中大行進のほか、自慢の芸を披露するなんでも自慢カーニバルや全国特産市場、地元食材を使った屋台が出店するウェルカム屋台村など多彩なイベントが満載です。

≫≫詳細情報はこちら「第42回 生誕地まつり」

 

 

 

「2019 きものの街のキルトコンテスト」作品募集のお知らせ

「2019きものの街のキルトコンテスト」作品募集のお知らせ

 「第15回きものの街のキルト展」(平成31年5月12日(日)~26日(日))に向け、キルトコンテストを開催いたします。
 ※下記の作品応募要項および応募用紙をクリックすると、PDFをダウンロードできます。


 

◆募集概要◆

【募集部門】
 「和布部門」  「フリー部門」

【受付期間】
 平成31年2月22日(金)~3月7日(木) 必着

【応募規定】
 ①他において受賞歴がなく、図録、雑誌等に未掲載の作品であること。
 (著作権、肖像権を侵害するものは受付できません)
 ②個人またはグループによる作品で、応募数は2作品以内とします。
 (必ず1 作品毎に応募用紙を添付すること)
 ③「和布部門」は和の布を半分以上使用していること。「フリー部門」は、使用する布に制限はありません。
 ④作品サイズは1辺2.2m角以内のタペストリーであること。必ず展示用のスリーブ(直径4cmの棒が入る通し布)を付けて下さい。
 ⑤手縫いでもミシンでもかまいません。

【応募方法】
 ①作品の裏面右上に「タイトル・氏名・郵便番号・住所・電話番号」を書いた布をつけてください。
 ②作品を送る前に、応募用紙に必要事項を記入の上、事務局へFAXしてください。
 ③応募用紙、作品、作品返送先を記入した着払い伝票を作品に同梱してご送付ください。

【送付先】
 〒948-0079
 新潟県十日町市旭町251番地17
(一社)十日町市観光協会内 きものの街のキルト展実行委員会事務局

【出展料】
 作品1点につき2,000 円(保険料等)を受付期間中に下記振込先へ振り込んでください。
 出展料は作品に同梱しないでください。振込手数料は、ご負担願います。
 
【振込先】
≪ 北越銀行十日町支店 普通690154 きものの街のキルト展実行委員会 ≫

【賞】
≪和布部門≫
 ●金賞:賞金5万円、着物地一反 他
 ●銀賞:賞金3万円、着物地一反 他
 ●銅賞:賞金1万円、着物地一反 他
 ●入選(複数)
≪フリー部門≫
 ●金賞:賞金5万円 他
 ●スポンサー賞:着物地一反 他
 ●入賞(複数)

他、十日町市観光協会長賞、カールベンクス賞、審査員特別賞 

【審査員】(敬称略)
  岡本 洋子(キルト作家、(公財)日本手芸普及協会 副会長)他5名の審査員を予定

【その他】
 ・主催者側は、作品の管理には十分注意しますが、作品の素材もしくは構造上の欠陥による破損、天災等不可抗力による損傷については責任を負いかねますので、ご了承ください。また、作品輸送時の事故による損害についても主催者側は責任を負いません。
 ・展示終了後、入賞作品を一定期間主催者に貸与いただくことがあります。
 ・入賞作品を印刷物などへ掲載する権利及びその他一切の使用する権利はいずれも主催者に帰属します。

【主催】
 きものの街のキルト展実行委員会((一社)十日町市観光協会内)
 TEL 025-757-3345  FAX 025-757-5150

9月19日 棚田の情報

十日町市≪松代地域≫

 夏に始まった大地の芸術祭が終了しました。
日本各地からや海外からも大勢のお客様に来ていただき、暑い夏が過ぎ、ふと気がつけば季節は秋!
 棚田米の収穫の時期がやってきました。夏の暑さにも負けず、長雨にも台風にも負けず、すくすくと育ったお米の収穫が始まります。

■星峠の棚田■

 

 

■儀明の棚田■

 

 

■蒲生の棚田■

 

 

大地の芸術祭<秋>~JR飯山線プロジェクト作品を巡る~

大地の芸術祭~越後妻有アートトリエンナーレ2018~は終了し、秋風が気持ちの良い今日この頃。

夏の芸術祭、見れなかった~(;´Д`)
十日町の美味し~いお蕎麦も楽しみたいヽ(ω・ヽ)(ノ・ω)ノ♪
もう一度、あの作品に逢いたい💛
そんなお声にお応えして、「JR飯山線プロジェクト作品を巡るツアー」をご用意いたしました。

日  時  平成30年 9月24日(月)・29日(土)・30日(日)
   平成30年10月8日(月)
料  金  9,000円(大地の芸術祭秋鑑賞パスポート、昼食、保険料、移動費、消費税含む)
定  員  25名(最小催行 15名)
行  程

 十日町駅西口9:45発 ‥ 下条駅「下条茅葺きの塔」 ‥ 魚沼中条駅「Repetitive Objects」 ‥ 十日町駅東口「喫茶TURN/10thDAYMARKET」 ‥ 土市駅「Kiss&Goodbay」 <JR飯山線乗車体験>  越後水沢駅「Kiss&Goodbay」 ‥ 岡本太郎ゆかりのそば屋で昼食(名代そば由屋) ‥ 越後田沢駅「船の家」 ‥ 絵本と木の実の美術館 ‥ 越後妻有里山現代美術館[キナーレ] ‥ 十日町駅西口15:45着
※移動は土市駅と越後水沢駅間の「JR飯山線乗車体験」を除いて中型バスになります。
※時間は予定です。

【申込方法】
    ツアー申込みフォームはこちら

【申込締切】
    定員になり次第、締め切らせていただきます。
    ※最終申込締切 各日程の1週間前までにお申し込みください。

【お問合せ】
   (一社)十日町市観光協会
    電話:025-757-3345 FAX:025-757-5150

 

 

秋が一押し!清津峡はまだまだ楽しめるスポットです

興奮冷めやらぬ中ですが、大地の芸術祭2018が終了しました!
芸術祭をきっかけに清津峡へ行ってみよう♪と思った方も多かったのではないでしょうか。

 

まだ行ってないなーという方もご安心あれ♪
引きつづき、トンネル内は変わらずご鑑賞いただけます(水鏡もトイレもぜんぶ見れますよー♡)

 

入坑料も芸術祭が終わりましたので通常料金となります。
大人 600円、小中学生 300円です。
尚、黄色の芸術祭パスポートでは入抗できませんのでご注意くださいね。

 

トンネル手前の↑こちらのエントランス。素通りしたらもったいない!
2階は足湯があるんです( *´艸`)

まさか2階が足湯だなんて思わないですよね。
こちらもちょっと不思議な空間のなかで楽しめます。ぜひ上を見上げてみてください。

また、秋は清津峡の一番おススメの季節(/・ω・)/
みごろは例年10月下旬から11月上旬です。

以下の写真は過去に撮影したものです。

 

 

ぜひ引き続きお楽しみください(*´▽`*)

10/10「新潟県の名水」サミット㏌十日町

 

 新潟県では、地域で保全活動を積極的に行っている湧水や清流を「新潟県の名水」として選定し、地域による名水の一層の保全活動や活用に向けた取組を進めています。
 この度、新たに5か所が「新潟県の名水」として選定され、「新潟県の名水」は合計で68か所になりましたヽ(〃’▽’〃)ノ
 そこで、10月に十日町市で開催される「名水サミット」において、新たに選定された「新潟県の名水」の選定書の授与を行い、併せてこれらの名水が紹介されます。

新たに選定された「新潟県の名水」

名水の名称 所在地
桃川のおたきさま(ももかわのおたきさま) 村上市桃川
八木ヶ鼻湧水(やぎがはなゆうすい) 三条市北五百川
大久保の清水(おおくぼのしみず) 三条市北五百川
城ノ腰の清水(じょうのこしのしみず) 三条市吉ヶ平
中手の松苧清水(なかてのまつおしみず) 十日町市真田

<名水サミットの開催について>
日時 平成30年10月10日(水)午後
場所 越後妻有文化ホール 段十ろう
内容 新たに選定された「新潟県の名水」の選定書授与、紹介
   水の利活用、保全活動に関わる有識者リレートーク 等

詳しくはこちらをごらんください。

※「新潟県の名水」等の湧水は、自然環境の中で湧出しています。
  常に水質が管理されているものではなく、変動することが考えられるため、
  飲用について保証するものではありません。飲用の際は、必ず煮沸等の処理をお願いします。

告知!「大地の芸術祭」の里 越後妻有 2018 秋

2018 越後妻有アートトリエンナーレもいよいよ最後の週末に突入!
\(゜ロ゜\)!!!

全国各地で記録的猛暑となったこの夏に始まった大地の芸術祭には、日本全国から
のみならず海外からも大勢のお客様に来ていただきました。
ありがとうございました<(_ _)>
2018のアート作品たちと越後妻有の里山の風景が、皆様の心に長く残っていって
くれることを願っております。。。

さて、いよいよ9月17日(月)をもって2018 越後妻有アートトリエンナーレ本祭は
終了となります。
最終日は、市街地でのアート作品の拠点となった里山現代美術館「キナーレ」は
閉館時間が18時となりますのでご注意ください。

ただ、この期間中にこれなかった方へ朗報!!
いくつかの2018新作は、特別に鑑賞することができます!
それが、『「大地の芸術祭」の里 越後妻有 2018 秋
(会期は9月18日(火)~10月17日(月)の土日祝日のみ)』です。

平日は上記新作の鑑賞ができないという点と、
本祭期間終了後ですのでツアーバス運行はないといういう点にご注意ください。

詳しくは公式ページをご確認下さい。

【飲食紹介】さとめしが完成しました!

中里地域の飲食店をずらりとご紹介した冊子、その名も『さとめし』が完成いたしました!

今春リニューアルし、大地の芸術祭でも大注目の「清津峡」周辺を観光するのに持ってこいの一冊となっています。

各飲食店の一押しメニューとお店の詳細、そして観光スポット情報が掲載されており、
現在観光施設や店舗にて無料配布しております。

通年食べることのできるお食事が載っていますので、
「今日はここ!」「次はここも!」とついつい眺めてしまいたくなる料理がズラリ。
見かけたらぜひお手に取ってみてください。

また食欲をそそる美味しそうな写真がたくさんのインスタグラムも開設中ですので、
こちらもフォローしてみてはいかがでしょうか♪

 アカウント:Satomeshi_Nakasato 

地元の食材をふんだんに使い、店主が真心を込めて作ったおいしいお料理をぜひ召し上がってくださいね!

9月4日 棚田情報

十日町市≪松代地域≫

朝から強い風が吹いたり、むしむししたり、台風の影響でしょうか?
天気予報では、夕方から雨 せっかくの稲穂が雨にぬれる前にと・・・星峠へ

普段から多くのお客様に訪れて頂いている、人気のスポットですが、
今年は芸術祭の年という事で、更に連日多くの方からお越しいただいています。

今日は曇っていましたが、何時行ってもさわやかさを感じる星峠の棚田です。
稲穂は色づき、ススキも穂をみせ、秋の景色をみせています。

 

 

今年は猛暑で、人にも農作物にも厳しい夏でした。欲しい時に水がなかったのに秋に入ってからは雨が続くという困った天候でした。
そんな中でも、今日の星峠の風景はいつもと変わらないのかなと思いました。

 

今年の稲刈りは、早いところで10日、15日頃がみなさん始められるようです。
とはいえ、作業はお天気次第!雨が降っては稲刈りはできません。作業の効率も悪くなるので、お天気が続いて欲しいものです。

 

えちごトキめきリゾート「雪月花」がやってきた!!

現在絶賛開催中の「越後妻有アートトリエンナーレ・大地の芸術祭」、7月29日から始まったこの一大イベントも終盤に差し掛かりました。
連日国内外から多くのお客さまで日々お祭り状態・疾風怒涛の51日間も、残すところあと8日ですよ奥さん!これは急がないと!!(‘Д’)

そんなわけで(無理やりな流れ)、先日9月7日に「えちごトキめきリゾート『雪月花』」が十日町市に初お目見えしました。
この『雪月花』は、国内最大級の車窓で眺望最高&海山の幸をふんだんに使った料理を提供する、そりゃ乗りたいよね~感が満載なイベント列車です。
上越妙高駅を出発→直江津駅を経由、ほくほく線に乗り入れて、まつだい駅ではまつだい農舞台へ、そして十日町駅では越後妻有里山現代美術館〔キナーレ〕道の駅クロステンに立ち寄られました。

十日町駅を出発する際のお見送りに突撃~Σ(・ω・ノ)ノ!
観光協会事務局長よりご挨拶、お召しは明石縮です。

雪月花の到着を待つホックンと十日町駅長。
ちなみに「ホックン」はほくほく線のマスコットキャラクターです(^.^)

 

 

鮮やかな赤い車体がまぶしい☆
天井まで届く車窓も高級感を醸し出してます。
ホックンの後ろ姿がなんだかキュートです(‘ω’)

 

特徴的な丸みを帯びたフォルムが美しいです。
やっぱ乗ってみたい(>_<)

もう一つ、芸術祭期間限定の列車をご紹介。
ほくほく線では、ラッピング列車「DAICHI(だいち)」号を運行しています。

ちょっと車両が遠いかも…(。-∀-)
芸術祭参加作家のひびのこづえさんデザインによる列車が、会期中の土日祝日限定で、1日1往復運行しています。
次回は、芸術祭の最後の週となる9/15・16・17の三連休ですね。

●越後湯沢駅10:22発→十日町駅10:55着→まつだい駅11:10着
●まつだい駅発11:35発→十日町駅11:43着→越後湯沢駅12:21着

こちらも必見!!

9/29-30 越後妻有 ローカルアスロン2018

参加者募集もうすぐ締め切り!!
ちいき体感型トライアスロン@越後妻有「ローカルアスロン2018」

ラフティング・バイク・トレッキングを通じて地域の魅力を一気に体感できるスポーツイベント「越後妻有 ローカルアスロン2018」が今年も開催‼(9月29日受付、30日本番)
2016年から開催されており今年で3回目の開催となります。
信濃川のラフティングでスタートし、田園風景を楽しみながら自転車に乗り、トレッキングで登る山頂からは越後妻有の絶景をご覧いただけます。
さらに各所に設置されたエイドステーションでは地域の美味しい食も堪能できます。

【参加者募集締め切り】9月9日(日)
 ◆参加申込書ダウンロード

【ボランティア募集締め切り】9月16日(日)

詳しくはローカルアスロンHPをご覧ください!!
ローカルアスロン2018HP https://localathlon.jimdo.com/

9/30 宮中取水ダム魚道見学イベント

魚道観察室やダムの見学、普段は見ることのできない魚道での鮭の採捕の様子を見ることができます。
大好評のちびっこニジマスつかみ取り(無料)も開催します。
先着制のイベントですのでお早目にお申し込みください。

 

日 時 

平成30年9月30日(日) 時間は4部制で行います。
①10時~11時②11時~12時③12時~13時④13時~14時
※雨天決行ですが、荒天および河川が増水した際は中止となります。

申し込みについて

●氏名 ●連絡先 ●人数 を下記までお申し込みください。
申し込み締め切りは9月27日(木)までとなっております。

申込先

JR東日本魚道見学事務局 0120-632-510
受付時間:9月10日より平日午前10時~正午、午後1時~16時まで

ほっこり懐かしい、清津峡のcafeへ♪

このたびの台風被害に際し、被災された皆さまには心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

幸いにも清津峡では大きな被害もなく、通常営業を行っています。
※この台風による芸術祭作品への影響は≪大地の芸術祭2018公式HP≫をご覧ください。

清津峡渓谷トンネルでは750m進んだ一番奥のパノラマステーションの水鏡はもちろん、
途中もワクワクするような仕掛けがたくさんです♪

こちらは第3見晴らし所!
てんとう虫?のような丸く歪んだ鏡がたくさん。裏側にはオレンジ色の電飾が。
なんだかタイムマシンのようにも思えてきました( *´艸`)

おや??

芸術祭期間中不定期で「バサカフェ」が出店しています(・´з`・)

 

地元のジサ(おじいさん)やバサ(おばあさん)が店番してくれているみたいです!

地元のジュースや、駄菓子など久しぶりに食べたくなるような、
懐かしいお菓子が並んでいました!

また、地元のお水や「清津峡の温泉でつくった石鹸」も!!(/・ω・)/

 

第3見晴らし所には丸いテーブルのようなものが設置されています。
座っていただいてOKなので、ちょっと休憩もいいですね。

さて最後に…今日の発見は清津峡トンネルの壁面のこの模様…(*´▽`*)

これもアート?と思いきや、結露した壁をなぞった跡でした♡

芸術祭の期間はどれがアートなのかわからなくなる瞬間がありますね。
実は身近にもたくさんの面白い風景が潜んでいることを教えてくれるなぁと思います!

そんな大地の芸術祭は今月17日(月)までです。
暑さも落ち着いた今日この頃。アート鑑賞もいいのではないでしょうか♪

また清津峡渓谷トンネルは芸術祭期間が終了しても、引き続き楽しめる施設です!
紅葉は例年10月下旬から11月上旬が見頃です。

リニューアル後、初めての秋。どんな景色を見せてくれるか今から楽しみです!

 
※写真は昨年以前の秋の清津峡のようすです※

十日町おおまつり

皆様、こんにちは。

田の稲穂が金色に輝き、新米が待ち遠しい季節となりましたがいかがお過ごしでしょうか。

きもの女王2018の笛木 瑠海でございます。

さて、先日8月25日は十日町おおまつりの民謡流しに参加させていただきました!

雨が降らないかとっても心配をしておりましたが・・・💦

民謡流しの時間には雨は降らず😊無事に皆様と踊れたことを心より感謝しております。

たくさんの方々と初めて踊る民謡流しは、とてもわくわくドキドキ✨が止まらず、とっても楽しい時間でした。

この日は「絽」のお振袖を着させていただきました。

絽とは・・・

綟り織で織られた、薄く透き通った絹織物の1つでございます。

とても通気性もよく、夏にピッタリのお振袖でした☺️💓👘

当日は通り雨もあったため、とても蒸し暑く汗をかきならがら1時間以上の民謡流し。

途中で倒れないか、という心配もありましたが私たち3人を含め、民謡流しに出ていた皆様も最後まで踊ることができた達成感と喜びは、忘れることができない宝物です。

サポートして下さったかた、

沿道から応援してくださった方がいたからこそです。

ありがとうございました。😊

最後に市長さんと!

 

夏も終わりましたがまだまだ残暑が続いております。

皆様お身体に気をつけて、お過ごしください。

また、稲刈りや作業をするさいは十分にお気をつけください。🌾

 

きもの女王2018 笛木 瑠海

10/7(日)・8(月) 第三回 重陽の節句『古民家で楽しむ雛人形と古布』

■松代・松之山温泉観光案内所より■

第三回目となりました、

重陽の節句『古民家で楽しむ雛人形と古布』in 室野
 日時 :2018.10.7(日)~10.8(月) 10:00~15:00 
 会場 :十日町市室野4505
     奴奈川キャンパスより徒歩約8分
 入場料:無料

松代内からも開催時にはお問い合わせを頂いております。

重陽の節句とは?

調べてみました。
”「重陽・ちょうよう」とは9月9日にあたり、菊に長寿を祈る日です。陽(奇数) が重なる日そして、奇数の中でも一番大きな数字という意味で重陽といわれています。日本では奈良時代から宮中や寺院で菊を観賞する宴が行われています。 ” 
<日本文化いろ事典より>

 

今回は10月の開催ですが、日本には唐時代中国からの習わしで5つの節句・五節句(1月7日:七草、3月3日:ひな祭り、5月5日:端午の節句、7月7日:七夕、9月9日:重陽の節句)があり、重陽の節句では菊酒を頂くそうです。
わたしも今回初めて知りました!!

こちらのイベントに参加されると、昔ながらの知識や貴重なものに
出会えるかもしれないですね♪

2018.9.4

 

松代の小さな小さなひまわり畑

■松代・松之山温泉観光案内所より■

今日は午後以降、台風21号の影響が気になる松代です。

大地の芸術祭も後半戦で、まだまだ来て下さるお客様も多いですが、
台風の影響による鑑賞中止の作品もありますのでご注意ください。
(詳細リンク:http://www.echigo-tsumari.jp/news/2018/09/news_20180730_01)

そしてこれから稲刈りシーズン突入ですので、稲が雨風で倒れてしまわないか
とても心配です・・・((((;゜Д゜))))

私自身田んぼはしておりませんが、今年はひまわり畑を作りまして♪
大地の芸術祭があるこの2018、松代の商店街にも新しい作品がいくつかできて、
たくさんの方が来て頂けるということで!!

「ほくほく通り(松代商店街通り)に見所を!!」プロジェクト(勝手に)

小学生の頃、朝顔とミニトマトしか育てたことのないわたしでしたが、
気合を入れて4種類のひまわりを育ててみました。

だがしかし、とても大変でした。
そして咲いたのは3種類のみ。
ご近所の方にたくさん助けられてのやっとの小さな小さなひまわりですが、
今週が見ごろです♡


背丈バラバラ、大きさも不揃いで、イメージには程遠く…
でも是非見にいらして、最後の夏を感じて頂けると嬉しいです。

ほくほく通り、作品番号D-251の向かいです。

2018.9.4

 

「Dr. トモコの週末ファスティング入門」が行われましたヽ(〃’▽’〃)ノ

ファスティングって何?

Dr.トモコって、何者?

クエスチョンだらけですが、答えは大地の芸術祭の里で、心も体も中からキレイになる「正しい知識で行う ファスティング(断食)腸内リフレッシュ体験」でした!

Dr.トモコは <一般財団法人分子整合医学美容食育協会ファスティングマイスター>などの知識を広くお持ちの専門医です。
※詳しくはこちらをご覧ください。
監修と指導をしていただきます。なんとなく過ごしている毎日に、正しい知識を入れるだけで、目からウロコが落ちまくりです!!

 

断食の時や、回復食の時、常にファスティングマイスターが付き添っているので、色々と気になる事を教えてもらいながら、楽しく過ごせます♪

味覚も敏感になるファスティング(断食)の後は、何より安心安全な食事を摂っていただきたいので厳選した回復食をご用意☆
※農薬や化学肥料を使わずに栽培した野菜やお米などを使用しております。

 

 

運動には運動の専門家が付き添いますので、すべてがプロフェッショナルな2泊3日をお過ごしいただけますよ~ヽ(ω・ヽ)(ノ・ω)ノ ♪
1人じゃないから頑張れる!自分を見つめなおす2泊3日を過ごしてみませんか。

切腹ピストルズがまつだいにやってきた!!

■松代・松之山温泉観光案内所より■

神出鬼没の切腹ピストルズがまつだいの農舞台にやってきましたー!!

なかなかタイミングがあわず、出会えなかったわたし!!
ついに生演奏っ♪

カッコいいーーーーっ(≧▽≦)★
男だったら、是非メンバーに入りたい!!
和太鼓、鐘、笛の和の音に心躍りました♪

この芸術祭期間中の週末はたくさん活躍中です!!
明日9/2(日)は川西の千手に現れるそうで。

9/16(日)、9/17(月)も神出鬼没予定のようです。

スケジュール合う方は是非追いかけてみてはいかがでしょうか♪
芸術祭も後半戦!!お見逃しなく~

2018.9.1

無題ドキュメント